杜の里から

日々のつれづれあれやこれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『鼻血「美味しんぼ」批判』に対する編集部コメントを見て思う事(追記あり)

2014年05月01日 | 原発

 

(「はてなブログ」に引っ越しました。該当エントリーはこちらです。)

 

4月28日、この日発売のスピリッツ22・23合併号に掲載された「美味しんぼ 604話」の内容があんまりという事でネット内で炎上騒ぎとなり、それに対してスピリッツ編集部から、以下の様なコメントが発表されました。
 (クリックで拡大→) 
この内容に対しても早速このようなtogetterが作成され、炎上の炎は鎮火する気配もなく、それはとうとう新聞各社の報道でも取り上げられるほどの事態となりました。
ツィッターでは今だに書き込みが行われている状況ですが、これについては私も色々思うところがあるので、改めて今回こちらで取り上げる事と致しました。

編集部コメントには、

鼻血や疲労感が放射線の影響によるものと断定する意図は無く、
   取材先の皆様の実体験や作者の実体験について、
 作中登場の実在の医師に見解を問う展開となっております。

とあります。
これを確かめようとコンビニに寄ってみたらまだこの号がありましたので、早速立ち読みして中身を確認してきましたが、正直の所、読み終えた後は大きな不快感を覚えてしまいました。

コメントに該当する場面は以下の部分で、そこでは鼻血を出した山岡が医者に診てもらって、
「福島の放射線とこの鼻血とは関連づける医学的知見がありません。」
と言われ、山岡自身が
「うっかり関連づけたら大変ですよね」
と語っています(以下画像はネットより流用)。
 

確かにここまではスピリッツ編集部が言う通り
 「作中登場の実在の医師について問う展開」
であり、放射線によるものとの「断定」はなされていません。しかし、

問題はこの後です。

ここから話の展開は、山岡が一安心と思った所に「実は私も~」と山岡と同じ体験をした地元住人からの声が上がり、そして海原雄山さえも「私も~」と語り出し、
 

そして最後のページでは双葉町前町長の井戸川氏本人が登場して、
「私も鼻血が~、疲労感が~」
「福島では同じ症状の人が大勢いますよ。言わないだけです。」
と語り、皆が呆然としたところで〔次号へ続く〕となる訳です。
 

もう一度編集部コメントを見てみましょう。
そこでは、【取材先の皆様の実体験や作者の実体験について、作中登場の実在の医師に見解を問う展開】とありましたが、実際は医師に見解を問うているのは山岡(作者)本人だけであり、取材先の皆様の実体験について医師に見解を問う場面などはどこにもなく、それどころか安心した山岡を再び不安に陥れるという内容となっています。
私が問題とするのは、今回のテーマに関して、果たしてこういう展開で〔続く〕はありなのか、編集部は何の問題意識も持たなかったのかという事です。

確かにマンガなどでは、続きを見たくなる様主人公が危機の場面や新たな展開となる所で〔以下次号〕とするのは極めてオーソドックスな手法ではあります。
しかし、通常ならばこれでも許されましょうが、今回のテーマの場合は果たしてどうでしょうか。
こういう話の展開ですと、これはどう見ても読者に対し、実は鼻血は放射線の影響ではと思う様に『誘導する』ものと言われても仕方がありません。
そして不安を煽ったところで〔続く〕として、次号を購入させようとするこの誌面構成。
私はここに、それまで安心させておいて最後に不安のどん底に叩き落し、
「安心するにはぜひこれを!」
と言って商品購入を勧める不安商法と同様のいやらしさとえげつなさを感じてしまうのです。

原発事故から3年、様々な機関による研究により、放射線の健康への影響は極めて小さいとする報告が次々と提出され、人々の間にはようやく安堵の気持ちが生まれつつあります。
しかしそんな中で突如、
「でも本当のところは分からない。」
などと語って人心をかき乱す心無い言説に、福島の住民はもううんざりしているのです。

福島県では今も尚、「風評」に苦しんでいます。
そして危険・安全の区別がはっきりしない中での、漠然とした不安感(漠たる不安)がこの様な風評を生み続けています。
この「漠たる不安」を拭うため、福島の農家の方や漁業者・医師らはこの3年の間、膨大な努力をかけて「確たるデータ」を積み重ね、それを提供し続けてきました。
しかしそれでも相変わらず外部からの「漠たる不安」を唱える声は絶える事なく、その度に福島の人達の心は傷付けられています。

そんな中での今回の「美味しんぼ」です。
この内容に対して多くの方が批判の声を上げていますが、掲載前に編集部では、こうなる事を予測出来なかったのでしょうか。
これまで作品中で福島の「風評」を問題視してると言いながら、結局それを作り出すのと同じ手法で今回の誌面が作られたという事に、果たして編集部では誰も気が付かなかったのでしょうか。

次号の展開がどうなるのかは知る由もありませんが、仮に鼻血が放射線のせいではないとか、皆で風評を無くそうとなってめでたしめでたしという展開になろうとも、こうして不安を煽って次号へ続くとする誌面構成は、とても被災地の住民感情を考慮したものとは見えず、はっきり言って無神経という他ありません。
コメント内で言われている『綿密な取材に基づいた』ものであるなら尚の事、掲載に当たってはもっと被災地への配慮があってしかるべきなのに、その様な配慮の欠片も見られません。
こんな所に私は、被災地の人と中央の人の感覚のズレというのを感じてしまうのです。
今回の様なデリケートなテーマを扱う場合は、おかしな所でタメを作ってじらす様な続き物とするのではなく、増ページによる「前・後編一挙掲載」という形にすべきだったのです。

編集部コメントではさらに、

     また風評被害を助長する内容ではないか、
 とのご意見も頂戴しておりますが、そのような意図はなく、
      すでに掲載済の「美味しんぼ」作中でも、
きちんと検査が行われ、安全だと証明されている食品・食材を、
         無理解のせいで買わないことは、
     消費者にとっても損失であると述べています。

とも述べられておりますが、これこそまるで無理解のコメントそのものである訳です。
今回問題視されているのは食品の安全性への評価ではなく、「低腺量放射線の人体への影響」についてであり、これにより湧き上がった福島県差別が、その後の「風評」へと繋がっていったという事を、編集部ではまるで理解されていないという事がよく分かるのです。

    鼻血や疲労感が放射線によるものと断定する意図は無く、

「断定する」のではなく、それとなく「示唆する」のは構わないと言うのでしょうか。

今回の「美味しんぼ」の炎上についてはとうとうテレビのニュースでも報道がなされましたが、これは作者自身をどうこう言う前に、この様な構成で誌面に掲載を許した編集部こそが、一番責を取るべき問題であると私は思うのです。







    ご理解いただきたく、何とぞよろしくお願いします。





(5月7日 追記)
5月7日、双葉町より小学館宛に厳重抗議が行われました(→こちら)。
抗議文には以下の様に記されています。


   小学館への抗議文

 平成 26 年 4月 28 日に 貴社発行「スピリッツ」の「美味しんぼ」第 604 話において、 前双葉町長の発言を引用する形で、福島県において原因不明の鼻血等の症状がある人が大勢いると受け取られる表現がありました 。
 双葉町は、福島第一原子力発電所の所在町であり、事故直後から全町避難を強いられておりますが、 現在 、原因不明の鼻血等の症状を町役場に訴える町民が大勢いるという事実はありません。第 604 話の発行により、町役場に対して、県外の方から、福島県産の農産物は買えない、福島県には住めない、福島方面への旅行は中止したいなどの電話が寄せられており、復興を進める福島県全体にとって許しがたい風評被害を生じさせているほか、双葉町民のみならず福島県民への差別を助長させることになると強く危惧しております。
 双葉町に事前の取材が全くなく、一方的な見解のみを掲載した、今般の小学館の対応について、町として厳重に抗議します。

平成26年5月7日
福 島 県 双 葉 町



(5月8日 追記)
5月7日の深夜、NHKのニュースでも取り上げられました(→こちら)。
ここはいずれ消されてしまいますので、キャプチャ画面も貼り付けておきます(→こちら)。

(さらに追記)
とうとう環境省まで今回の問題に言及するまでになりました。
〔読売新聞 YOMIURI ONLINEより〕

残念で悲しい…「福島鼻血」漫画で環境政務官

 漫画雑誌「ビッグコミックスピリッツ」の4月28日発売号に掲載された「美味(おい)しんぼ」(作・雁屋哲、画・花咲アキラ)で、福島県を取材してきた登場人物が鼻血を出すなどの表現があった件について、環境省の浮島智子政務官は8日の記者会見で、「とても残念で悲しいことだ」と述べ、遺憾の意を示した。

 浮島政務官は、「福島の人も一生懸命頑張っている。言論の自由もあると思うが、風評被害対策の観点から影響を考えていただきたい」と述べた。

 環境省も同日、福島第一原発事故に関し、「被曝(ひばく)が原因で住民に鼻血が多発しているとは考えられない」という見解を同省のホームページに公表した。この事故で、住民に鼻血といった急性障害などの影響は認められない、とした国連の報告書を引用した。

 同省は、福島県が実施している県民健康調査を通じて、放射線の住民への影響を調査している。
2014年05月08日 20時02分

環境省環境保険部の見解はこちら


(5月9日 追記)
今日の河北新報で、双葉町が抗議文を送った記事が掲載されていました(→こちら)。
〔河北新報ONLINE NEWSより〕

双葉町が「美味しんぼ」に抗議 全国から賛否200件超

 福島第1原発を訪れた主人公らが原因不明の鼻血を出す場面がある漫画「美味(おい)しんぼ」が掲載された「週刊ビッグコミックスピリッツ」の発行元・小学館に、福島県双葉町が抗議文を送ったことについて、町には8日、全国から200件を超すメールや電話、ホームページへの書き込みが寄せられた。
 町秘書広報課によると、「頑張ってほしい」という賛同の意見と、「抗議することは間違っている」などの批判の両方があるという。
 町が7日に送付した抗議文では「鼻血等の症状を訴える町民が大勢いるという事実はない」「許しがたい風評被害を生じさせている」などと訴えた。
 小学館は「この問題について、自治体や有識者など、さまざまな方から意見を聞き、5月19日の『スピリッツ』で特集を掲載する。その中で編集部としての考え方を表明する」(広報室)と説明している。

2014年05月09日金曜日

コメント (67)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 「甲状腺がん特集」をぜひテ... | トップ | 編集部はうそをついた? (... »

67 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ちら見で云うかよ (甕星亭主人)
2014-05-02 06:15:19
 ゆうきまさみのファンだからスピリッツは定期購読してる。 福島メルトダウン以前から反原発では有ったけれど、現地取材に基づいて安全確保が神経質な位為されて居る事はくどい程語られて居る。 今後の展開は不明だがシリーズが完結する迄待てぬのかね。 週を跨ぐどころか結果として連休で間が空く形に成って仕舞ってるけど、批判し度いが為に性急過ぎやせんかな。 老生は男組以来軽薄さで余り評価して無い作家では有るのだけれど。
「明日ママはいない」の時の日テレのひどい対応と同じ (いるか)
2014-05-02 09:22:26
日本テレビのドラマ「明日ママはいない」でも、その内容が酷いものであって、1話が終わった時点で抗議が殺到しましたが、その時の日本テレビの対応は「連続ドラマなので最後まで見て判断して」というもので、今回の連載漫画における小学館の対応と似ていますよね。

日本テレビのコメントにも批判が殺到し、さらなる火種となりました。炎上対策班は学習しないのですかね。

そういえば「明日ママはいない」でも、ドラマを見て児童施設の子どもたちがパニックになったという批判意見に対して、ドラマで児童施設の酷さも描いてくれて良かったという施設出身の子どもの反論が出るという、「当事者」同士の争いになりましたね。

これも今回の漫画に置ける、twitterの福島県民と井戸川氏の被災の当事者同士の対立と同じですね。
全く同感です (もも)
2014-05-02 10:08:00
全く同感です。
個人的には、「雑誌回収してお詫びを発表」もありなレベルだと思っています(って全然思ってないですね)。更に特集記事って、売れればいい、だけなんですか?
私見では、編集者(出版社)4・原作者4・作画家2くらいの責任度だと思います。
宮城県民です(^-^)/ (まだ人間できてないね)
2014-05-02 10:38:09
知り合いの福島県民の方とも頭に来たよね!と毎日喧々轟々w
この井戸川克隆元双葉町町長はあろうことか2011年3月3日には政府は地震や津波が来ることを知っていた!と公言する方です。
YouTubeにも残ってますよ。
そんな妄言吐く方を実名で登場させるなんて!スピリッツも地に落ちたもんですね;^_^A
ずっと買ってたのにガッカリです。
あまりにも無責任 (かまぼこ)
2014-05-02 20:46:04
ブログ主さんも仰っていますが、姑息だなぁと思うのは前置きで放射能による影響ではないが・・・と言っておきながら「福島で鼻血を出したり疲れやすくなったりする人が大勢いるんだ」などと書けるその無神経さに腹がたちます。

勿論表現の自由は認められています。が、自由というものは道徳的責任があってこそ成り立つものです。放射能と福島の人達への健康被害の関連があると本当に自信を持っていえるならば原作者の方も一人の作家として、答えるべきだと思います。少なくともご自身が表現した自由の責任はしっかり持たねばなりません。


続きものとした誌面構成が問題 (OSATO)
2014-05-02 22:38:32
> 甕星亭主人さん

いらっしゃいませ甕星亭主人さん、初めまして。

>シリーズが完結する迄待てぬのかね。

ブログ中でも述べましたが、不安を煽った形で〔続く〕とする構成は、今回のテーマについては不適切というのが私の主張です。
このような福島の地元を刺激する極めて微妙な問題では、『起承転結』などの演出は不要なのです。
思い出しました (OSATO)
2014-05-02 22:50:55
>いるかさん

いらっしゃいませいるかさん、初めまして。

ああそうか、読後感じた嫌悪感が確か前にもどこかであったなぁと思っていましたが、言われて思い出しました。
あれはあまりの設定に、一話目の途中でチャンネル変えてしまい、以後記憶の中から消してましたから(笑)。
掲載前に編集部も、この一件を思い浮かべてくれれば良かったのですがね。
編集部の責任 (OSATO)
2014-05-02 23:02:38
>ももさん

いらっしゃいませももさん、ご無沙汰でした(って、以前コメントいただいた「ももさん」ですよね?)。

>編集者(出版社)4・原作者4・作画家2くらいの責任度

私は編集者の責任はもっと重いと思ってます(6ぐらい)。
作者がどんなにビッグでも、その作品を載せる載せないを決めるのは最終的には編集部の判断であり、それだけ編集部の責任は重いはずです。
ただ以下の様な話も出ていますから、実際の所どうであるのかは、今後の成り行きを見守りたいと思います。↓
http://anond.hatelabo.jp/20140502011854
話の評価は続きの後で (OSATO)
2014-05-02 23:20:22
>宮城県民です(^-^)さん

いらっしゃいませ〔宮城県民です(^-^)〕さん、初めまして(名前とタイトルが逆になってるみたいです)。

双葉町前町長の井戸川氏については確かに色々ありましたね。一時期私も追いかけておりました。
ただ今回に限っては話はこれからという所ですので、井戸川氏の評価についてはここでは保留としています。
このブログテーマはあくまで誌面構成の問題ですから、話の内容については続きを見てから判断したいと思っております。
まあ、彼の登場でいやな予感はしていますが…。
続きの後で (OSATO)
2014-05-02 23:57:17
>かまぼこさん

いらっしゃいませかまぼこさん、初めまして。

前の宮城県民です(^-^)さんにも言いましたが、作者が何を語るかは続きを見てからの判断にいたしましょう。
ただ今言える事は、編集部の人達はもうすでにその内容を把握しているという事です。
ですからもしその内容が無責任と判断されるものならば、それは作者に対してだけではなく、当然編集部全体にも及ぶという事を彼らはもう覚悟しているはずです。
そんな内容にはなっていない事を私は祈ってます(いやマジで)。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

2 トラックバック

詰め込みすぎだ (気ままな雑記帳)
いよいよ明日から4連休! その前の仕事は当然盛りだくさん・・・詰め込みすぎだ! これでは明日はガタガタになってしまうよ。
自由な表現と責任 (Chromeplated Rat)
タイトルがなんだか「でかい主語」系になってしまって、なんか自分でも嫌ったらしいなぁ、とか思うけど。 とまれビッグコミックスピリッツに掲載されている「美味しんぼ『福島の真実』編」の、最初の2回掲載分を読んだ。