水やりパパとうさぎの芽

自然の生命力を描いた作品を全国で発表、自身の運営する絵画教室や展覧会の様子を綴っています。

しめちゃん初仕事!

2011-06-30 23:29:00 | 絵画教室

私の絵画教室モデルうさぎのしめじちゃんの

初仕事シーズンが今年もやってきました~♪

Rimg8954

・・・しめちゃん、くたくた物語って感じかな(笑)

Rimg8955

・・・ほら、くたくた

彫塑するんです!

最初は、左・右・頭上・後部・前部から形をスケッチしてもらって

そのあと骨格を意識しながら

今回は、埴輪粘土で彫塑することになってみゃーす

御期待★

(うさぎの芽)

コメント

森へひとりで・・・

2011-06-27 11:22:00 | 山歩き

ひさしぶりに森に来ました

Rimg8900

水害があった後で、いつもは水が溢れてないところとかも

溢れてました

草木や葉っぱが落ちていて、ちょっと散乱した様子でした。

Rimg8902

何か・・・いつもと違った見方をしたいのです。

もっと自分の素をそのままに出してみようかと思います。

Rimg8941

今年、最初にあった蜻蛉。

トンボは初めは生まれてから、体が丈夫になるまで

山にいます。

丈夫になると、私たちの街へ降りてくるのです。

身体が赤いのとかは、そうなの。

Rimg8943

これはアトリエにいたカエル。

なんか生まれたてらしくて、ちっちゃくてかわいかった!

Rimg8952

らぶらぶカップル(笑)

あぁー、山に住みたい・・・・・・・・・・・

山の中にアトリエを作りたい!

(うさぎの芽)   

コメント

似顔絵イベント★

2011-06-26 11:03:00 | ブログ

毎年、恒例!

大町を盛り上げようフェスに参加してきました♪

Rimg8942

創作仲間と二人、すべて義援金に寄付する形で!

似顔絵描きましたo(^∀^)o

義援金は10,500円集まりました★

午後1時から5時までずっと描きっぱなしで・・・

最後は手と足が痙攣してました

お疲れさまでした!

(うさぎの芽)

コメント

助けて!!

2011-06-24 10:43:06 | ブログ

あんなに晴れの日が続いたのに!

でも、大地に愛美じゃなくて!恵みが与えられなければ

壮大な大自然はないのだけれど・・・

Rimg8869

祖父と二人、今朝うろうろ・・・・

何かが違う雰囲気。

森の奥の鳥達の様子がおかしい。

そして、野の草草が静まり返っている。

Rimg8873

まるで海底都市のように!

いつも地上に顔を出していた植物たちが

みんな水のそこ。

Rimg8871

菅原真澄の旅路。米打橋。

あんなに下にあった溝が・・・

埋まっている。

Rimg8879

たった一枚の写真。

ここの現場から、沢山の苦しみともがきが聞こえてきて

でも、遠くて観ている私にとっては

それはとても幻想的で。

生死さまよえる生き物達。

自分はそれをずっと見つめている。

  Rimg8880

みんなが必死になっている。

生きようとしている・・・自分は普段、たくさんの虫と樹と空に

そしてこの雨に!

エネルギーをもらっているのに

私は何もできなかった。

Rimg8878

あ!助けてあげたい。

でも道路の上にはもがき苦しむミミズがたくさん。

たった一つの命を助ける事は、良いことのようで

決して踏み入れてはいけない領域のようにも思えた。

自分がこうして、生死を目の前に眺めていると

沢山の虫が・・・蜘蛛がミミズがムカデがワラジムシが

普段、おぞましき虫達が人を恐れず身体によじ登ってくる。

思わず払いのけた。

でも、そんなことした自分をたまらなく嫌悪して

すぐに手を出してすくったけど、虫は受け止めてくれない。

こんなにも虫が意識を持って、動いているところをはじめてみた。

それは本能からなのだろうか、それとも心なのだろうか・・・

気づけば、水の中でうごめくミミズが沢山になっていて

ぞっとしました。

そんな営みにぞっと・・・なんてこといっちゃあ、ミミズを否定している事になってしまうのだろうけど。

あれだけ苦しんでいるような顔をされて、自分はそんなミミズの上を

歩いてしまったと思うともう・・・・。

  Rimg8885

裏の川もこんなに!

あそこにもきっとさっきのような虫達が埋まっているのかと思うと

とても呆然と立ちすくんでしまって

私はいかに無力であって

そして、地球はいつか・・・人も虫も鳥も

最後はこんな風になってしまうのだとなんとなく思った。

Rimg8886

鳥の赤ちゃんだってここに沢山いるんだ。

くやしい。

今すぐに!!!河のそばを歩いて

さけんでやろうか!!!!「なぜだーーーー!」と。

Rimg8887

樹が・・・・。

樹はそこから動く事が決してできない。

人間はなんて自由に動く事ができて

なんて色んな事を考える生き物なんだろうか。

樹が愛おしくてたまらない。悲しい。

どうして・・・どうして!樹は動けなかったんだ!!!!

誰が動けなくしたんだ。

私にもし、一番好きな樹ができてしまって

その樹が火の海やあるいは、もう死の迫る状況になったら

私はきっとものすごく愛している恋人のようにその樹にへばりついて、

最期を共にしたいと思うだろうか。

今朝は朝から、無力な人間という自分がくやしくて

何もできなかったことがショックな朝だった。

この大雨も恵なんだろうけど、どうしてここまで大きなものなんだろう。

先日の大きな地震のように、それもまた大きい。

生きているうちにこんな思いに出逢えるのは後何回だろうか。

この世に生まれた事が不思議でならない。

死というものを子供の頃、誰かに「人はいつか死ぬ」といわれて

知らされたのに、だから精々死ぬまでがんばれ!といつの間に

そんな風にいわれた気がした。

死を宣告されて、でも生まれてきた事を喜ばれたり

喜ばれなかったり、中には自分で生まれたくなかったと思う人もいるかもしれない。

どうして

人は誰に生かされて、なぜ生まれてくるんだろう。

父母から生まれてきたのはもちろんだけど。

でも、父母だってその父母から生まれて

きっと「人」って動物が生まれてきた事は誰も答えを知らないと思う。

答えなんてなくて

きっと、自分が死んだときにしかわからないんだと思う。

だから時に「死んでみたい」「死にたい」と好奇心から思う。

それは死にたくない人だっているのに、思っちゃいけないことで

それでも尽きてしまう命もあるけど・・・

でも死んでしまっては、探り探す事ができなくなる、

そう思ったら、死ねないのだ。

死というものに恐怖がない、だってきっと死っていうことって

人生の一つの営みに過ぎないのだと私は思う。

でも、自分の死を受け入れても受け入られなくても

人に限らず他の死をみるのは、とても耐えられそうにない。

   (うさぎの芽)

コメント (3)

すごく晴天♪

2011-06-23 09:48:00 | ブログ

どうしちゃったの?っていうくらい

ここ晴天続き。

個展のときはやっぱり晴天の方が、お客さん来てくれるんですけど・・・

Rimg8775

向日葵も順調に♪

Rimg8773

野生の蛇イチゴや

Rimg8774

虫の赤ちゃん♪

かわいいね!

■■最後まで読んでいただきありがとうございます。■■                                             

■ブログ更新の励みにどちらか一回クリックしていただければ光栄です■

            にほんブログ村 美術ブログへ    人気ブログランキングへ

コメント