2018年8月ドリームランドせらナイト運転会

2018-08-09 15:59:00 | 投稿記事

2018年8月ドリームランドせらナイト運転会
会員番号62-62 澤井 清信

7月の西日本豪雨で犠牲に成られた方のご冥福を祈るとともに、被害に遭われた方の、1日でも早い復旧・復興を願っております。

 8月4日,5日の土日に広島県世羅町の『ドリームランドせら』でナイト運転会に参加しました。4日午後1時から5日午後4時迄、走り放題の運転会!!満天の星空の下で好きなだけミニ鉄道を楽しむ運転会。
レイアウトの在る世羅町は広島県のほぼ中央に位置し標高が500m程と、夏も涼しく、農産物が豊富なところです。「ドリームランドせら」は世羅夢公園のせらワイナリーに併設されており、通常は10時〜16時で営業運転が
「OSボールドウィンモーガル」で行われており、大人500円、子供300円で全長約1kmのミニ鉄道の旅が楽しめます。(3月〜12月運行、雨天運休、団体割引あり)



ナイト運転会の参加者には営業運客を行う必要が無く、自由に走行出来ます。せらワイナリーにはミニSL以外にも「レストラン」「夢高原市場」「足湯」等の施設が有り、もちろん品数豊富な「ワインショップ」もあります。天候は両日とも快晴で“運転会日和”でしたが、日の有る間は暑かったです。ワインショッの方も言っておられましたが、例年なら涼しいくらいが、今年は異様に暑いとのことでした。

参加者は、東は静岡、西は福岡、南は高知・愛媛から有り、賑やかな運転会でした。4日午後1時からの運転会でしたが、多くの参加者の方が9時頃には現着されており、1時までには運転準備完了されておられました。参加車輛も日本型、自作機、OS製、電車、気動車在りと変化に富んで楽しかったです。心配でした先月の西日本豪雨のレイアウトの被害、延伸された山線区間で斜面の土砂の崩落が有り、レールが破損したとの事ですが、2週間の運休のみで復旧されたとのことでした。日本型三重連。日本型大型機の三重連が行われました。地元広島のC58512、静岡遠征組のC5644、C58138の三重連。なかなか豪華な組み合わせ。貨車が何輛も連なる長編成は圧巻でした。お楽しみ抽選会、懇親会。

1日目のデイセッションが一段落した5時15分からレイアウト乗降場にて“お楽しみ抽選会が行われました。テーブルには豪華賞品が並べられ、当日参加受付時に各人に渡された番号片手に、ワクワクドキドキ!!抽選は参加者のお嬢さん。大人がお嬢さんの読み上げる数字に一喜一憂!!楽しい一時でした。その後は、ワイナリーのレストランに移動し“懇親会”が行われました。松本オーナーの開会の挨拶の後、各人自己紹介を行い、白藤様の乾杯の御発声で懇親会スタート!!世羅牛のバーベキューを皆で堪能しました。

 ナイトセッション。
“ナイト運転会”ですので、懇親会後のナイトセッションがメインのはずですが、昼間が異様に暑く、昼間に頑張って運転された方は少しお疲れぎみで、走行される方は少なかったです。その替わり、乗降場のベンチで涼みながら汽車談義に花が咲きました。また丁度“火星”が最接近しているとかで、見上げると一際輝いていました。街灯が殆ど無い夜空に星が一杯でした。テントを張ってキャンプをしながら星空観察会も良いなと思いました。
翌朝も元気に!!

2日目の午後4時迄デイセッション。懇親会で英気を養った皆さんが早朝から準備されていました。
私は、2日目は早めにお暇して、明延鉱山の“一円電車”に乗りに行きました。産業遺産に登録されていると聞いていたので、かなり昔のものかと思っていたのですが、なんと廃線に成ったのは私が結婚した後とのこと、びっくりしました。現役の時に乗りに来れば良かったです。(そろそろ私も遺産になる歳かも。)

今回私は5吋改クラウスを持って行きました。最初火入れした時は軸動ポンプが不動作。急ぎ対応してどうにか走行出来ました。お楽しみ抽選会の少し前のレイアウトが空いている時に満喫出来ました。

ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
« 【番外編】蘇我ミニトレイン... | トップ | 2018年9月 関東支部「蘇我運... »
最近の画像もっと見る

投稿記事」カテゴリの最新記事