「東濃リニア通信」    <東濃リニアを考える会>

国土交通省がJR東海のリニア中央新幹線計画を認可しました。このとんでもない暴挙は、必ず歴史が証明します。

神奈川県内「公聴会」記事! 「家田仁氏」講演会!

2014年01月17日 08時36分43秒 | 日記
 おはようございます。
 ネットワークの仲間から送っていただきました。神奈川県内の新聞各紙「公聴会」の記事です。
   
 神奈川新聞のローカルニュースカナロコです。

 同じく送っていただきました。神奈川県内の期成同盟会が「近未来の広域的交通ネットワークの姿と神奈川県域の地域ポテンシャル」と題して、本日、茅ケ崎市民文化会館で「家田仁氏」の講演会を行う案内ビラと、会場付近で配布予定の「リニア新幹線考える東京・神奈川連絡会」のビラです。
     
 ご存じのとおり「家田仁氏」は交政審の「中央線小委員会」の委員長でした。東大工学部卒で国鉄に就職しています。
 「中央新幹線小委員会」を20回中、19回傍聴した「橋山禮治郎さん」によりますと、ほとんど実質審議はなく、淡々と進められたそうであります。そして最後の答申のときの家田氏の言葉を「危ないリニア新幹線」という著書の中で次のように表現しています。
 「▶驚かないで頂きたい。東北大震災・原発事故直後の大混乱の中、2011年5月12日家田委員長から大畠彰宏国土交通大臣(当時)に出された答申の一部である。 『わが国の新幹線は、安全性、信頼性、省エネ性、ネットワーク性、定時性、建設費用の点では優れているが、リニアの方が高速性で優れているのでリニアが適当である。』黒を白というのは、まさにこのことである。これほど欺瞞と無責任で固められた恥知らずの政府答申を筆者は知らない。国民への屈辱である。」
 また、 家田氏は、「中央新幹線小委員会」が中間答申を出して「パブリックコメント」を募集している最中に 、建設業界の新聞に「リニア推進論」を展開する記事を投稿するという非常識極まりない行動もありました。

 「リニア新幹線を考える東京・神奈川連絡会」と「リニア新幹線を考える相模原連絡会」の皆さんは連日にわたって奮闘されています。敬意を表します。
                                                 以  上
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「第2回中津川市環境保全審... | トップ | 赤旗記事! 岐阜県・愛知県... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事