広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヨガ 今回はHappyでした

2012-04-22 12:39:53 | 東京&大阪
不動産の関連の情報をご覧になりたい方はコチラをクリックしてください。

If you visit this site for the rental property information, pls clickHERE for the info.

■ 本町

前回大阪ではあまりヨガ的には恵まれずなんとなく空振りって感じでしたが、
今回行って来たヨガスタジオは二つともとても雰囲気の良いヨガスタジオでした。

今マイソールを出来るようになろうと頑張っているので、朝のマイソールで検索して
出てきたスタジオに行ってみました。

行って見るとそこは…私の以前の勤め先の目と鼻の先。そういえば、ウチが事務所を
移転するとき新しく出来たスタジオがありました。 そうそう・・・・

でも、すぐに転勤になってしまってスタジオをのぞき損ねていたんですよね。そのスタジオが
目標とするスタジオでした。

行ってみるとすでに黙々と練習している人たちが一杯でした。いいですねぇこの雰囲気。

なんというか、図書館もこんな雰囲気でありません?とかスタバとか? それぞれがそれぞれの
目標を持ちつつ、一つのところに集っている感じ?

で、適当にマットを敷いて、どの人を参考にしようかと見渡していると外国人の先生が来ました。

「初めて来ました!」と告げると、「はいじゃあ太陽礼拝からスタートしておいてね」とのこと。

テキトーに太陽礼拝Aを5回、Bを5回(最近は3回でいいらしい)で前屈のポーズから入りました。
後は同じような部分をやっている人を見つけて、ポーズの順番を盗み見して(笑)1時間半くらいで
シャバーサナに。先生も親切に教えてくださりました。ただし日本語交じりの英語です。

このスタジオは大変気に入りました☆ 何が?うーん、さっぱりしてそうなのが良かったです。

それと上級者と思しき方が、初めての私を見て、「あっちが更衣室だよ」とか「マットは奥のが
無料のだよ」とか教えてくれたのがいい。

ちょっとした気配りが出来る人がいる=いいスタジオに違いない(笑)

■ 扇町

二つ目のスタジオもいい感じでした。ここは受付の人がとても親切に色々と教えてくれたのが
かなり好感持てました。最後、銭湯まで探してくれた。

21日がムーンデーで、前日20日はマイソールではなくレッドクラスしかやっていなくて
時間がタイトだったために朝のクラスは出損ねたのですが、やっぱり何かに出たくなって
夜のクラスに出ました。男性の外国人の先生でした。

内容はヒップオープナーと前屈。 ちょうど私のクラスでやっているのと似ていた。私はこの日
長時間歩いてクタクタだったので、リラックスできるゆったりとしたクラスがちょうどよかったです。

このスタジオ、学生の頃、初めてドアをたたいたバレエレッスンは北千里にあったクラスでしたが
その本部が扇町にあり、時々代替レッスンで出かけて行っていたその近所に有り、扇町や
商店街の雰囲気が懐かしい感じ…。

そう、学生の頃…通いましたっけね。扇町は、実は梅田へもすぐ。このあたりは古くから商店街が
発達していてとても暮らしやすい庶民的なエリアです。

もし次に住むなら、中崎町とか扇町とかもいいなぁ…なんてエリア。

きっとヨガスタジオってのは、お客さんにとって見ると通いやすい立地かどうか、というのが
ポイントなんだろうな。

新しい美学

2012-04-22 11:30:34 | 東京&大阪
不動産の関連の情報をご覧になりたい方はコチラをクリックしてください。

If you visit this site for the rental property information, pls clickHERE for the info.

■ 心斎橋は山ファッション

東京では原宿というか、原宿のハズレ(神宮前)にホグロフスやマムートとかのフラッグショップがありますが、大阪ではどこなのだろう…?と思っていたら、心斎橋のハンズの裏に、パタゴニアがあるついで?に隣にアウトドアっぽい店(SORA)があり、さらにそこがミレーのフラッグショップを教えてくれました。

実はこの日は雨だったので、スーツのジャケットをぬらすのは嫌だと山で着ているノースの
ゴアテックスジャケットを羽織って出かけていったのですが、これが暑い。

ゴアってやっぱりあったかいんだね~と思っていたのですが、スーツのパンツにゴアのレイン
ジャケットってなんだかイケテナイ…ガスのメーターを見にくるおじさんみたい…

なんだかなぁと思っていたし、ちょうど夏に山で着るウエアを探していたので、ミレーで
薄手のウィンドストッパー ボナシーライトストレッチジャケットを買いました。 メンズのXSでちょうどよく、早速着て歩いたら適度に湿度を逃し、小雨くらいならはじいてくれて、快適でした。凄いストレッチ素材なのが気に入った。ネットでは2011のモデルしか出ていませんでしたが、今年のはシームの色が違って赤なのでちょうどそのとき来ている服にマッチしていました。

同じようなのがホグロフスのもあったのですが、そっちはフードがなかった。 ちょっとのことだけど雨を考えるとフードあると助かります。 

こういうのはたぶんミドル用途も考えてあるのでしょうね、サムホールがあるが、すそは長く、
ウエスト周りはぴったりしていてすっきりしています。これが気に入った最大の理由だな。
ジャケットって夏はあんまり出番ないですし。雨が降ったらもう諦めてレインを着るしかない。

元祖山ガールの友人は、ミレーも知らないし、パタゴニアも知らない。 でも、父親と行くときは歩荷担当(笑)

思うに昔から山をやっている人の美学は、山を登ることで自分を越えていく、という美学だったの
でしょう。
最近は山ブームは、山ガールで揶揄されるような派手ファッションが先行ですが、今流行っている山は山ガール的なちょっとヒッピー風のミックスファッションとも違って、また別のかっこよさが
あります。 

そこにある流れは、戦う、という流れではなく、抗わないというか、山で内省するというか、山で自分と向き合う、という流れがあるように思います。

新しい美学がある。そこでは、実用が譲れない点だった昔の山と同様に、なにか違う点が譲れない
美学としてあるのだと思います。

ミレーの店員さんはとってもクールでかっこよく、「山でもかっこよくあるべきだ」と
言い切っていました。たしかに別に無理してダサい必要はないわけなのです…昨今は山ウエアも
大衆化しましたし。

ライフスタイルにどれかが正解でどれかが間違っているってことはないのだと思う。

支沢が合流して大きな川になるように色々な流れが合流して今の山ブームを作り上げているんだと思う・・・

というわけで彼女に山ガールの喜びを教えてしまいました(笑)彼女もパンツをお買い上げ。

聞くところによると、マウンテンエクイップメントも近くにあるそうです。マムートストアも心斎橋みたいだし。

うーん、そうなると山の趣味は大阪でも継続可能なのかしら(笑)

 心斎橋のデリ。ワインとチーズ、ドライフルーツがおいしそう。

■ 播磨屋のフリーカフェ

淀屋橋のKinko'sでチラシを作成していたので、受け取りに行く用事があったのですが、
途中で友人おススメの播磨屋のカフェによりました。

立派なカフェでした。なんとおかきを200円で買うと、ドリンク飲み放題。

歩きつかれてちょっと一服、なんてときにかなりおススメできます。



こんなチラシが。

たしかに戦争に突入していったのと原発に突入して言ったのは相似シテイマス・・・憂国ニッポン。

大阪出身の夫によると大阪人の家には播磨屋のおせんべいの缶が少なくとも2個はあるのだそうです。そうなのか(笑) 

山梨のことも知らないが、はっきり言って大阪のことも余りよく知っていたとはいえないなぁ。

一気に播磨屋ファンになりました☆ 快適だし、安いし、気軽に立ち寄れて、超おススメ。

しっかしここのサイトは強烈です。天皇陛下に連絡くださいの下りには笑えます(^^)



空堀のグリーン

2012-04-22 10:27:55 | 東京&大阪
不動産の関連の情報をご覧になりたい方はコチラをクリックしてください。

If you visit this site for the rental property information, pls clickHERE for the info.

■ 朝から散歩

朝のレッドクラス…谷九から扇町に25分で着くというのは、通常だったら可能そうでしたが
初めて行く場所では道に不安があるとどうかと言う感じだったので、パス・・・
したので、この日は早朝から、小雨の中散歩をすることに。

モーニングをやっているカフェがあれば入ってもいいな~と思っていたのですが見つからず(汗)

 桃園公園。

空堀にはグランドもまだ有ります。ココ以外にも高津神社の近くにもあります。
遠景に見えるのが都会っぽいですよね。

 ここは前はせっちゃんの楽童が入っていたけれど今は違うのが入っているようでした。
植栽がとてもステキです。



 ボランティアって書いてあったけど、きっとそのボランティアは約一名なんだろうなぁ。

 裏から見た練。

 近所のマンションの植栽。空堀に住むならこういうマンションより町屋がおもしろいと
思うけど…設備がね。

 和な世界もステキです。



和と洋を組み合わせて上手に新しいスタイルを提案していくことに興味があります。



かっこいい雑居ビルのクライミングジム@長堀橋

2012-04-22 09:53:22 | 東京&大阪
不動産の関連の情報をご覧になりたい方はコチラをクリックしてください。

If you visit this site for the rental property information, pls clickHERE for the info.


長堀橋は、心斎橋から一駅、徒歩圏です。

もちろん、私の谷八のマンションからも徒歩圏。チャリなら10分。

クライミングジム ひぐらし

で今回は、友人を誘ってクライミングジムに行ってきました。めったに使わない
腕の筋肉を使ったので内側の筋肉が痛い…(ーー;) あと指の腹がとっても疲れています。

実はクライミングジムは山梨でも行ったことがあるのですが、いまひとつ、そのおもしろさが
何なのかピンと来なかったのです。でも腕をまっとうにつかうスポーツはあまりやったことが
ないので、上半身を楽しみながら鍛えるのにはいいかな、という思いがありました。
そう、私はなんでも楽しみながらでないとヤル気が起きない(^^;)

あとね、ウェリントンに行った時にあったんですよね。波止場にでっかいクライミングジムが。
そこのお兄さんとは朝散歩していて何度か話をしていて、タダで登らせてくれると言って誘って
くれたのにちょっと遠慮が過ぎてしまって(いやビビッて(笑))やらずに出張から帰ってきてしまい(だってボルダリングではなく、見上げるような壁のロープ付きだったのです…ひえ~)こんなチャンスを無にせざるを得なかったのもちょっと後ろめたい気分がありました。

でクライミングジムです。一番簡単なボルダリング。これは友人。

もしかして、これを趣味にしている人は、ちょっとタバコを一服、みたいな感覚で登りに来ているのかもしれません。
というか、とても頭を使うので、気分をちょっと切り替えたいときに、集中するって意味でとてもいいのかも?

《この日習ったこと》
・腕はできるだけ伸ばしたままのほうが腕が疲れない
・腰は落としたほうがラク
・体を反転させながらリーチする方法
・指を曲げてつかまないで引っ掛ける

コレを続けたら、タダでさえヨガで最近たくましくなってきてしまった腕がさらにたくましくなりそうです(笑)バレエでしかられるなあ。

このジムはオフィス街のど真ん中に有り、なかなかおもしろい場所でした。 壁は垂直な以外は
全部オーバーハングしていて大変なことになっていました…奥に常連さんと思しきかたがた(男性)
が集っていたのですが、もう体が水平?ってくらいの壁でした…いや~すごい。どうやって引っ付いているのか想像もつきません(笑)

ココの店主の方?が親切に指導してくれたので、とても楽しかったです。フィットネスクラブで
壁やってくれたらいいのに(笑)

とはいえ、バレエ天国大阪では、クライミングなんてやろうとは思わなかったでしょう。
これも山梨に来て、山登りをするようになったおかげ。& 山の先輩にクライミングもおもしろいよと言われたおかげ(でもまだそのおもしろさには目覚めていませんが…まぁぼちぼちで…笑)

友人も初めての経験に楽しそうでした☆

■ 順慶ビル!!

このクライミングジムが入っていた順慶ビルは非常におもしろい試みの雑居ビルでした。
 

大阪のレトロ雑居ビル情報

パリの雑貨を集めたオシャレな雑貨屋さんや・・・


アートギャラリーが入っています。
 ギャラリー。この日は写真と絵画をセットにした写真展。主催者も写真家だそうでした。私も写真が好きで、サンフランシスコにいるときはアンセル・アダムスのギャラリーの会員でした。アンセル・アダムスはヨセミテやレッドウッドの森の写真で有名な写真家です。
しばらくはマンレイとかも好きだったのですが…アートな世界というのは大阪はいまひとつ深めるに適した世界ではないというか、アートは大阪では後回しです(笑)

とっても都会らしい感じがステキ。

こういう場所があることが都会の資産って感じですね~。大変気に入りました☆

地方都市 vs 都会生活

2012-04-22 09:08:16 | 東京&大阪
不動産の関連の情報をご覧になりたい方はコチラをクリックしてください。

If you visit this site for the rental property information, pls clickHERE for the info.

■ 高速バス

甲府から今回は京都までバスに乗りました。

バスは一時間も山梨の中をうろうろとめぐって乗客をピックアップ…
イラチ(せっかち)な私は「早く出発しないかしら」なんてイライラしましたが・・・
甲府駅を7:30に出て、山梨から脱出したのは9時近く、このロスがなければ
もっと早く現地につきそうでしたが、高速に乗ってしまえばスムーズで、14:00ごろ京都駅着。6500円。

途中 10分の休憩が1回、ランチ用の40分の休憩が1回。

大阪までなら、もう一回どこかで休憩するようでした。私は大阪⇔京都は、(バスより電車が楽そう)&(電車のほうが安い)ので電車で移動することにしました。

甲府⇔大阪なら7500円で1時間プラス。

バスは平日と言うこともあってか空いており、混雑が気になることはなく、多少おしゃべりの過ぎるおばちゃんたちがうるさい程度。

■ 女性の生き方

この片道6500円のバスが隔てる世界の差は…本当に大きい。 

今回は不動産のこともさることながら…友人にも会いたかったのです。

友人とは2日とも会っていましたが、色々な話ができました。 

私と友人は趣味が似ています。二人とも語学を仕事にしており、フィットネスが趣味。

友人は子供を産まない選択をした人です。私もまぁ別にわざわざ選択したわけでは
ありませんが、同じ路線を歩みつつあります。

女性の生き方としては、結婚・仕事・子供を軸にすると

 ・結婚しているが
 ・仕事を持って自立しており、
 ・子供がいない

です。和洋折衷ならぬ、新旧折衷みたいな感じです。(結婚して男性に依存し子供を持つことを
女性の人生とみなす生き方)と(女性も自立して結婚せずに子供も持たない生き方)を両極端とすると、ですが。

大阪では、私の周りは、会社でも趣味でも、ほとんど子供を持っていない女性ばかりですし、
結婚さえしていない女性も多いです。結婚はみんな興味がありそうですが、子供を
欲しがっている女性ってあんまり会ったことがなく、私くらい(笑)?

結婚して、仕事を持ち、子供を持つ、って一体どういう状況下で可能なんでしょうかね…

アメリカではお会いしましたが、超エリートでした。大学の先生とか。
日本でやっている人みたことない…いやあるか…東大卒の女性上司…でもやっぱり男性同僚
から顰蹙を買っていましたし…日本の労働環境下ではありえないな…。うーん、だから
派遣労働が女性には受けがいいのです。これなら、50%労働が可能。

会社がほしいのは人生の時間100%を捧げる社員だけど、社員がほしいのは時間的やりくり
なのです。

最近長話して聞いた、古着屋さんの情報?に寄れば、山梨では、学校を卒業したら
すぐに結婚して、子供を持って…という生活が始まるのだそうです。100%家庭ですね。

友人にそう聞いたって話をすると「ホントにそんなに古いの?!」

うーん、私もそこんとこは分かりません。が、こちらは大阪と比べてエステがやたら多く、
そして結婚式も盛大でお金をかけるのは見て取れます。 

我が家は結婚式は一応しましたが、親戚の晩餐会みたいな感じで、費用もそんなにかけず
海外旅行一回分くらい。飲めや、歌えや、の宴の会とは違う。

当時のホテルは、私たちだけでなく、地味婚は主流の考え方だったらしいので、こちらに来て
華やかな挙式を望む人たちが多い(結婚式にお金をかける)ということを聞くとちょっと
驚いたりもします。

しかし、こちらの生活はこうした具合に家族を作ることを大前提にしているので、
普通のお勤めでも、時間的やりくりがやりやすいように思えます。

夫が言うには山梨採用の男性はさっさと帰ってしまうそうです。たしかに6:30なんていう
大阪では女性でもめったに出て来れないような時間に焼とり屋は埋まっています(笑)

都会は人材競争が激しいので、子供が熱出したからって一日休めば来週は席がないかも
しれませんが、こちらではちゃんと理解してくれそうです。それは豊かさであって
決して貧しさではないような気がします。 

都会の生活は経済優先で家族や人生は後回し。 優先順位の付け方が違う。

だから都会で経済が潤い、人生が貧困化するのは当然ですね。

地方都市では、経済活動の前提、家庭生活が優先されているので人間らしい生活を送ることが
可能だし、その分経済活動が2の次に置かれているのは当然のこと。

そういう意味では、女性も働きやすいのは実は地方都市のほうだったりして。


都会には不安があり、田舎には不満がある

2012-04-22 07:52:18 | 東京&大阪
山梨に帰ってきました☆

今日は甲府は今にも振り出しそうな曇り空です。ホントは山がスケジュールされていたのですが
パスですね・・・今日は温泉でも入るか(笑)

不動産の関連の情報をご覧になりたい方はコチラをクリックしてください。

If you visit this site for the rental property information, pls clickHERE for the info.

■ 都会には不安があり、田舎には不満がある。

大阪は相変わらずのハイペースな町でした。私は電車に乗るのが嫌で仕方なく、そこで職住近接を
企てて(笑)中央区に小さなサンクチュアリというようなマンションをリノベすることになったのですがやっぱり電車の生活ってあわただしいなと思いました。電車5分おきにくるのにね(笑)

でもその5分に遅れると、他の用事に15分遅れるんだな。で、

(少しでも遅れること)= (信用失墜) という公式の日本社会の文化では、遅れないために
人のことを蹴倒してでも、時間厳守しなくては!とみんな目が殺気立ってます(笑)

というわけで朝から電車にちょっと乗るだけで、交感神経 活性化しまくりですね。

めちゃくちゃ陽の気の強い世界…。 で、陰の気(リラックス、副交感神経)が足りないのが
都会だと思いました。

でも、なんでそんなに忙しがっているのか…というと、不安だからなんですよね、みんな。

将来年金がもらえないかも、とか、この先、首になって食べていけないかも、とか、他の人は
みんな○○なのに、自分だけ××だと野垂れ死にするんじゃないか?と不安。

ただその不安が漠然としているので、どう備えてよいか分からず、結局は今目一杯出来ることを
しておくしかない=限界ギリギリまで働くしかない。

で不安を原動力にして、働き蜂をやっているのが都会です。都会の人はホントによく働く。

一日目なんて16時に自宅について、その場で不動産屋さんに電話したら、17時には彼と会って
条件を詰めていました。 すぐ来た。おかげでずいぶん助かりました。

でもその働き方が、体の酷使ではなく、頭脳だけの酷使なので、気分がハイになる割には
身体的にはまったく疲れておらず、よく休息できないのですよね。

■ 地方都市では不満

一方、私がいる小さな町では、不安より不満の色合いのほうが強いような気がします。

食べれない、ということではない。将来食べれないかも?ということでもない。

地方都市での生活は今が確実に将来につながっています。だから将来の不安ではなく、
今の生活の不満です。

今の生活が、もっと良くあって当然だ、という思いです。こんなに○○しても△△円に
しかならない。現金に落とすとホントに小さな額にしかならないのです。

よく言われることですが、一つ30万円の仕事はないけれど、3万円の仕事が10個なら
ある感じです。 

ただ地方都市では現金に依存する率が都会生活より小さいので、生活がかかわるわけでは
ありません。

ただ現金があれば自由がある。現金がなければ、手間をたくさんかけることになるのでその手間を嫌がっているのかもしれません。手間=労働です。

現金を端折るための手間=労働は、都会的であるような長いものに巻かれる的な労働ではなく、
基本的に節約するために本は図書館で読みます的な手間です。節約するために美味しいものは
買ってくるのではなく作ります。都会人ならそんなことをしている時間のほうが贅沢で
その分残業していたほうが確実に経済合理性がありますが、こちらでは手間を出して現金をセーブ
するほうが経済合理性があります。

それに、その手間を省くために(つまり利便性)都会生活者が代償として支払っているものの大きさはたぶん一度もこちらの生活から出たことのない人にはワカラナイだろうなぁ(笑) 
3年後の自分はこの会社にはないかも?みたいな不安で馬車馬のように働かされている生活は、
いくら通勤でかっこいいものを着ていても意味なしですから(^^;)

というわけで、日常生活で、ボロボロに酷使されているのはやっぱり都会人のほうだなぁと思いました。

小さな町では、生活のペースはのんびりしていて、5分や10分の遅れが致命傷になることなどありません。 

儲からなくても食べていける。 一言であらわすと(笑)。

都会的ということ

2012-04-20 07:55:24 | 東京&大阪
今日はせっかく朝5時に起きたのに寝癖をなおしていたらすっかり出遅れてしまいました(汗)
6:30に出て7:00のレッドクラスに間に合うのは無理!と、あきらめて
近所でモーニングやってないか探したのですが、やってません。(^_^;)
空堀にも弱点がありました(^ ^)

昨日のスタジオは前に勤めていた会社のオフィスの目と鼻の先にあり、オフィスへスタジオから出勤する人も多そうでした。先生は外国人で、前のマットの人は男性でしたが、
ピンクの女性用のキャミを着ていました。

そう昨日はそこからスタバに行き、ソイラテをたっぷり飲んで歩いて梅田まで行ってしまった。けっこうあるんですよね、谷町9丁目からだと、、

今日は朝ヨガに行きそびれてしまったので、暇です(^ ^)
都会の朝は遅く、夜が長い。
山は午前中勝負。かくも異なる。
8時なんて山では出遅れ感があるけど、街ではまだみんな寝ぼけ眼で電車に乗っている。
人間らしいのはどっちなんだろうなあ。

大阪はアップテンポ

2012-04-19 20:56:25 | 東京&大阪
今日は朝6:30からマイソールで夕方帰ったので疲れました。

久しぶりの大阪は闊歩する感じで背すじが伸び、気分が盛り上がります。
昼に友人と会い、機関銃のようにたくさんおしゃべりしました(^ ^)
大阪はとっくに桜は咲いていたようでもう葉桜です。
帰りの谷町線が造幣局に桜を見に行く人でいっぱいでした。

混んでいる梅田でタックルをかわすように人を避けて大股で歩く。
それが何だかゲーム感覚です(^ ^)
都会のリズム感。

友人は相変わらずで出会ったときから年もとらず
ゴールドのザックにずっしりと荷物を詰め、
歩荷?なスタイル。明日はいっしょに近所のクライミングジムに体験クライミングに行く事になりました(^ ^) 金曜はレディースデーなのだそうです。
明日も朝からレッドクラスなので、山時間で休みますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

大阪に来ています

2012-04-18 21:06:26 | 東京&大阪
大阪に来ています(^ ^)

あっという間に用事も片づいてしまいました。
久しぶりの商店街は新らしい店もできていて、やっぱり楽しい!

空堀は さらに私仕様にパワーアップされていました。


ヨガ模様⁇
老舗カナディアン 古着屋さんができてた
店番はクリエイター。製作場所兼店番だそうだ。

最中専門店

カレー屋さん





食べるヨガ Govinda's  

2012-03-30 11:27:32 | 東京&大阪
なかなか時間がなくいけなった、Govindas(ゴヴィンダーズ)にやっと行く機会がもてました!泊りが中野だったので。

中野に住んでいたときに、色々うまい店は調査したつもりでしたが、町外れに近いことと
住んでたのが南口側で、北口側は攻めが甘かったのか…こんなに素晴らしいレストランがあるとは!

うーん、すべてのものがうまくて感動しました。ココは超おススメです。

なんだか口にするもの一つ一つに生気がありました。 (もっとも、最近私の食生活が 山での
ワンバーナー料理の研究のため、缶詰やチーズに偏っていたせいもあるかもしれませんが…(^^)
そう、最近のテーマは山での自炊…)


本日の日替わり。

私もよくごぼうのてんぷらをしますが…今度からゴマを入れようっと。


メニュー。

特にほうれん草のココナツスープが私的にはLove☆な感じでした。ココナツは夏しか食べないことに
しているのもあってこれからマスターしたいスープ。美味しかった。

あと、スプラウト…今が季節ですよね。春は芽吹きを食べましょう☆


締めはハーブティ☆

しっとりと美味しかったのはおからのサラダ。(ポテサラ風で黙っていたら夫もだまされそう(笑))

あまりに美味しかったので夜も。

ほうれん草のカレー。

実はこの日はおなかを壊していたのですが、治ってしまいました☆ 毎日でも食べたい味。







女性の一人旅におススメの東京の安い宿

2012-03-30 10:46:58 | 東京&大阪
昨日はコーチとの面談で東京方面に遠征していました。

時間も遅かったのでお泊り…と言っても寝るだけ。

私は大阪でOLしていた頃の友人が東京へ出張などで来るときの宴会では、お泊りすることにしていますが
毎回9000円くらいのビジネスホテルだと宴会がお開きになった後は寝るだけなのにもったいないので、
もう少し気軽に泊まれそうなところはないかと思っていました。

で・・・今回は以前住んでいた中野で、たまたまいつも通っていたパン屋さんの隣が
事務所兼カフェになっていたことで知った、ヤドヤさん。今回泊まってみました。

■ おススメ ヤドヤ

 Fine(罰金)パーキングだって(笑) このとなり茶色の建物がヤドヤさん。


手前にはMY御用達だったマルシェ。五差路から東へ。郵便局のほう。ヤドヤはセブンイレブンのお向かい。

海外ではバッパーにお世話になる私ですが、実は日本ではちょっと安宿は…と思っていました。


狭さは致し方ないところ。

でも! ヤドヤさん、結構大丈夫でした。 なんとドミトリーなら一泊2200円!! 個室にしても安い!
泊まったのは4人部屋。女性専用ルーム。

設備はありとあらゆる場所に構造用合板とSPFが使用されており、材料費なかったのね、という感じではありますが、それでもパッと見、デザイン的に
ステキにまとまっているのがすごい。

合板+SPFの可能性を感じる(笑) 

ただ2段ベッドはやっぱりもうちょっと強度が合ったほうが安心な感じでした。なんか上のほうで寝てるとすこし
ゆれを感じます。

セキュリティはしっかりしており、カード式キーロックですし、シーツと枕カバーは洗い立てのをくれるので
衛生面も最低限はクリア・・・お布団もマットレスもイケアでした。イケアって偉大。

ココは外人ばかりなので、日本人は安い宿という席を、外人さんに先に譲るべきとは思いますが
繁忙期でなければ女性の一人お泊りにおススメです。 何しろ中野。新宿まですぐですし。女性は
カプセルホテルってありませんから。

それに外人の友達も出来ます。たまに英会話に活!を入れたくなったら、こんなところに泊まるのも乙です。
この日同室の外人はイタリア人、スウェーデン人、イングランド人。 スウェーデンの人なんて日本の物価が安いのに
大いに気をよくし、赤いコンバースとか買っていました(^^)。分かるわ~その気持ち。
私も若いときアメリカに行ったときはモノの安さにくらくらしそうでしたもん。

イタリア人は遊びに来るかもしれません(^^)

注目はデザインかなぁ。限られた資金力でもインテリア的な快適性はなんとか出来るという見本にもいいかも。

ブリキの波板も壁にしてしまえば結構イケるね。

日本の新しい息吹を感じる宿としてもおススメ?

■まとめ
・セキュリティはしっかりしてる
・がベッドは狭い小さい
・ので、インナーシーツ&ヘッドライト持参すると良い
・山小屋に泊まれる女子なら問題なし
・シャワーしかないが近くに銭湯あり
・外国人と仲良くなれる


吉祥寺に行って買い物の価値観確認中

2012-03-10 09:30:52 | 東京&大阪
しかし、吉祥寺はいいですね~。

なんで東京の街が好きなのかというと、

モノがたくさん売ってあって店が多いから、なんていう理由ではなく、
ライフスタイル=個性がはっきりしているからなのだ、

と思いました。つまり価値観=人生に求めるもの ですね。

吉祥寺は、まず
 ・井の頭公園がある
 ・バレエスタジオも多く、チャコットもある
 ・山道具は古参から若者向けの軽いもの、パタゴニアやLLビーンもある
 ・Deans&Delucaがある
 ・古着屋がある
 ・カフェが多数
 ・インテリアショップもある
 ・ユザワヤがある

と私仕様♪な町です。 つまり、気に入ったものが手に入る価格で売っている可能性が大きい。

逆に甲府の町があまり気に入らないのは…モノが高い、というよりより厳密に言うと

こちらが欲しいモノが高い

ちょっといいなと思ったものがみんな高かったら厭だなと思うのは自然。
こちらでは古着も自然食品も高いので…買えません。

というか、ここ一年、地元の店応援的に「買ってあげていた」気がしますが、
それは良くないですね。買いたくないものは買いたくないもの。反省です。

山道具屋めぐりツアーをしていたら、思い出しました(笑)。吉祥寺を散歩していたら、欲しいモノが次々に出てきて物欲に火が(^^)。

物欲=意欲… 欲しいモノがまだまだいっぱいあるってのでとっても前向きな気分になれました。

資源は有限であるので(笑)欲しいモノが無い場所では切り詰めなくてはなりませんね(笑)

■MYお買物信条 

・上着にはお金をかける  → なぜなら長く着続けるから 
・靴にはお金をかける   → 健康第一
・その次に金をかけるとしたらボトムス → ライン重視

・バッグにはお金をかけない → 用途はアクセント、なら安物多数のほうが合理的
・トップスにもお金をかけない → どうせ飽きる
・靴下&帽子にはお金をかけてもよい → めったに気に入ったものに出会わないから
・アクセサリー、ジュエリーにお金をかけない →そもそも身に着けない

・服を買うなら ライン>素材>価格 →いくらいい服でも高いくてもラインが合わない服は無駄な服。 逆に言えばラインが崩れたらもう寿命。素材が悪いとラインはすぐに崩れてくる。

・外で飲むコーヒーにはお金をかけない → 座りたいだけ。
・家で飲むコーヒーにはお金をかける  → リラックス

・外食にはお金をかけない → 用途は補給。デート以外。
・家食にはお金をかける  → 用途は健康。

・肌に近いものにはお金をかける(下着・寝具)→ 快不快に直結
・化粧品にはお金をかけない → どうせ落とすのに?

・知識にはお金をかける  → 手段
・情報にはお金をかけない → 素材

・教育にはお金をかける  → 本流 
・娯楽にはお金をかけない → 支流

・”教えてもらう”にはお金をかける → 分かると出来るは違う
・”やってもらう”にはお金をかけない → 魚をくれるより、魚釣りの方法を教えてくれ!

・長く使うものにはお金をかける → ツール
・消耗品にはお金をかけない   → 一瞬の快にお金をかけても

・多機能より単機能高性能 → どうせ使いこなせない
・一つ二役は買い     → モノが少なくて済む

・残業しない → 残業分の高効率
・勉強する  → 高効率

・予習>復習 → 復習は軽めに予習はしっかり目に
・本一式>○○講座 → 講座をまとめるつもりで読むほうがためになる
・教える>学ぶ   → 一番学ぶ人は教える人
・網羅してから集中 → 帰納法より演繹法的人間のようです 

これはもう二十歳くらいからずっと決まりきっていることなのですが考えてみると
こちらにきてストレスと感じるのは、この町ではこれが実行しにくいからですね。

よし!今年のテーマは東京に近い地の利を生かすことにしよう!

去年のテーマ:山梨の良さを知る
今年のテーマ:山梨の地の利を知る


アフリカンビストロ? 新宿 ひつじや

2012-03-02 20:21:53 | 東京&大阪
水曜は東京に遠征(?)していました。 たまには出かけないと浦島太郎になっちゃいますからね(笑)

用事はビジネス勉強会でしたが、夕方4時からだったので、昼ごろに東京に到着し、UTLでレッスンを一本受けてきました。

やっぱり東京はいいなぁ… 私はどうしても都会が好きなのはデザイン的に完成された空間が好きだからですね。たぶん。

ちなみに東京のような大都市ではない地方都市ではデザインがいい空間と言うのは自然環境の中です!

スタジオに入ると、気持ちよい空間でした。こんなシールが張ってあって面白い♪


でトイレにはこんな多肉植物の寄席植えが置いてあった。殺風景な中、ささやかながら
快適性を求めて、改善してみた、という感じ?


■ ひつじや

アフリカ料理(チェニジア料理)というのに通りがかり、ひつじやでランチしてきたら、激安でびっくり!

別に安さは期待していなかったけど、あまりの安さに・・・愕然。

だって、パン、オリーブオイル、ケバブ4本、サラダ、スープ、ライスがついて420円!


さらにチコリコーヒーと焼きバナナのココナツアイス添えをつけて+130円!


こんなに営業努力しているのだ!

甲府でもこれくらい営業努力している店があったらいいのになー(==;)

大阪空堀へ遠征

2012-01-09 21:50:36 | 東京&大阪
今日は大阪へ3泊4日の旅から帰ってきました。疲れました~。

自分だけが移動するだけなら新幹線と電車を乗り継いでいく大阪。

今回は掃除用具&大工用具、その他持ち帰る品 → 車&夫の貴重な連休消化(涙)。

いや~もったいない! 何しろ大阪は遠い。6時間は遠いです。丸一日移動にかかると同じこと。

ガスがない空家状態の自宅マンションに寝袋でお泊りして、清掃とメンテナンスをしてきました。
疲れましたが、楽しい旅でした。
行きの諏訪湖SAは雪

■ DAY 1 寝袋

先月中旬に来て知ってはいるものの、自宅マンションがある空堀商店街付近は大マンションブームで松屋町交差点付近は高層マンションだらけでした。


この日は朝9時に出て16時過ぎごろ大阪に到着。徒歩でハンズまで蜜蝋ワックスを買いに行きましたが、
買ったものの、帰りで疲れ、自宅にたどり着く前に夕食は手近なとんかつ和幸に…いや、別に和幸なんて甲府にもあるんだけど…って状態です(^^;) 安っぽい電子音楽が流れる長堀の地下…うーん庶民だ、
と思いつつ…とんかつ。

帰ったら早速寝袋で8時消灯でした。山小屋みたい。風呂もガスがないので入れないのです。
近くの銭湯まで歩く気分にもなれず…8時消灯。 4年ぶりに寝る自宅は寝袋…(笑)

■ Day2 上六の湯 高津神社

翌日は、かなりこわばった体で目覚めました(^^;)ホント硬い床で寝るのは疲れますね。

自宅マンションはガスが使えないのでお湯が出ない… → 近所の銭湯に。 

自宅は中央区と天王寺区の境目にあるので上本町のほうへ歩いていって徒歩10分ほどで上六の湯に行けました。


学生時代は学生寮の共同浴場と銭湯通いで、銭湯代よりフィットネスクラブの月会費のほうが安いという
事情から銭湯に行かなくなりましたが、大阪では銭湯がめっきり減りました。そんな中でも天王寺区は
まだ銭湯などの昔ながらの暮らしの残る町…こういうとき助かります。

上本町の裏手はすっかり再開発が進み、高層マンション&新しいスーパーで古い町並みがなぎ倒されて
いましたが、大阪の長屋は京都のとは違いあまり保存価値がないそうなのです…
 近鉄劇場は歌舞伎座も移転し複合ビルに。確かに近鉄デパートしょぼかったもんなぁ。

スリッパだけの専門店などが裏にひっそりと。この辺はザッハトルテで有名なケーキ屋さんがあります。

銭湯は土曜日の朝9時でお客さんが男女とも4人くらい。夫に聞くと男湯には、でかい竜の刺青の方も入っていたそうです。

女湯は4人でしたが、誰も言葉を交わさず、サウナと冷浴を繰り返す女性とうまくタイミングを入れ替えながら
漬かります。都会の人間関係ですね~。

富士山の絵はありませんでしたが、炭酸の湯、冷浴、電気風呂、熱い湯、ぬる湯と浴槽はたくさんありました。
ただシャンプーもソープもなくて欲しい人は番台で買うシステム!

入浴料410円、シャンプー代60円。 銭湯経営は地方の町営温泉より経営厳しそうですね。
15年ほど前は360円でした。50円アップか。

帰りは、2、3軒先にフランス人がやっているとても暇そうなビリージーンという喫茶店がオープン
したての装いでたたずんでいたので、そこでモーニングをいただきました。厚切りトースト、サラダ、ゆで卵、コーヒーで400円。安っ!質はとおり一般 べたな大阪のモーニングセットですが、それを日本に来てまだ3年目のフランス人がやっているというのがすごい。7月オープンだそうでした。 

帰りは近所の高津神社をとおり初詣してから帰りました。その筋の方が集まっていた。



■ 掃除 & 縦の面

家に帰り掃除開始。蜜蝋ワックスはとても優秀ですね。水拭きくらいでは蜜蝋と一体渾然となった
汚れは落ちないらしく、メラミンのスポンジで落とせるのでしたが、これはこすって落としている
ようだったので、重曹を振りかけた雑巾で汚れがよく落ちるのと同じような気がしました。
あまりきれいな箇所と差ができても不自然なので全体に軽く汚れを落とす程度のとどめ、ほかの修理箇所を修繕&掃除。

掃除のコツというか、掃除って、基本は全体的に”キレイに見せること”を目的にしていると思うのですが、ほとんどの清掃業者は床しか見ていません。

でも キレイ!のポイントは、最初に目に入るところにあります。液だれ跡が一筋あるだけでそれがキレイでないを
象徴してしまって床がいくらきれいでも印象負け。キレイを印象付けるには、光り輝くべきところは輝き、細部が重要なんです。神は細部に宿る、といったりします。

以前はマンションの共有部分の清掃を業者にお願いするときに、何度言っても、腰壁に張り付いている
くもの巣にうっすらと埃が積もって太い紐になったようなもの…壁面の液だれ状のこびりつき・・・・などなど
そうしたものを清掃してくれないのにとても困り果てました。何しろ壁清掃、という項目はないのです。

一般のおうちでも、掃除するときは天井に近い部分から床に向けて掃除するのが、ベストプラクティスです。

 モノを所定の位置に戻す → 上の棚の埃をはたく → 下の棚の埃 → 床

埃というのは汚れと違って 水が大敵。 濡れた雑巾などで拭いたとたんにややこしくなります。
埃ははたいて落とすのが一番楽なんですよ、ホントは。

でうちは木製の壁なので、壁にも埃がつきやすいのです。普通のマンションのビニールクロスの壁だって、
実は表面にでこぼこがありますから、埃はつきやすい。

でも、壁にハタキをかける人ってあまりいませんよね~。うちは住んでくれた人が掃除はしないタイプの
人だったらしく、ワンルームのオープンエアなのに、壁にカビが!カビは壁そのものではなく、壁についた
埃が湿気を含んでそこにカビが生えるのです… そこで!

壁の掃除に最適なのはブラシ! といってもほうきで十分です。ともかくブラシがけをすると埃が落ちます。

埃→ほうき、水性の汚れ→固形石鹸、油→重曹、研磨→重曹があればたいていのものはキレイになります。
しつこい油汚れには熱で洗う食器洗い機。

そして、おぞましき換気扇のフィルター。4年間一度も掃除していないと思しき換気扇のフィルターは
4度の食器洗い機による洗浄で完璧にキレイになりました。食器洗い機ってステキですね~。

今の賃貸ではもって帰ったところで使えないのですが、ホントに食器洗い機うらやましくなりました。
自分の所有物でありながら使えない…

それにしても、普通の人って掃除しないんですね。私は模様替えマニアなので、ほとんど大掃除が
必要になることがなく、あまりにたまった埃と油汚れにはびっくりしました。浴槽も垢がすごいことに。

住んで一度も掃除しない=使い捨て。設備関係はお金がかかるので、それだから、敷引きがあるのか…。


■ 商店街健在

地元の商店街は今も健在で、まるで4年前に舞い戻ったかのようでした。 少しは変化がありますが。

近所の銭湯跡には、源泉の自販機スタンドが。

月山のそばもおいしいんだよね~月山膳 1,150円。

山形のおそばですが、手打ち。そばで有名な長野で食べるよりおいしい…(笑)月山に登ってみたくなります。
ランチは、手作り豆腐ととろろご飯のセット。とろろご飯も何気においしい。シンプルなものが上質です。
やっぱり激戦区大阪で成り立つ店はおいしい店なのかな?といっても谷九あたりは焼肉の激戦区なのですが。

帰ったらまたせっせと掃除。そうこうしている間に夕方になったので、義理の父と食事をするため、天王寺に
でかけました。うどんすき。普通のチェーン店ですが、おいしく食べました。

一日目はあっという間に終わりました。天王寺4年ぶり!以前は用事のなかったMioのモンベル直営店。
義父と会う前にちょこっと覗いてみましたが、好感が持てました。モノはやはり都会が買いやすいのですよね…

■ DAY 3 ティップネス難波→好日山荘

またもや寝袋で小さく過ごした朝はすっきり、とは行きませんでしたが、今日が最後の掃除日。朝は
近所のおいしいパン屋イエナの持ちあがらないほどクリームが入ったクリームパン(130円)で適当に済ませ、せっせとワックス塗り。

その後、近所の町屋を改装したチョコレート専門店エクチュアへ行き、久しぶりにおいしいホットチョコレートを飲みました。スイートがおススメ!本当においしいのです。
1杯630円は毎日飲む価格にはなりませんが空堀に来た人にはホントにおススメ。 
 
ピント合ってないですね… 

今回朝食用のカフェを探して発見したのですが、大阪はスタバが少ない!福岡の天神なんてスタバだらけだし
山梨甲府の今のマンションからは歩いていける範囲に2件もあるのに、大阪はスタバは御堂筋沿いや主要
ターミナル駅にしかなく、今回の行動圏には一軒もないのです。これはうれしい驚きです。チェーン店に
席巻されない強さを大阪に感じます(笑)。


商店街に限らず大阪は猫が多い。すし屋と共存中の猫たち。いい身分です(笑)

お昼は、これまた近所の町屋を改装したかまどご飯の店 に行き、おいしい焼き魚定食(だんさんセット850円)を。味もぴか一なのに高くないといううれしい大阪価格。

こんなにゆがんだ町屋でも改装してステキになれば収益物件。中の様子。


家で食べるのと同じようなクオリティのご飯が食べれて幸せです。

空堀商店街には、町屋を改装したところが点在し、ココは通勤路。

その後、夕方は難波のほうに出かけ、好日山荘をチェックすると、なんと以前通っていたティップネスの
跡地に入っていたのでした…難波のティップネスはお気に入りでバレエには散々出ましたが
その頃はバレエが夜9時や10時からスタートするレッスンもあって…バリエーションクラスなど
私にはまだ早いかしらなどと遠慮していたクラスもあったのですが、そんなことしていたらだめですね。
やれることはやれるときにやっておかないと。

それにしても好日山荘とは…まるで私の変化を予言したような一致。あの自然光でステキだったスパはいったいどうなったのかなぁ~。

好日山荘で今年の山道具をゲットし、道頓堀今井でうどんやおでんを食べて帰りました。この店は
うどんとしてみると、いまどきうどんなんて立ち食いで150円でも食べれますから、高いなと思いますが、キチンと作られた、おいしいお出しがホントにほっとする、関西のプロの味なのです。
山椒の香り豊かな七味をお土産にするのがおススメ。長野の七味は赤いけど、ココのは赤くないのです。

関西のうどんは飲み干せるだし汁ですから、ぜひ道頓堀へきたら食べてみるといいですよ。常連さんが多いのか
一人客も多いです。道頓堀は観光客が多いのでお好み焼きやたこ焼きは…いまひとつのような?


帰ったら疲れてすぐ消灯。9時消灯です(笑)この日は床にワックスを塗っていたため
玄関で寝ました。狭いからあったかいのはいいけど(笑)、よく寝れないですね~。



■ DAY 4 駐車料金にショック & ゆで卵

帰宅日はショックな幕開けでした。一日最大料金1200円だと思っていた駐車料金に11100円も
とられました…ショック!時間内に出さないとだめなんですね…(T_T)

これでは人間が寝袋で我慢して宿泊費を安く上げた意味がありません…

朝の5時半起床で6時ごろ、車に荷物を詰め込んでいると… 犬のお散歩のおばちゃんに
おはようございまーすって声をかけると、唐突に「奥さん、これあげる」 ってゆで卵 をくれました(笑)

「あら~ありがとうございます。じゃおばちゃんに栗あげる」って持っていた甘栗を差し出すと
「こりゃ~かえって悪いね~」だって。

大阪のおばちゃんはホントいろんなものくれます。以前は地下鉄千日前線で、たわし をもらいました。
飴ちゃんをくれるくらいは序の口。たわしをもらった日はほんと不思議な日でした。
おばちゃん、何かあげたかったけど、たわししかなかったんだね。 でも私だったら
たわししか手元にないときはなんか考えてしまって結局あげないで終わってしまいそう。

今回はゆで卵をくれたおばちゃん… 私も将来、手元にあるものを何でも渡すおばちゃんに
なるのでしょうか?

ゆで卵は無事山梨に着き、今冷蔵庫でしょうゆに漬かっています。

■ 日本的 高速道路

それにしても、高速道路って退屈で疲れますね~。山に登ってると大阪や東京から来た、という
人たちに会います。聞くと運転○○時間、車中泊で時間を浮かせて来ました~って人も多いけれど
本当に尊敬します。 運転6時間のあと山なんて登る気になれません。

運転って、あまり運動はしないので、運転直後はあまり体そのものは疲れていないようで
体は動いてしまうんですけど、しばらくするとあがっていたテンションが下がってきて
ぐったりとした疲れが襲ってきます… 

なんだかんだといって時速100km以上は出しているので精神面で緊張しています。
スピードもさることながら、安全のためには、車間距離を開けたり、車線変更したり、
追い越してくる車には道を譲ったりと、色々な気遣いが忙しいんですよね~

こんなの車が多い日本の高速だけです(笑) 私の運転デビューは海外で、フリーウェイを
運転するものでしたが、道自体が4車線くらいあり、前方にあまり車がいないのであまり
車間距離など気にかける必要はないのがほとんどでした。

日本ではあわや!ということもありえる団子状になった車列もよく見かけます。
誰に言われたでもない見知らぬ車同士のはずなのに、車列を組んで、一定速度で走っている
車の団子を見ると日本的だなーと思います。

みんな一緒の速度なら安全。けれど、誰かが速度を変えるととたんに危険。
主体性より、協調性が安全の担保です。  
ペースメーカーの先頭車は大変。一番最後の車が一番見通しもよく楽。だから
基本みんな後ろにつきたがっているようですよね。

私は主体的安全派なので、車団には加わらず車間距離を開ける派です。最低100m。
すると目の前にすぐ入ってくるのですよね。不思議なのは右から入ってきてなんで
ブレーキ踏まないといけないくらい近くにはいってくるのでしょうか…?

今回は走りなれた中央道だけでなく、名神や阪神高速も走ったのですが、気を使って疲れました。

帰りは諏訪湖SAで一風呂浴びました。天然温泉といっても塩素臭もあり、
浴槽も小さく、温泉気分では、あまりおススメという感じではありませんが運転疲れの
リフレッシュには風呂はもってこいです。もっとたくさん、こういうのがあればいいのに。

PA、SAは仮眠室とか、昔の客船の3等質の雑魚寝みたいなのでもいいからあれば
交通事故が減るだろうと、思いました(笑)。




菜食者も蔓牛

2011-12-18 17:44:51 | 東京&大阪
久しぶりに谷八の家に帰ったので、我が家の近所の高級焼肉店、
蔓牛にいきました。

ここのお肉、ホントにおいしいんですよ~。何が?って”あっさり”しているんです。

もう最後に食べてから4年もたつけれど…ホント蔓牛の肉の扱いは、日本のすし屋が
魚を扱うのと同じ扱いです。

毎度のカウンターでいただきました。

まずは炭火。 まっかっか。

肉はショーケースに。

意気のいいお兄さんが目の前で肉をカットしてくれます。まるですし屋。

ここの作業方法を見ていて、家でまねしてみたら肉がおいしくなりました。(家のはスーパーの肉だけど)

バンバン食べます。 サンチェもゴマの葉もあります。 

前から思っていましたが、ここは人がいい感じ。 職人気質とこの仕事が好きなんだろうなぁという感じ。 お客さんに対する感謝の心も感じます。

冷麺を頼むと威勢のいい掛け声が裏から流れてきます。冷麺、麺を練るのがとっても
熱くて力がいり、それで周囲が励まして掛け声をかけるんだそうです。

その甲斐あってか冷麺は常連が絶対頼む絶品なのです。

ああ~おいしゅうございました☆

肉を食べるなら、こういう良い物をほんのちょっとにしておくことですね。