むさしのけん

還暦を過ぎて剣道を再開した男の物語

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

無刀跳躍素振り

2016-02-27 08:24:54 | スポーツ
出来上がったむさしの姿勢を、不動の物にする為、久しぶりに、電柱押しと裏山登りをしました。すがすがしい気分で、飯盛山に登りました。コンパス歩きの力の入れ具合が変わってきました。両足腰は、其々上半身と一体化した、ねじり絞りを入れるようにしました。独立した、力の流れ、気の流れの、肩までの、足の延長としての上半身を、目指しています。頂上近くの、小さなお社に、姿勢剣道復活と、妻の健康回復、二つのお礼を言いました。
姿勢矯正のための、コンパス歩きの、上半身の、捻じり絞りが、突然変異したむさしの姿勢を作るのに、一番大事な鍛錬、その原因であったことに気づきました。この鍛錬が、知らず知らずのうちに、むさしのけんに近づいていたのです。何年にも及ぶ、コンパス歩き、ガニ股コンパス歩きは、長年に渡り、背中腰の絞り粘りの筋肉細胞を、作ってくれていました。そして、この鍛錬は、これからの、むさしにとって、かけがえのない宝物となって残りました。
ふと考えれば、高校時代の突然変異の、今と同じ、大きな原因の一つを見つけました。昔、打たれて痛めた右手を守る為、必死になって、小手抜き面を覚えました。一歩下がって小手を抜き、ほぼ同時に、前に出て、面を打ちます。このとき、出るための力気エネルギーを、下がりながら、足腰背中に、集中溜めます。これは単なる早や素振りですが、もう一つ、腕肩足腰を鍛えるための、足幅をしっかりとる、以前述べた、尾骶骨跳躍素振りをしました。竹刀を2本持つ2刀跳躍素振りも取り入れました。2刀の竹刀が尾骶骨まで届き、肩の関節が、目いっぱい、後ろに捻じられ、肩甲骨・肩からも、背中腰に、押し込められた力気エネルギーが、生み出されます。これは、最近続けている、絞りねじりを入れる、無刀跳躍素振りと全く同じ動き働きです。こうして、むさしのけんは、偶然ではなく、必然的に、復活への、突然変異が始まったのです。
跳躍素振りで、今まさに打って出ようとする時の、爆発する時の、足腰背中首の後ろ側に、力気の溜まった瞬間の、姿勢こそが、むさしの目指す往年の姿勢です。例えば、弓を目いっぱい引いた状態、弦をいつでも放てる状態、全身に、力気が満ち、溜めの有る状態、これそが、むさしの姿勢です。弓なりの姿勢と、むさしは勝手に名付けました。

ジャンル:
スポーツニュース
コメント   この記事についてブログを書く
« 黄色い満月 | トップ | かつぎ小手封じ小手 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事