おさかな’sぶろぐ

日々感じたことを徒然なるままに。。。

ショーシャンクの空に

2019年04月10日 22時30分40秒 | 歴史
 1994年公開なので、もう25年ほど前の映画になる『ショーシャンクの空に』を久し振りに見ました。といっても映画館ではなくて、アマゾンプライムで公開してるのを発見したもので。


 原作はスティーブン・キングの『刑務所のリタ・ヘイワース』で、監督・脚本はフランク・ダラボンが務めました。フランク・ダラボンの初監督作品でもあります。
 無実の罪で投獄された銀行員アンディが、刑務所内での人間関係を通して、希望を捨てずに生き抜き、最後に脱獄に成功するという物語です。
 アンディ役をティム・ロビンソン、受刑仲間のレッドをモーガン・フリーマンが演じています。


 下の写真が、3年ほど前の写真です。いい感じに年齢を重ねていますね。


 最後に感動するって類のヒューマンドラマじゃないですが、ささやかな痛快さが心地よい映画です。若い頃、見た時はそれほど感動はしなかったのですが、今見るといい映画だなって思いました(^^)v

コメント