ツーデフ奮闘記

中古トラック・中古トラックパーツ販売の(株)大隅自動車商会です。
http://www.o-sumi.net/

待たされる気分

2019-11-06 07:23:31 | Weblog

大隅です

先日のこと

私が体のケアも兼ねて通っている整骨院。

夜7時に予約していたのを勘違いして夜8時に行ってしまい、大幅遅刻

迷惑を掛けてしまいました

いつもは腰の牽引、電気治療、ウオーターベッドにマッサージから針治療で約1時間。

夜8時から始まると大体9時頃には終了するが、その日たまたま混んでおり、待ち時間も長め

夜9時の時点で、メインの治療であるマッサージと針治療が残っており、ベッドで待たされている状態

遅刻して早めに帰りたいと思っている私も勝手だが、ベッドで10分以上待たされると、少し苛ついてくる

「すみませんもし担当の〇〇先生が忙しいのなら、手の空いている他の先生でも結構ですが」と言うと、

「わかりました」と言ったまま反応がない

15分経過したので、もう待てないと思い、服を着て帰ることに

 

お客は勝手なもので、自分が遅刻しておいて、待たされると気分を害し帰ってしまう

ひょっとして私の会社でも同じようなことが、起こっていないだろうか

会社に置き換えて考えてしまう。

私の会社でも数年前に、お客様からの問い合わせに対し、早い返事を心掛けよう

とのことで、下記のスタンプを作った。みんなの提案からの改善策だ

お客様満足度を上げるため、少しでも早い対応をするためのフロントマンの意識改革にも繋がる優れ物グッズだ

しかし実際には、下の確認印欄に社員のサインは入れど、受けた時間と返した時間はずっと未記入のまま

改善案が生きていない せっかく作ったのに

 

私が整骨院で嫌な思いをしたことが、私の会社でもお客様に対し、やってしまっているのかも

何度も「受返時間を書き込みませんか」と社長の私がフロントマンに注意喚起してもやらない

今期業績低迷していることがわかっているにも関わらずやらない。

以前書いた「当事者意識の無さと責任感の希薄と問題である原因の究明ができていない」証拠だろうか

すべきことをして、もっともっとお客様満足度を上げないと、益々お客様が離れて行きかねない

私の社員教育も、まだまだ道半ばである

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 幸せですか? | トップ | 温度差 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事