ツーデフ奮闘記

中古トラック・中古トラックパーツ販売の(株)大隅自動車商会です。
http://www.o-sumi.net/

リニューアル

2018-04-11 12:51:01 | Weblog

大隅です。

自宅の近くのホテルが3月29日リニューアルオープンしました。

名前も「アートホテル大阪ベイタワー」に変更。

先日、どんな感じかなとチェックしに行きました。

最上階の51階のバーがビュッヘスタイルに。

入口にメニュー表があったのでチェックしていると、後ろから女性の声が。

「どうぞ店内もご覧になって下さい」

「いや、今日は入らないので」

「ご覧になるだけで結構です。ご案内します」

「そう。じゃ見せてもらいますね」

 

オープンして間がないので満席かと思いきや、結構空いている。

「今日は結構空いてるね。いつもこんな感じ?」

「ええ、まあ。でも、たくさんの方にこのお店を見て知ってもらい、多くの方に利用してもらいたいのです」

「熱心ですね。でもお客さんが少ないとやりがいもなく楽しくないでしょう?」

「そうなんです。だから、このお店をお客様でいっぱいにしたいです」

1階のロビーの方はどうなのかと思い降りてみると、人もまばらで、中国人観光客らしい人が5~6人のみ。

リニューアルしたのに、これで採算合うのかな?と思いながらホテルを後にした。

 でも、51階の女性スタッフには感激した。

自分のお店のように大切に、しかも自分がお客様を呼び込むことで、自分も店のスタッフも接客や調理をし、

お客様がおいしそうに食事を楽しんでいる姿を見て、喜びを実感できるからだ。

 

仕事が暇なことほど辛いものはない。

だから誰かが「なんとしてでも」という気持ちで行動しなければならない。

彼女の必死さも伝わったし、「よしっ、近い内に家族で来よう」と思った。

お店を愛し、全スタッフのためになんとかしなければという愛社(店)精神もしっかり感じた。

素晴らしいフロントスタッフだ。

 

もうひとつ。

神戸三宮JRの高架下にある、名前は伏せるが、ローストビーフ丼で有名なお店。

以前はお店の前だけではなく、少し離れた道路の所にまで凄い行列ができる店。

先日、その店の前を通りすがると行列がない。

休みかなと思ったが営業している。

お客さんも少なく、すぐ入れる状態。

何があったのかはわからないが、ここまで変わるものなのか

余りにも変わり過ぎていたので怖さを感じた。

お客様が少なく、活気がなく、お店が繁盛しないほど辛いものはない。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 新年度 | トップ | 10年後の理想の未来像 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事