沖縄良いとこ一度はめんそ~れ!!

沖縄の美味しい、楽しい、嬉しいを。。。たまには番外編も。
ichise.sunset@gmail.com

安波のサキシマスオウノキ

2018-10-17 19:19:19 | 沖縄の観光・遊び・ゴルフ

沖縄県指定天然記念物(植物)。


案内板によると
マングローブの後方や海岸湿地に
生える常緑の高木で、板根(板の形を
した根)を発達させることで知られて
います。種子は海水に浮き、海流に
よって分散します。世界的には
アフリカ、ポリネシアから熱帯アジア、
ハワイにかけて広く分布していますが、
日本国内では奄美大島から南の地域に
限って見られます」


種がゴロゴロ転がっていました。


比較するものがないのでわかりずらい
ですが長さは4cm前後でかなり大き目。

これがプカプカ海を漂いハワイや遠く
アフリカまで到着するなんて素敵♪

ポケットにいくつかこっそり忍ばせた
のは言うまでもありません。


そしてこれが特徴的な板根

重硬なため、かつては船の舵として利用
されていたそうです。

樹齢は200年以上。200年前の1818年は
日本は江戸時代(第11代将軍徳川家斉)で、
アメリカの星条旗の星の数もまだ20個。
(星の数は州の数が増えるごとに増加、
現在は50州)

今更だけど・・、200年は長い。
『沖縄県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 新川ダム | トップ | HPが完成しました! »
最近の画像もっと見る

沖縄の観光・遊び・ゴルフ」カテゴリの最新記事