社会保険労務士日記

ほんとうのさいわいってなんだろう?
「社会保険労務士」の存在意義を探し求めて彷徨う日々

この1週間の仕事など

2019-04-12 07:22:47 | 徒然

東京地方はここ数日季節が逆戻りしているようです
散り始めた桜越しに見える山には雪がうっすら積もってます

我がチームにもなかなか春が訪れず
昨日のルヴァンカップも退場で10人となったG大阪に対し
打てども打てども枠に飛ばず1-1の引き分けとか

今週末のリーグ戦第7節はアウェイで磐田戦
なんとかこれに勝って勢いをつけて欲しいところですが・・・

仕事は4月に入っても相変わらず

RS社の就業規則は最終確認を終え製本も完了
あとは労働者代表の意見書を待って届出のみ

PS社の就業規則は実際の賃金の算定とどう考えても一致せず
どうも現在の業務は社労士資格を持つ税理士がやってるようです

就業規則が今までみたこともないほどグダグダなのも驚きですが
専門のはずの所得税の計算も・・・さてどうしたものか

ST社の就業規則も似たり寄ったりの状況です
こちらも一応社労士が作成してるんですよねぇ

FQ社から採用取り消し者からのクレーム相談
会社の説明どおりだとすると労働者側の主張は無理筋で
解決策は提案しましたが労働者側が納得しないようで

EF社からやはり採用取り消しの相談
こちらは会社の落ち度も認めざるを得ませんが
少なくとも有期雇用契約の更新は無理でしょう
2つ案を示しどちらかを労働者に選択させたらと提案

2社とも会社側が採用したいと無理をして拗れてしまったケースで
いつも問題になる現場の採用担当の認識の甘さはもちろん
背景には深刻な人手不足があるように思います

Y社で労働者代表委員会出席
今月から新しい委員に交替ですが皆さん複数回めの選出
このやり方で10年以上やってるのでこちらも気が楽です

CE社から労働者の懲戒解雇相談
当該は会社の調査した事実を認めて処分を受入れています

本人はちゃっかり再就職先を決め採用日も決まっていて
その前日までに解雇予告除外認定が取れるかは微妙

今日は午後から外資系IA社のあっせん対応相談

相手方が外国人労働者なので独特の問題もありますが
トラブルの内容自体は良くあるメンタル休職絡み

 


 人気ブログランキング 法律・法学へ にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ  ぽちっとな

ここまでお読みいただきありがとうございます
この「社会保険労務士日記」は 
上記2つのランキングサイトにエントリーしています 
どちらもぽちっとするとランキングがちょっと上がり
私のモチベーションもちょっとアップします

コメント   この記事についてブログを書く
« 勝てない | トップ | やっと勝った »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

徒然」カテゴリの最新記事