ツーデフ奮闘記

中古トラック・中古トラックパーツ販売の(株)大隅自動車商会です。
http://www.o-sumi.net/

ありえない

2013-01-27 19:13:48 | Weblog

大隅です。

せっかくの連休も東京での会議出張で終わってしまいました。

来週の日曜日も次女の受験での送迎です。

ところで、いつも神戸に行ったときに泊まっているホテルの話ですが、

先週の木曜日にマレーシアから2人お客様が来られた時に、このホテルに一緒に泊まりました。

そのお客様と神戸で食事し、ホテルに戻って2階に大浴場があるので、行こうか迷いましたが、

少し風邪気味だったので、夜入るのはやめて、翌朝部屋のシャワーを浴びることにしました。

 

朝起きて、ユニットバスに入りお湯を出そうとしましたが、10分経っても冷水のままで、

いつまでたっても一向にお湯に変わらない。裸のままなので震えがきた

何じゃこりゃと思い、たまらず服を着て2階の大浴場へ。

しかしその大浴場のシャワーもちょろちょろとしか出ず、しかもぬるい。

いつもはこんなことはないのにどうしたんやろうと思いながら、もしやと思いお客様に電話を

すると、1人は30分出し続けてやっとお湯に変わった。もう1人の方は、仕方がないので

冷水のままシャワーを浴びたという

私1人だけならなんとか我慢できたのだが、マレーシアからのお客様が来た時にこんなこと

になるなんてと無性に腹が立ち、一気に怒りが最高潮に達し、ぶち切れてしまいました。

ネットで宿泊予約をした時に、いつもより500円安くなっていたので、客数が減ってるのかなと

思いましたが、こういう理由だったんだなと理解できました。

 

チェックアウトの時、フロントの方に「最近お客さんが減ってはいませんか?原因はわかって

いますか」と強い口調で聞くと、1月はさっぱりな状態であり、原因はわからないという返答。

「部屋のシャワーのお湯が出ない。私のお客様も水のまま浴びた。真冬の寒い時にどうしてくれるんだ。

お客様をこんなホテルに泊めて恥ずかしい。部屋のシャワーのお湯が出ないなんてありえない。

お湯が出ないことを本当に知らなかったのか

フロントマンの解答は、実は知ってはいたが、社長に言っても修理してくれなくて困っている

とのこと。

「レストランをおしゃれにするために改装費を使うくらいなら、修理を優先して下さい。

こんなことでは潰れますよ。それからきちんと修理ができないなら、私はもう2度と泊まりません」

私はお客様に深くお詫びし、ホテルを出ました。

他のお客さんの「俺の部屋もお湯が出なかったぞ」という罵声が背後で響いていた。

 

本当に悪いのは、フロントの人ではなく、このホテルの責任者である社長である。

だが、お湯が出ないのを知っていて黙っていることを許すことはできない。

お気に入りのホテルの社長や本質は、実はこんなものであったのかと非常に残念である。

このホテルの社長を知らないが、どういう神経をしている人なのか会ってみたいものである。

ただ私としては愛着もあるので、なんとか社長が改心して、いいホテルになってもらうべく、

必死になって信用を取り戻してもらいたい。

 

ホテルを出た後、寒気がひどくしんどくてふらふらだったので、病院に行くとインフルエンザに

かかっていた

 

コメント   この記事についてブログを書く
« セミナー | トップ | 支持される会社 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事