スリーウェイシリンジ用、人気カテゴリ、 歯科医療従事者向けの歯科器材紹介

スリーウェイシリンジ用、人気カテゴリ、 歯科医療従事者向けの歯科器材紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

正しく使おう入れ歯安定剤 適量守りきれいに除去を

2018-08-31 10:51:12 | 日記

 義歯(入れ歯)がぐらついたり、浮いたりすると頼りたくなるのが入れ歯安定剤だ。だが、不適切に使うとかえって健康を損なう恐れがあると専門家は指摘する。合わない入れ歯はまず歯科で調整してもらうのが原則。業界団体も、使い方を守り、使い終えたらその都度、口中と入れ歯からきれいに取り除くよう呼び掛けている。スリーウェイシリンジ

 

◆清掃に苦労

 

 入れ歯安定剤は毎年約120億円を売り上げる人気商品。シートタイプ、粉末タイプもあるが、隙間を埋めるクッションタイプ、粘着性のクリームタイプというチューブ入り製品がシェアの大半を占める。ただ、これらは歯科医療、介護の現場で「清掃に苦労する」と評判が良くない。超音波スケーラー

 

 高齢者が多く通う愛知県大府市の国立長寿医療研究センター。歯科衛生士によると、口中や入れ歯に取り残しの安定剤がこびりついているケースがある。ブラシで取れないと指にガーゼを巻き付けてこすり取る。無理をすれば粘膜を傷つけかねず、患者自身が「もういい」と諦める例もある。

 

 同センターの角保徳(すみ・やすのり)歯科口腔(こうくう)先進医療開発センター長は「入れ歯は本来、そのまま使うものです」と話す。入れ歯は残った歯や歯茎、顎の骨の状態などに厳密に合わせる。不適切に安定剤を使えば、均等に力が加わらずに顎の骨が痩せ、入れ歯を支えられなくなる懸念もある。日本補綴(ほてつ)歯科学会ガイドラインでも、安定剤は歯科医の管理下で、短期間の使用が好ましいとされている。

 

https://luccye1.ti-da.net/e10681154.html

コメント   この記事についてブログを書く
« 会見で、日本歯科医師会の堀... | トップ | スマホアプリと連動して磨き... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事