スリーウェイシリンジ用、人気カテゴリ、 歯科医療従事者向けの歯科器材紹介

スリーウェイシリンジ用、人気カテゴリ、 歯科医療従事者向けの歯科器材紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

子どもの歯の矯正の実態

2018-01-04 10:47:20 | 日記

7歳の子どもなんですが、「下の前歯がデコボコになってしまった」と30代の女性から相談されたことがありました。顎の大きさ(スペース)に対して歯が大きいなどのいろいろな要因が考えられますが、下の前歯は子どもの歯(乳歯)に隙間(霊長空隙 primate space/発育空隙 developmental space)がないと、大人の歯(永久歯)になったときに、デコボコ(叢生/そうせい)になりやくなります。歯面清掃用ハンドピース

 

子どもの歯(乳歯)とその隙間は、大人の歯(永久歯)が並ぶスペースを確保しています。逆に言えば、子どもの歯(乳歯)がむし歯になって早く抜けてしまうと、大人の歯(永久歯)がはえるスペースがなくなり、大人の歯の歯並びに影響することもあるのです。ホワイトニング機器

 

歯並びが乱れる原因は、歯が大きいもしくは顎が小さいなどで大人の歯(永久歯)が並ぶスペースがなかったり、歯を動かす力が加わったりするからです。つまり、子どもの歯(乳歯)の頃に行う矯正治療は、大人の歯(永久歯)の並ぶスペースを確保したり、指しゃぶりや口呼吸などの歯並びに悪影響を与える癖を正したりする予防(抑制)矯正です(4)

 

一方で、79歳頃には上の前歯(上顎切歯)に少し隙間が空いていても大丈夫です。この時期は「みにくいアヒルの子の時期(ugly duckling stage)」と呼ばれ、隣に2番目(側切歯)3番目(犬歯)の大人の歯(永久歯)がはえてくると、横から押さえれて隙間は閉じていくからです(閉じないときには、顎の骨に余分な歯<過剰歯>が埋まっていることもあります)。子どもの歯並びが気になる方は、大人の歯(永久歯)が生え始める57歳の間に一度、矯正歯科の認定医や専門医に相談してみてくださいね。


http://teeths.prtls.jp/entry.html?did=d214a27e7e213d

コメント   この記事についてブログを書く
« 中高年男性の更年期障害にも... | トップ | 健康保険が使える矯正治療の... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事