スリーウェイシリンジ用、人気カテゴリ、 歯科医療従事者向けの歯科器材紹介

スリーウェイシリンジ用、人気カテゴリ、 歯科医療従事者向けの歯科器材紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

調剤報酬 かかりつけ推進へ 大型門前薬局の範囲拡大を提案

2017-10-30 11:19:04 | 日記

調剤報酬については、かかりつけ薬剤師・薬局の推進が求められる中で、かかりつけ機能を果たしていない薬局の報酬水準の引下げの適正化を求めた。歯面清掃用ハンドピース

 

2016年度改定では、チ大手チェーンに属す、いわゆる大型門前薬局について調剤基本料の引下げが行われた。しかし、実際に引下げの対象となっている保険薬局は、全体の1割にとどまっており、適正化は「不十分なものにとどまっている」と指摘。処方箋回数が平均の1158回/月を上回り、特定医療機関からの集中率が50%を超えるような門前薬局・マンツーマン薬局を引下げ対象とすべきとした。一方で、処方箋回数が平均を下回る保険薬局でも、大手調剤チェーンに属しているケースが多いことから、経営実態や収益性を踏まえた適正化の推進を求めた。ホワイトニング機器

 

また、調剤料については、調剤業務のオートメーション化が進む中で、投与日数や剤数が増加するにつれ、階段式に点数が増加する現行の仕組みを見直し、さらなる引下げを行うべきとした。そのほか、後発医薬品80%目標が示される中で、後発医医薬品調剤体制加算については基準の引上げを求めた。

 

http://teeths.prtls.jp/entry.html?did=f1cc31d117e1a1bd

コメント   この記事についてブログを書く
« 対がん計画、「予防」第一=... | トップ | 次期診療報酬改定の焦点 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事