還り見れば酔生夢死か?

80歳代の聾人でネットの話題を書いています。足が悪いので家で得ることが出来るネット情報と私自身の唯我独尊の偏向文です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

やっと終わった「高齢者運転免許更新講習会」

2010-01-15 21:31:34 | 交通

やっと終わった「高齢者運転免許更新講習会」

今回が2回目である。

前回は70歳の時に受けて免許の有効期間は5年だったのだ。

きょう15日の午後に久里浜ドライビング・スクールに行き、この講習会を受講してきた。

講習予備検査(認知機能検査)検査用紙 ↓

http://www.police.pref.saitama.lg.jp/kenkei/menkyo/kousin/kousyu/kensayousi.pdf

この検査を最初に受けた。

我輩は、この検査用紙の表題を見ただけで少々まごつく。

「では名前を書いてください」と言う指示で名前を書いていると、立会いの検査員の方から

「鉛筆ではダメですよ。ボール・ペンで書いてください」とボール・ペンが差し出された。

最初の説明で係りの方の

「この用紙のみボール・ペンで書いて下さい」の大きな声が頭に入らなかったらしい?

我輩の用紙には既に鉛筆で名前から生年月日まで書いていた。

筆箱からケシゴムを出し、それらを消して改めて渡されたボール・ペンで書き直す。

全て書き終わったところで即座に回収されて、新しい検査用紙が配布された。

すると部屋の前のスクリーンに4ツのイラストが映し出され、それぞれの説明がある。

イラストの映像は次々に変わり全部で16個のイラストがあった。

次にアイウエオの字が逆に書かれた用紙が見せられて

四角の枡が5ツ並んだ用紙に

「カ行を逆に左の枡から順に書いてください」と指示があった。

コ・ケ・ク・キ・カ と左から枡に書き込む

誰かが右から書き始められたのか?注意されている声がした。

試験官は手にストップ・ウオッチを持って時間を計っておられた。

「はい!そこで止めて次に“タ行(?)”(よく憶えていない)を書いてください」で指定の枡に左から書く。

それらが終わったところで

「先ほどお見せした16個のイラストをカタカナでも、ひらかなでも漢字でもいいですから思い出したものをそこに書いてください」

これは困ったです。

9個まで書いたのですが後が続きません。

これには自信があっただけ 7個 も思い出さないとは?情けない!

「次のページを開けてください」の指示で、そこには16行の欄があり左にヒントが描いてある。右の欄が空白である。

① 動物  直ぐに“ライオン”と書き込む

② 台所  同じく“フライパン”と書き込む

次々にヒントを見ると思い出して全問回答が書けた。

これは講習会終了時に結果が各人に配布された。

幸いに今回の受講者からは問題となる方は居られなかったようだ。

この筆記テストの後に視力検査があり動体視力、夜間視力等 その他 数種類の検査を受けた。

全ての検査が終わったところで運転技能の実施である。

3人乗車して先ずは指導員の方がコースを説明されながら一通りコースを走り、

「皆さんには、それぞれコースは指示しますからコースを憶える必要はありません」

また

「これは運転技能の実地試験ではないので落ち着いてあせらずに運転してください」と言うことで我々は順番に運転するのだが、我輩は最後の3人目だったので、後ろで見ていて、なんとなく要領がつかめた。

と、いうことで、なんとか?実地は3人全員終了した。

然し3人の実地運転の終了後に一時停止から広い道路に出る時や左折時の車の走らせ方がよくないと注意を受けた。

「くれぐれも過去の運転実績に頼らないで慎重に運転されて事故のないようにお願いいたします、場合によっては免許返納もヒトツの手段ですが?これは皆さんが自分で判断されることです」

と免許返納のことも、それとなく差しさわりのない範囲で述べられた。

以上で今回の講習会は終了した。

再び教室に集合して、先ずは全員何とか「高齢者講習終了書」を頂く。

終わったのは午後4時であった。

始まったのは午後1時であるから正味3時間であった。

そうそ、最初の講習予備検査(認知機能検査)検査用紙の書き込みの時の最後の段(欄?)に“今の時間は何時ですか?”と言う質問が書いてあったが既に腕トケイ、携帯は仕舞うように指示されて時間が分からない。

これも困りましたね~教室内には無論トケイはない!

適当に思いつく時間を書いておいた。

なにもかも終わって・・・・。

“ほッ“ とした。

ドライビング・スクールの送迎車で京急久里浜駅に出る。

北久里浜駅でカミさんに電話して迎えに来てもらう。

「どうだった?」が最初の言葉だった。

「うん なんとか“講習終了書“ は頂いたよ」

「そう~よかった~あんたが呆けていて免許が更新できなかったら大変だから・・・」
どうやら本気で心配していたようだ。

我輩も80歳に近い! 

来る3月30日が誕生日で78歳になる。

膝が悪く車がなくては何処にも出かけられない。

それに今は“坐骨神経痛”と言う厄介な病気も発生したのだ。

車がなくては病院にも何処にも行けない。

PS 高速道路を逆走する高齢者が年間千人も居ると聞かされた。

もう遠方には行けない。
・・・・・・・・・・・・・・・
,.

気をつけよう!
あなたの運転はあなたが思っているほど
うまくはない!

自信満々事故のモト!

あの世は近い!ユックリ走って
無事故で長生きをしよう!


・・・・・・・・・・・・・・・

チト欲張り過ぎかな?

赤字は即席で創りました。

末筆になりましたが教習所の先生方へ

 大変お世話になりました。有難うございました。


人気ブログランキングへ

コメント (20)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 昨日の寒さ! | トップ | 我が家だけは安全な家であり... »
最新の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
高齢者運転免許更新講習会 (ベン)
2010-01-17 01:27:51
中々厳しそうでしたが充実していますね。何事も安全運転の為ですから、一瞬の油断も許されませんね。くれぐれも注意しながら運転して下さい。 私も今年一杯迄有効ですが来年の1月までには更新しなければなりません。毎回5年間づつ自動的に更新されて来ましたが、もう次回からは実際に試験の取り直しをさせられるのではないかとひやひやしています。此方では絶対に必要な足ですから自動車無くしては生活出来ません。お互いに気を付けましょう。 年齢には適いませんからね。
べんさんへ (osamu)
2010-01-17 18:38:14
高齢者(70歳以上)は免許の更新に高齢者講習会を受けなくてはいけないのです。しかも以前はゴールド免許(優良運転者)は免許の有効期間が5年でしたが、70歳を越えると3年になりました。私は70歳の時は、この法令改正の直前に更新したので免許の有効期間は5年ありました。それゆえに75歳の時に始めて、この高齢者講習会を受講しました。今回が2回目でした。それでも以前は認知症のようなテストはなかったので、これは初めての経験でした。口では”呆けた”・”呆けた”といいながら、自分は別だ!と言う隠れた思いもありましたが、あのイラストが覚えきれないのが現実のようでしたね。この思いが危険なようです。
アメリカでは自動車がないと生活が成り立たないようですね。自動車がないと私も身動きができません。これからはより気をつける心算です。
お疲れ様でした (bube)
2010-01-18 09:52:19
今の、車は、まだ、5回くらいしか、運転したことがありません。
そのうち、2回は、成田です。
無謀ですよね。
また、来週、一人で、運転することになりそうです。
気をつけよっと。
認知症テスト (ご近所さん)
2010-01-18 12:56:51
昨年末、テレビで丁度その問題を見ました。50音の逆読みは得意でして、(子供の小さかったころ、反対言葉をよくやっていましたので…)4枚のパネルは2問書けず、次のヒントでクリアでした。後期高齢になるとこのようなテストも受けなくてはならないのですね。私もいつまで運転できるのやら

昨日の町内賀詞交歓会で、会長がこの高齢者講習のことをお話していました。ご自身も受けられたようで…「あの問題は、ヒトをバカにしちょる!!」と仰ってました。
お着物でいらしてくれた昔お姉さま??達が、会場を一層華やかにして戴けました。天候もよく、なによりでした
bubeさんへ (osamu)
2010-01-19 01:34:49
都内から成田まで?それも新車で?若いですね~。

私は40歳台の時でも都内の道(世田谷)で深夜に迷ったことがあります。
今では、とても遠乗りはできません。精々鎌倉迄がいいところでしょう?それでも最近は行ったことがないです。手話で”田浦”までがいいところです。

車も性能がいいほど運転もしやすいとか?でも気をつけられますように・・・・・。
ご近所さんへ (osamu)
2010-01-19 01:55:06
TVでもやっていましたか?私は初めてだったので試験員の説明の時になんだか?幼稚園児に戻ったようでした(笑)。歳と共に全てが衰えてきているのですね~。反対言葉なども画像(文字)を頭に浮かべて逆にするのに手間取りました。五つがいいとこでした。それ以上になると出来ないのでは?

会長さん怒っていましたか?多分それが当たり前でしょうね。普通の方ならあの問題は怒りますよね!まァ、ゲームだと思えば・・・。

賀詞交歓会 お疲れ様でした。和服の方もいらっしゃったのですか?近頃は余り見かけないので・・・。何時も欠礼ばかりですみません。何しろ話が分からないもので・・・。

お天気がよくて皆さんよかったですね。勿論 私も好天気の中で試験運転の時は眩しくサン・バイザーを使いました。前回のときはマニュアル車だったのですが、今回は全員オートマでした。

いつもコメント有難うございます。
姪子のおせっかいです (KK)
2010-09-17 01:06:27
今年初めて講習予備検査を受ける伯父の役に立つかな、とネットで検査について検索していたところ、Osamuさんのブログに出会いました。

大変興味深く楽しく読ませて頂きました。よかったです。

伯父も昭和一桁生まれ、横須賀在住、足は膝が辛い、しかも!久里浜ドライビングスクールで今月末に検査を受ける予定です。何かのご縁でしょうか。

Osamuさんのご経験談を伯父に伝えてよいでしょうか。何よりも励みになり、心強く検査が受けられるのでは、と思います。

Osamuさんのように素敵な爺(失礼)が、伯父の近くにいらっしゃると知り、なんだかとっても幸せな気持ちです。どうぞこれからも楽しいブロガーでいらっしゃってください!
K.K さんへ (osamu)
2010-09-17 06:19:54
よくいらっしゃいました。伯父さんを心配される、優しい姪御さんですね。若しも私の拙い経験でお役にたつのなら遠慮なくお伝え下さい。そして自信を持っていただけるように・・・・。
幸運をお祈りします。そして、これからも無事故の運転を祈ってやみません。私は運転も脳活性化のヒトツと思っています。ただヒトツ気をつけているのは”無理”はしません。何処に行くにも60分は前に着くように行きます。身体が不調な時は家内に乗せてもらいます。コメント有難うございました。
ありがとうございます (KK)
2010-09-17 16:49:45
ご快諾ありがとうございます。

そうですよね、無事故がどれだけ尊い事でしょう。osamuさんの運転の心がけを尊敬します。
検査のお話と合わせて伯父に話したいです。

検査以外の他の記事も読ませて頂く事が、日々の楽しみになりそうです

本当に素敵なブログだと思いました。またコメントにてお邪魔します

KKさんへ (osamu)
2010-09-17 21:57:06
さっそくの応答で大変なお褒めに預かり恐縮しています。
こちらはグーダラ爺ですがよろしく。

再度のご訪問戴き改めて御礼を申し上げます。

コメントを投稿

交通」カテゴリの最新記事