杜の里から

日々のつれづれあれやこれ

MAIENZA(えひめAI)2次培養

2009年09月04日 | えひめAI
1ℓ作った「えひめAI」もそろそろ残り少なくなってきたという事で、今度は2次培養にチャレンジしてみました。

材料・分量は以下の通りです。
 ・えひめAI 50ml
 ・砂糖 15g
 ・酵母 2g
 ・40℃温水 300ml
これらを混合して、後は前回通り35℃位で一週間ほど発酵させれば完成です。
で、せっかくですのでまた新たな実験を試して見る事にしました。
今回は温水の他に「米のとぎ汁」を用いたものも同時に作ってみる事にしました。

 

分量は先に述べたものと同量、水の代わりに「米のとぎ汁」を加えるだけです。
混ぜ終わったものが以下の写真、左の色が薄いものが水、右側が「とぎ汁」使用のものです。

  

これらを温水に浸してクーラーボックスに入れて6日間、途中何度もお湯を継ぎ足し温度調整を行い、本日無事完成いたしました。

  

見れば分かりますが、米のとぎ汁を使用した方が濃い色になっています。

実は前回500mlで2本作ったのですが、どちらも同じように作ったにも関わらず、効き目が違っていたのです。
片方はよく効いたのに、もう片方はなぜか効き目はそれほどでもありませんでした。
どちらも同じ分量で作ったつもりだったのですが、酵母を加える時は目分量でした。
違いと言ったらそれぐらいだったのですが、どうやらその配分比率が重要だったらしく、作り方の解説をよく読んでみたら、「砂糖・酵母菌・納豆菌の比率によって、消臭用・分解用・発酵用などに工夫できます。」とありました。
前回の写真を見てみると、混ぜ合わせた直後の様子が両者で違っています。

  

お風呂に入れてよく効いたのは、左側のぼこぼこの塊が現れている方でした。
これは酵母菌の量が(多分)多かった方です。
今回用いたのは右側の方で、もしかしたら分解にはあまり適していないかもしれません。
まあどちらにせよ、今回はほぼ同じ条件なので、水だけのものと「とぎ汁」使用のものとで効き目の違いがどうなるか、色々実験してみようと思います。
ジャンル:
暮らし
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« こんなところにマイナスイオ... | トップ | 平石式生ゴミ処理の原理 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
参考になりました (iijima)
2009-10-25 01:29:07
始めまして、えひめai2 2次培養でgoogleて拝見させていただいてます。
ai2は2年ほど前から時々作っていました、我が家ではコンポストの促進剤として使っています、堆肥化は腐敗、不快害虫など失敗しながらいまも続けています。
これからも時々拝見させてもらいます、興味ある内容期待しています。
ありがとうございます。
楽しい実験 (OSATO)
2009-10-25 23:10:45
>iijimaさん
いらっしゃいませ、はじめまして。
「えひめAI-2」は一から手作りという事で、思うようにうまくいかない事があるかもしれませんね。
各材料の分量も、また使っている素材そのものの種類でも出来上がり具合は変ってくると思います。
まあ微生物の実験をやっているつもりで、この試行錯誤を楽しんでる所です。

日記にはアップしてませんが新しい情報を。
えひめAIの臭いが気になったのでその臭い消しのつもりで「かぼす」の絞り汁を垂らしてみたんですが、これは失敗でした。
逆に「腐敗臭」になってしまった…(^^;)。
経験から、「酵母」の香りの方がずっと良いです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事