水やりパパとうさぎの芽

自然の生命力を描いた作品を全国で発表、自身の運営する絵画教室や展覧会の様子を綴っています。

お花特集^∀^ゞ-5月末Ver.-

2009-05-29 11:29:24 | 

5月ももうすぐ終わります

秋田はすっかり、夏の陽気に包まれてお花もいっぱい

画家生まれたての私「うさぎの芽」は、花に囲まれスケッチに追われ…                         駆け抜けるような日々を送っています’∀’人

? わたしの庭-GW特集-に続き、今回もお庭に咲いているお花を紹介します

Rimg1586

《くれ~マチス(笑)》

5月25日、朝の光をかびて輝くクレマチス。

木にひもを巻き付けておけば、クレマチスは絡みながらそれをツタって、                       どんどん伸びていきます。うちには白と紫、八重咲きのクレマチスがあるそうです

上の写真のは別名「鉄線」。調べてみると、                                          中国で付けられた名前で鶴が針金のようにこまかいことからつけられたとのこと。               八重咲きのものは見た目から別名「風車」と呼ばれているそうです。

花言葉は「精神的な美しさ、旅人の喜び」                                          精神的な美しさか~深い言葉

Rimg1581

《何だっけ?笑》

わからなかったので調べてみた

小手毬(コデマリ)と呼ばれるお花で小さな花が丸く集まり、                               手毬のように咲くことから名付けられました。

白いボールが一杯ついているみたいです(笑)

花言葉は「友情」。ヤマボウシも花言葉、友情だったような…

下の写真の通り

Rimg1580

弓状に、連なって垂れています。

? わたしの庭-GW特集-でも紹介した「ユキヤナギ」によく似ていますよね。                     私は「ユキヤナギ」が復活したんだと初め思って、びっくりしました^^

お次は、理科の授業でもおなじみのこちら

Rimg1601

《ツユクサ》

意外にみなさん、ツユクサの断面図や葉緑体、ミトコンドリアがいると言うことを知っていてもお花を知っていると言う方は、少ないんじゃないでしょうか

あれ?これってツユクサ?だよね?

(。。 )?

「紫ツユクサ」かも!微妙にこの二つ、違うらしいです^^;

Rimg1600

《タンポポ系統?かなぁ

背が低いのですが、たくさん集まって咲いていることを見せたくて                               背伸びして頑張って上から撮ってみました

おそらくタンポポで決定(笑)

タンポポは漢字で蒲公英。英語で「ダンテライオン」。

BUMP OF CHICKENの曲の一曲でもありますが、元々の意味はライオンの歯。                    葉っぱの形が、荒々しいライオンの歯に似ているからつけられたそうです、

Rimg1593

《アイリス》

こちらは「ジャーマンアイリス」。

ドイツから来たお花でアヤメとかと見分けるのが難しいですよね^^;

写真をいっぱい参考にしないと、見極められません…

花言葉は「焔(ほのお)」。

古くから勇気や知恵の象徴とされていて、 紀元前1500年頃のエジプトのファラオ(王)の墓石には、このジャーマンアイリスの絵が彫られているものがあるらしいです。

Rimg1608_2

《何だろう?

祖母が買ってきたもので、植木鉢に植わってました。

Rimg1603

これは「藤」ですが、お向かいのお家の方の敷地内にある藤です。                            他の藤とは違った木の形をしていていつも面白いな~、描きたいなぁ~なんて                      思いつつ未だに手をつけていません^^:

Rimg1604 

《ペチュニア》

ペチュニアは兵庫県にいるときから、高校の帰りに苗をお花屋さんで買っていって

よく育ててました。すごく増えるのが早くてかわいいんです

この間も、職場に秋田地元の農業高等学校の学生がお花を売りに来ていたので

臨時社員ながらも300円のサーモンピンクのペチュニアを買いました(o^-')b

花言葉は「変化に富む」 「あなたがそばにいると心が和む」

Petunia(ペチュニア)は、ブラジルのグアラニ語の「ペチュン」という    ”タバコ”を意味する言葉が語源だそうで、 花がタバコの花に似ているためつけられたそうです。

たばこかぁ…

こうやって、お花の種類や花言葉を調べるのって楽しいんです

花屋さんに勤めたいた頃も、お客さんに花言葉をよく聞かれるので一生懸命、調べました。

即座に答えられるとお客さんも嬉しそうにしていました^^

今週の投稿は、これでおしまいです。

また次週

今週末から、インフル激戦区・神戸にうさぎの芽

上陸したいと思います゜∀゜;;ゞ

まあ、神戸市「安全宣言」 も出されたし…少しは安心しました。

おじいちゃん・おばあちゃんに移せば、たいへんなので

                                    (うさぎの芽)

最後まで読んでいただきありがとうございます。ブログ更新の励みに一回クリックしていただければ光栄です ⇒⇒ にほんブログ村 美術ブログへ

コメント

神戸市「安全宣言」

2009-05-29 02:20:53 | メディア

豚インフルが神戸市で発見されてから日本中大騒ぎになっていましたが、やっと神戸市に「豚インフル安全宣言」がだされました!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090528-00000029-maip-soci

この間学校は閉鎖されるは、各種イベントは中止になるはでいろいろ大変でしたがやっといつもの神戸に戻りそうです。

娘もこちら(兵庫県)に来る予定で、いろいろ祖父母に心配をかけていたみたいですが、これでなんとか安心してもらえるのではと思っています。

といっても、完全に豚インフルが消えてしまった訳ではないので、マスクなど着用し用心に越したことは無いと思います。

万一、秋田に戻って豚インフルに感染したという事態になったらえらい騒ぎになると思うのでくれぐれも用心してくださいね

(水やりパパ

最後まで読んでいただきありがとうございます。ブログ更新の励みに一回クリックしていただければ光栄です ⇒⇒ にほんブログ村 美術ブログへ

コメント (1)

エネルギッシュなものに出会った!!

2009-05-28 10:21:35 | 日本画

会社までの道のりを歩くようになって、車とはまた違っていろんなものが

目に入ってくるようになりました。

歩いて2週目くらいの時…

みつけたんです!ものすごいものを

Rimg1609_2 

《正面から》

「ああー!!ええー!!」…申し訳ないことに、一人ではしゃぎまくってました^^;

こ、こんなに大きな木があるのか。

そんなことよりも…おまえ、すごく悲しいんだよな。生きたいんだな…

そう思った。                                                           年輪に手を当ててみると、まだ湿っぽく木は切られても葉の芽を出している。

心打たれた。こんなにも、辛い気持ち反面出会えて嬉しい気持ちを抑えきれず、               ずっとその場に立ちつくして眺めてしまった。

Rimg1612

《後ろから》

これは、持ち主に話を聞くしかない。そう思った私は、会社の帰りに毎日寄ってみることにした。毎日のつもりが、見つけた3日後くらいにその場所に行ったら、偶然持ち主の方がいらして、目が合ってしまった!「(聞こうか、どうしようかなー^^;)」なんて考えていたら、居なくなってしまうと焦ったので、「こ、この木はあなたのですか?」そう思いきって、私から切り出した。

「何、あなたは、どこの人?この木に興味があるのかい?」                             「あ。はい!何の木ですか?どこから来たんですか?どうして切っちゃったんですか?!」(そういえば、どこの人?質問…スルーしたな

持ち主の方はおじいちゃん。私は、初対面から興奮気味に質問攻めにした(笑)

その後、会話がはずみ持ち主さんの事務所へ。この気がある敷地内は、見る限り製材所かなと思っていたけれど当たりだった。持ち主さん=Tさんは、いろんな木をあちこちから持ってきては、生活に使う机などを作って生活しているという。

木の種類は「ケヤキ」。                                                    Tさんの知り合いの家の敷地内にあった大きなケヤキだそうだ。私は、今度はそのケヤキがあった場所に行って、ケヤキの切り口を見に行こうと決意した。

Rimg1614

《切り口。この切り口は痛々しい…直径1㍍と少しくらいだろうか…》

とにかく、ケヤキが知りたかった(種類ではないですよ)                               もっと、ケヤキのことが知りたくて…たまらなかった。

Tさんに敷地内でケヤキを描かせて貰うお願いをして、この日は帰った。                      その晩からは、毎晩寝に寝れなかった。ケヤキの嘆きが聞こえる…早く、早く描かないと!時間がない。あの葉の芽が枯れてしまっては、意味がない。ケヤキの湿り気が無くなってしまってはだめなんだ…。

その晩というのが、4日前で昨日とその前と会社が終わってすぐにケヤキと向き合いに行った。(そのため、ここ二、三日は会社まで私のおじいちゃんに車で迎えに来て貰っている…。)

歩いて帰れないのは、淋しいけど仕方ない。                                            ともかく…会社にいる間も、日光に照らされるケヤキのことで頭がいっぱいで、                      仕事も仕事にならない状態だ                                                 おまけに庭では、花が咲き乱れ庭の花も形にしないとと思い、                                今朝も早きして描いたがやっぱりこちらも時間がない!やりきれない!!

ヌッオォォォォォォォォォォォォォ(自分、気持ち悪い笑)

こんなに晴れているのに、デスクワークの仕事で屋内にいるのがもどかしくてもどかしくて仕方ない。

とにかく!エネルギッシュなのです私もエネルギッシュになれる

Tさんには、初めちょっとウザいことしたかな~と思ったけれど、昨日とか通っていくうちに、4歳のお孫さんや近所の幼稚園児たちとお話するようになり、私は…

通称「お絵かきのお姉さん」で通っている^^;

普段からおとなしい私だが、このときばかりは「お絵かきのお姉さん、ばいば~い」と言われるので頑張って「ばいば~い」なんて言って手を振ってみる^^                     (私のイメージじゃない!笑)

はあ

画家で生きるって、たいへんだなぁー…(笑)

Rimg1616_2 

《簡易イーゼルを買うお金がないので、自転車に立てかけて頑張って描く

まあ、今回は低い位置から見上げるように

もし…高い位置の構図がよかったら、イーゼル買うor作ったかもしれません(笑)

ちなみにあの木は最終的におじいちゃんによると、いつかは切り刻んでしまうとのことあ、ちがいました;その木の特性を見極めて、置物や家具を作るとのことです。

自分のアトリエに持っていけないし…                                                      私は、この木が居たこの場所を。この木と出会った今の私を。                      君の生きていた証を残したい。  

                                       (うさぎの芽)

p.s.

Tさんと仲良くなりすぎて

22歳のお孫さんが居る話になったが、これからはどうするのかね?と聞かれ、

私が来年、都内に行くと話をした。…すると、そのお孫さんが都内に居るから、

紹介するから友達になってよ!と言われそれは良いですね~って話したら

まさか

「そのうち、うちの孫と結婚してければいな~

なんて言われるとは思わなかった

そのお孫さんにも、良い迷惑だよー.....’∀’;

                                      

最後まで読んでいただきありがとうございます。ブログ更新の励みに一回クリックしていただければ光栄です ⇒⇒ にほんブログ村 美術ブログへ

コメント

私のよく行く森

2009-05-27 13:03:39 | 旅行記

先々週あたり(ずいぶん前で、申し訳ない…)^^;

秋田県仁賀保市にある「獅子ヶ鼻湿原」を訪れました。

私のプロフィールにある&マイホームページのメインの絵のモチーフのこの巨木も

この森(湿原)の中にあります。

獅子ヶ鼻は奇形ブナの群生地。今回で7回目くらいでしょうか…。

初めていったときのあの不気味な感じと人の気配さえ感じさせる、この森々…

反面、始めていったのは夏だったのであふれる緑と様々な虫や鳥の声に驚かされました。

Rimg1536

《「ねじねじまきの木」と名前を付けます

湿原なので、とても涼やかな印象が私の中にはあります。

そして、あの絵の巨木「あがりこ大王」に初めて出会ったときのあの吸い込まれそうな迫力と不気味さ…。卒業制作で、作品にしていてよかった。あの絵を見るたび観るたび…当時の印象が思い出され、作者私自身も見入ってしまいます…

巨木「あがりこ大王」に会いに行くには、徒歩片道40分。板がいっぱい敷き詰めてあるんで、その上を歩いていきます。あがりこに会いに行って「これ!描きたい!」と思った私。もう止まりません^^;誰も私を止められません

次の日から、三日間くらい毎日朝から夕方まで通い詰め、ここぞとばかりに描き殴りました。トイレに行くのにいちいち、スタート地点まで戻らなくてはいけないので^^;            たまったモンじゃなかったですね…。トイレもお昼ご飯も我慢していました。                                 夕方と言っても、4時には戻らないと真っ暗になり怖くて不気味すぎて帰れなくなりなすね;なので、実際描いている時間は、6~8時間でしょうか。

それでも、あがりこに会うのが楽しみで、毎日あがりこから活力をもらっていました。               凹んだときは、彼(彼とよんでみる)に会いに行きました。                    むしろ、木に雄雌あるのかと言うところですが、                                      仮に彼女だとしてもエネルギッシュな彼女に会いに行っていたでしょう(笑)

この巨木、あがりこ大王は幹周8㍍、高さ25㍍、樹齢300年にもなります。          (奇形樹なのは、人の手によって何回も何回も伐採されたから…)

Rimg1530

《あがりこに会いに行く途中の川。前日の雨のせいか、水いっぱい

流されるぅぅ

七回目の今回、あがりこ大王に会いに行くと

なぜか、いつもより小さく弱く感じられた。あれ?っと思った。                         (その日は曇りだったからかな^^;)

それはどうしてだろう…

作品になってしまったあがりこ大王は、

私からエネルギーを吸い取られてしまったのかもしれません。

いや、本当にエネルギーをみんなにあたえて最終的には、朽ちてしまうのが

あがりこの運命なのかもしれないです。

次回、森の写真を交えて私の作品のついてもふれながら

またこのあがりこ秘話を語りたいと思いますので、お楽しみに

Rimg1532

《スミレが咲き乱れる、5月下旬の獅子ヶ鼻湿原

今回はあえて、彼(彼女)の写真を掲載致しません

私のHPの絵をぜひ、見てみてください

次回まで、想像してみてください。あがりこのそのスケールを!!

(もしかしたら、写真では伝わらないかもしれません…)

                                    (うさぎの芽)

最後まで読んでいただきありがとうございます。ブログ更新の励みに一回クリックしていただければ光栄です ⇒⇒ にほんブログ村 美術ブログへ

コメント

てくてくtakeすりー

2009-05-26 10:43:21 | まち歩き

ふきのとうの芽は道ばたや山に良く生えている植物ですが、

秋田では天ぷらにして食べたりふきのとうをすりつぶしてみそにして食べたりします

通称秋田弁で「ばっけ」と呼ばれるこの植物…

じつはほおっておくと、

Rimg1462_2

《ばっけのばっけもんだぁぁぁぁあ~

こんなに葉を増やし、多くなりふえます!

手のひらサイズだった花も、50センチほどに冬ボタンが伸びたように伸びます。

写真ではわかりにくいでしょうか^^;

なんかなが~く伸びたものがありますよね

(冬ボタンとは、冬によく街で観る色のようなキャベツ、レタスのようなお花(笑)

これが秋田蕗(あきたふき)と呼ばれる秋田の名産

秋田県仁井田市にたくさんあるのだとか…(私はまだ行ったことがありませんが

こちらもお散歩中に見つけた私の気持ち悪いオトモダチ

Rimg1491

友達のことを気持ち悪いといっては、だめですね(笑)

Rimg1488

《秋田・千秋公園のお堀にて》

「腹減ったよぅ~なんかくれよ~ねえちゃん」…そう言ってる気がします^^;

Rimg1515

《ようこそ!AKITA》

あー、あれは竿灯祭りをモチーフに描いたものです’∀’ノシ

竿灯祭りは全国的にも有名で、毎年8月の第一週目にかけて3日ほど?

開催されるお祭りですね `ー`人

写真を見てのと居り、手や頭や腰に最大12メートルの竿をのせて

秋田の街を練り歩くお祭りです。さらに!その長さに最大50キロ分の灯火をつけます。

これは、迫力満載ですよね~楽しかったですよー(^∀^)ノシ

去年、見に行きましたがゴッツイ人人人でした(汗)

ちゅんと予約すれば、良い席で鑑賞することも出来ます。

詳しくはこちら→秋田竿燈まつりホームページ

今年は2009年8月3日から6日の予定で開催されます

                                 (うさぎの芽)

最後まで読んでいただきありがとうございます。ブログ更新の励みに一回クリックしていただければ光栄です ⇒⇒ にほんブログ村 美術ブログへ

コメント (3)