tea bowl blues

益子の陶芸家、太田幸博
のやきものとbluesのある日

NHK・FM栃木「夕暮れとちのき堂」は本日放送。

2021-05-28 10:03:07 | Weblog

本日はNHK・FM栃木ローカル番組
「夕暮れとちのき堂」(午後6時~80.3MHz)の放送日です。

 

夕暮れとちのき堂 - NHK

「夕暮れとちのき堂って、何屋さん?」「なんでも屋さんらしいよ」「何売ってるんだろ」「うーん、とちぎの何とかじゃない?」「・・・」「行くとね、...

夕暮れとちのき堂 - NHK

 

 

栃木県のあまり知られていない魅力を、毎回とちぎゆかりのゲストを招いての生放送のトーク番組で、鳴神の「幸福と幸運」を
今期もテーマ曲に使っていただいています。
先日、益子で番組MC、加藤成史アナウンサーとお会いしましたが、テレビで拝見する落ち着いたイメージよりも、はるかに若く音楽の趣味も共通するとてもさわやかで好感の持てるお人柄でした。益子の風土にも関心をお持ちで、加藤さんの番組企画も納得出来ました。
後日「らいじるらじる」で聞く事も出来ますので、もし機会がありましたら、ぜひ一度お聴きになってみて下さい。
コメント

明日からの益子モノ市に出店します。

2021-05-21 21:24:19 | Weblog

明日、5月22日と23日は、また益子モノ市に出します。

今週も、陶器市の目玉用にストックしていたちょっとB品を超低価格で多数用意しました。

お天気は回復するらしいですし、また久しぶりの出店を楽しみたいと思います。

コメント

きょうから益子モノ市に出店しています。

2021-05-15 20:15:15 | Weblog

きょうから、益子モノ市に出店しています。
益子モノ市3日目(5/15)、本日の来場者は約1,200人と言う事
で事前予約なしでも、ほぼ待たずに入場出来るようです。
会場の陶芸メッセ芝生広場は高台の為、少し登る事になりますが
芝生の気持ちの良い広場で密にならずにご覧いただけます。
私の出店は、15,16日と22.23日という事で、
あと3日間、久しぶりの出店を楽しみたいと思います。
コメント

益子モノ市に出店します。

2021-05-03 22:02:36 | Weblog

益子町では、今年も陶器市が中止になり、連休中のテント出店は避けるよう申し合わせがあった為、

その代替に連休後の5月毎週土日に「益子モノ市」というクラフト市が開催されます。

http://blog.mashiko-kankou.org/staff/?p=18881

この時期のイベント開催ですので、時間帯入場人数制限などいろいろ規制はありますが、

久しぶりに出店機会が出来て、うれしいです。

申し込み作家も多い様で、私は初回の出店からはもれてしまいましたが、

5月15,16日(7番)と22,23日(37番)の2回、出店します。

最近の益子陶器市は作家の作品展示会の様になりましたが、

今回は、益子陶器市の原点に帰って、ほぼお買い得品のみで出店したいと思っています。

 

 

コメント

益子web陶器市に参加しています。

2021-04-30 17:32:50 | Weblog

今年の春も益子陶器市は中止になりましたので、
29日から益子web陶器市に参加しています。
全体の売れ行きは好調のようですので、
私も第2回窯出しに、少しだけ追加しました。
5月には、陶芸メッセで益子モノ市が開催されますので、
こちらは出店予定です。
コメント

2021益子web陶器市 明日から開催。

2021-04-28 23:00:20 | Weblog

https://toukiichi.mashiko.online/

益子web陶器市は、明日4月29日(木) 9:00~5月9日(日)まで開催されます。

今年も、益子陶器市は中止ですが、かなりの数の作品が出店されていますので、

ぜひご覧になって下さい。

トップページで、太田幸博と検索していただくと、出展ページが開きます。

どうぞよろしくお願い致します。

コメント

「師匠のことば~成井恒雄(ツーやん)と仲間たち」ありがとうございました。

2021-04-26 20:23:55 | Weblog

道の駅ましこで開催されました「師匠のことば展」4月25日、無事終了致しました。

陶芸家のことばを展示するというユニークな企画でしたが、

再訪される方もいて大変ご好評いただきました。

師匠、成井恒雄(ツーやん)のことばを読んでいると、この仕事を長く続ける難しさと

その為の心構えを常に弟子たちに伝えていて、

自分も気が付かないうちに、ツーやんの心構えを継承してここまで続けてこれたなと

思います。

出来れば師匠より長生きして、もっと出来のいい作品を残して恩返ししたいと思います。

会場に飾られたツーやんの細工場は、40年前と変わらずとても懐かしい風景でした。

細工場の軒先。

メインの登り窯。

4台並んだロクロ台。ツーやんは真ん中。私は右隣で修行しました。

右の湯呑はツーやん。左は同じ技法の面取りで制作した私のカップ&ソーサー。

卒業して36年経って、初めて師匠と一緒に作品展示出来ました。

コメント

益子WEB陶器市  益子モノ市 に出店します。

2021-04-15 23:36:52 | Weblog

*粉引窯変茶碗。(13cmx13cmx8cm  286g)

コロナ禍の為、益子陶器市はこの春も中止が決まりましたが、代わりのイベントが

開催され両方とも参加予定です。

〇益子WEB陶器市 (2021年4月29日(木)09:00~5月9日(日)17:00)

〇益子モノ市

2021年5月8日(土)~9日(日),5月15日(土)~16日(日),5月22日(土)~23日(日),

5月29日(土)~30日(日)

場所:益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子 芝生広場(栃木県芳賀郡益子町益子3021)

時間:10:00~16:00(雨天決行)

益子WEB陶器市 には、写真の様なものを出品予定です。

*粉引窯変茶碗(13cmx13cmx8cm  261g)

 

*粉引窯変平茶碗。(16.5cmx16.5cmx5cm  293g)

*青磁釉茶碗((15.8cmx15.8cmx5cm  333g)

灰釉俎板皿(46.5cmx20cmx6.5cm  1660g)

 

 

コメント

「師匠のことば~成井恒雄(ツーやん)と仲間たち」好評開催中

2021-04-13 08:58:37 | Weblog

道の駅ましこ」で開催されている「師匠のことば~成井恒雄(ツーやん)と仲間たち」

新聞各社にも掲載いただいて概ね好評のようです。

4月11日は、ロクロ実演を担当している佐藤さんに代わって、

他の弟子達がロクロを廻すという事で行ってきました。

棚にさしていた弟子の誰かが作った茶碗をみると、私の頃とは口の処理が違うので、

ちょっと気になりました。

口辺を、二重に巻き込んでいる様な厚い処理をしているので、何故かなと思い訳を聞いてみると

口辺を丈夫にする為という事でした。

確かにツーやんの後期の茶碗には、そういうものが多くあり、

私は、どこまでも広がる潔いロクロを教えられたので、広がりを先端で抑える事は

あまり好きじゃなかった。なのでその頃の茶碗は所有していませんが、

御所丸や丹波の茶碗には、そういう処理がありますので、きっと何か訳があったのでしょう。

登り窯の焼き方も、時代によって弟子たちの話が違うので、

ツーやんにもいろいろ変遷があった事を、今回、改めて知る事ができました。

私も、独立してから25年以上経って、散歩中のツーやんから

変わった面取り技法を教わったので、師匠も晩年までいろいろ新しい事を試していたのだなと思います。

その時に教わった面取り技法で作ったカップ&ソーサー。

右の湯呑は、同じ技法の成井恒雄作です。

会場はほとんど非売品ばかりで残念ですが、やはり陶芸家は販売はするべきなので

片隅に2点だけ展示させていただいています。

左からロクロ実演に千葉から来ていた後輩弟子の、鈴木タクさんと企画展もお世話いただいた冨野博司さんと私。

 

コメント

ツーやん(成井恒雄)作品 マイコレクション(8)

2021-04-09 11:32:25 | Weblog

白泥文皿(制作年不明)

最後に、とても思い出深い一枚。

黄土を掛けた上に、白泥で文様をつけた中皿です。

ツーやんは、みんなで集まって話す事が好きで、毎週のように夜、

誰かの家に一品料理を持ち寄っては、いろんな話をしました。

私の住んでいた一軒家のアパートでも度々、宴会がありました。

ある時、ツーやんはこの皿に、奥さんのみさ子さんの料理を盛ってやってきました。

重いと定評があった成井系の器の中で、とても薄作りでロクロの挽き具合などは、

修行中、何度も練習していたお手本のような皿でした。

「俺が昔、作った皿なんだよ。返さなくていいよ。」と言って

そのまま私の家に置いて帰りました.

昔っていつ頃なのか。私が弟子入りした1982年当時、ツーやんは43歳だったので

たぶん30代頃の作品なのかと思います。

文様は、刷毛目で使う使い古しの帚の先をバラした筆で、自分の3室の登り窯を

描いたんじゃないかと思います。

今では素朴な皿ですが、当時の民芸ブームでは味わいのあるもので、

販売を意識して、ある程度の枚数を制作したのでしょう。

私は、1985年に独立しますが、初窯でこの皿をお手本にした板皿を焼きました。

板皿はツーやんは、あまり制作しませんでしたが、成井窯一番弟子の先輩、

能登美登利さんに作り方を教わり制作しました。

先輩の能登さんと、若くして亡くなった矢口参平さんは、とても後輩の面倒見がよく、

独立まで、いろいろアドバイスをいただきました。

自分は、後輩に同じ様な事が出来た記憶が無いので、まだ恩返し出来ず申し訳なく思っています。

1985年の秋の陶器市で、益子陶芸村に初出店した時、一番最初にこの皿が売れました。

買ってくれたのは、佐野の恩田さんという方で、皿を全部購入してもらい

とてもうれしかったです。

恩田さんは、その後、「陶器 藪」というギャラリーを開き

そこで個展をやらせていただいたり、ずいぶん長い間お世話になりました。

私に陶芸家として、これからやっていく自信を与えてくれた思い出深い皿です。

 

 

コメント

ツーやん(成井恒雄)作品 マイコレクション(7)

2021-04-08 15:31:22 | Weblog

粉引茶碗(制作年不明)

この茶碗は、4年ほど前に、ツーやんの弟さんの成井清治さんからいただきました。

ある日、成井清治さんが家に訪ねて来て、「ツーやんが、まだ10代か20代のはじめ頃に作った茶碗で

ずっと持っていたけど、俺ももう歳をとったので、太田さんにあげるよ。」

とこの茶碗をいただきました。

成井清治さんは、成井家の四男で陶芸家ですが、ミュージシャンでもあります。

ハワイアンや歌謡曲のバンドでギターやスチールギターを演奏したり

自分で曲を作って歌ったりする多彩でカッコいい方です。

私も8年ほど前、宇都宮のホテルで、一度だけ演奏をご一緒した事がありますが、

スチールギターはかなりの腕前で、今も現役です。

茶碗は、焼きが甘く売り物ではなかったと思いますが、

若い頃の勢いのある作りで、見込みにも気合を感じます。

目跡が5つあるので、重ねて焼いたのでしょう。

よく焼けた茶碗もあったはずですが、これは焼き温度が低いので、

多分、登り窯の火裏に入れていたと思います。

若い頃、料亭の注文で100個、茶碗を焼いていた事もあったと話していましたが、

その話の茶碗とは違うタイプなので、どういう経緯で焼いたものなのか

聞いてみたかったです。

 

 

コメント

ツーやん(成井恒雄)作品 マイコレクション(6)

2021-04-08 09:46:03 | Weblog

片身変わり一輪花入れ(1984年頃)

黄土掛けした素地にたっぷり糠白を掛けています。

裏面は、益子青磁釉(青磁ではなく、糠白に銅を5%ほど加えたもの。)を

流し掛けしています。

型おこしで作った厚手の皿。(1984年頃)まんじゅう皿と言ってたかもしれません。

素地に黄土を掛け、文様をロウ抜きして黒釉を掛けています。

素朴な文様ですが、モダンに見える時もあり人気作品の一つでした。

この2点は、窯出しで欲しくなりましたが、ツーやんは弟子が欲しいと言うと

お金を取りたがらないので、弟子の中で中心的な役割をしていた故矢口参平さんに相談して

奥さんの美佐子さんに、そっとお金を渡して譲ってもらました。

そんな風に、私の持っているツーやん作品のほとんどは頂いたものです。

ついでにこれもツーやんから当時の弟子たちがいただいたツーやんにはレアな

焼き締めの花入れです。(1984年頃)

なんの時だったか忘れましたが、削りなしの高台切りっぱなし素焼きなしで焼き締めを試しました。

益子の土ですが、素朴ないい味わいで焼き上がりました。

販売するつもりがなく、みんな弟子や訪ねて来た人に分けてしまいました。

たぶん一度しか制作していませんが、当時の弟子たちはみな所有していると思います。

茶花を活けるととても雅味のある、あまり知られていない逸品です。

 

コメント

ツーやん(成井恒雄)作品 マイコレクション(5)

2021-04-08 09:04:45 | Weblog

粉引指描きぐい吞み。(制作年不明)

私が修行中の1984年頃、土日は、ツーやんの兄、成井藤夫さんが経営する益子陶芸村にあった

「炎の国」で販売のアルバイトをさせていただきました。

東京にいた頃は、渋谷神南町にあったジーンズショップ「ニューシカゴ」で店長として働いた経験があったので、

(当時は、第一次古着ブームで、リーバイスやアメリカから買い付けた古着がよく売れました。)

販売は好きだったし、いろいろな作品を見る事が出来たので随分参考になりました。

店では、入店したお客さんに一口、お茶を振舞うのがきまりでした。

その時に、このぐい吞みが使われ形の珍しさと益子らしい素朴さが、お客さんに好評でした。

販売価格は忘れましたが、安い方だったので、とてもよく売れました。

私の所有している作品は、ツーやんのお別れ会(平成24年)で山崎農園さんから頂いたものです。

人気があり、かなり長い間、制作していたと思います。

 

 

コメント

ツーやん(成井恒雄)作品 マイコレクション(4)

2021-04-07 23:41:29 | Weblog

茶碗。(1983~4年頃)

ツーやんは、とにかく茶碗作りが好きでした。

細工場の囲炉裏で、よく抹茶を立てて振る舞いました。

茶道を特別やっていた訳ではなく、朝鮮の茶碗の作りにとても魅かれていたようです。

見込みの広がりが大切で、外観はあとでついてくるという考えで、

とにかく中心から土を動かすという事を、毎回言われました。

たまに観る機会のある井戸茶碗を代表とした16世紀の朝鮮の茶碗の見込みは広く

わずか15cmほどの器の中に、どこまでも広がる空間を感じる事が出来ます。

多分、当時の茶人は、そういうところに禅的な魅力を感じたのかもしれません。

私も、教わった技法に忠実に、特に茶碗作りはライフワークとして今も追求しています。

この茶碗は、弟子たちの窯作りの体験に1室の薪窯を作り、初窯を茶碗だけで焼いた時のものです。

素焼きは無く、すべて並白釉生掛けで3個ずつぐらい重ねて焼きました。

焼いた後は売るつもりはなく、記念に弟子たちに分けてくれました。

窯作りと生掛けやだんごを付けて重ね焼きする技法などを、楽しみながら教えてもらいました。

私は、少し青く発色して灰も被ったこの茶碗が気に入り、いただきました。

みんなでもらった茶碗の目跡を割らない様、一生懸命きれいにした思い出があります。

 

コメント

ツーやん(成井恒雄)作品 マイコレクション(3)

2021-04-07 22:57:16 | Weblog

黒釉に糠白を掛け流した大皿。(1984年頃)

流し掛けは、濱田庄司さんも名品を数多く残している益子焼の代表的な技法で

まだ民芸ブームが続いていた当時の益子ではよく目にするものでした。

ツーやんも、いろいろな流し模様を試みましたが、これは飼育していた軍鶏やハトの足を想わせる模様です。

流し掛け技法は、本体を片手で持って下の釉薬が完全に乾かないうち柄杓で別の釉薬を上掛けるのですが、

やり直しがきかない為、迷わず思い切りよく流す必要があります。

この皿の様に、柄杓で同じ模様を連続して掛けるのは、実際にやってみるとかなり難しいです。

私が修行最後の頃、納品先の益子陶芸村から縁にキズがあるという事で返品の連絡があり、私が受け取りに行きました。

細工場に持って帰ると「太田さんにあげるよ。」と言われ卒業記念のつもりでいただきました。

お蔭で、大皿を挽く時、とても参考になりました。

 

コメント