むさしのけん

還暦を過ぎて剣道を再開した男の物語

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

終わりが近づいて来た

2018-05-27 21:34:16 | スポーツ
自我妄想、我田引水のむさしのけんのブログ、今月いっぱいで一旦、終了することになりました。長い間、ご愛読ありがとうございました。将来いつか、再開することは有りえますが、現時点では、断定できません。妻の再入院以来、何も考えられず、茫然自失、何の未来も、見渡せず、生きて来ましたが、これからの残りの人生を、無駄に、パソコンの前に、座っていること自体に、もう閉口飽き飽きしてきました。思い切ってインターネット自体を止めることにしました。ついつい座ってしまう、ブログもメールも、動画も、全て、断ち切ることにしました。残りの人生を、別の何かに向かって、創作意欲を持ち、創造的な細胞活性化した、新たな人生を送らなければと考えました。
幸い、むさしには、剣道以外にも、社交ダンス、絵画、音楽、歌、作詞作曲等趣味は豊富です。とりあえず、近くのセンターに行き、今まで経験のない彫刻をしてみようと考えています。昔から、仏像等の彫刻には興味がありましたが、自身でノミは持ったことはなく、ゼロから始めるには、一番身近で、簡単で、場所も道具も最小で済む、彫刻、いいかなと考えています。
今度の水曜日の、大先生方々の道場での稽古の後で、最後のブログを書こうと思って居ましたが、水曜日に予約が入り、剣道には行けなくなりました。今日の近くの道場での調整稽古が、このブログに書ける、最後の剣道の稽古になりました。
今日は、ぐっと、腰に気を力を入れ稽古しました。初めて、両腰臀部の力筋肉を感じながら稽古しました。やっと繋がった左太腿と股関節臀部左腰の筋肉細胞の鉄の塊り、一体感を感じ取ることができました。とても懐かしい臀部腰と臍下丹田の細胞エネルギーの塊り・・・8年かけて、やっと、このエネルギーを、身をもって、感じる取ることができました。不思議な位に、一年前に、全く同じようなことのブログを書いていましたが、結局のところ、一年前は、細胞イメージで終わり、見た目に作られた、思考で終わっていました。今日初めて、腰に気を入れると、現実的に、細胞エネルギー力の塊を感じることができました。
長かったです。やっと、腰が使える、スタートラインに立てた気持ちです。このブログのテーマ、むさしの考え方、姿勢が全てという事、今でも考えは全く変わっていません。すばらしい大先生に、あれで良いと言われたこと、ここに来るのに、8年もかかりました。往年の動きには、まだまだ、至りませんが、残念ながら、具現化した球体バリヤーには至りませんでしたが、色んなイメージをしてから、ほとんどが、一年ぐらいで、完全に具現化して来ました。往年の見えない剣、むさしの剣と、何物をも、弾き飛ばしていた、むさしの気エネルギー球体バリヤー、後一年で、完全に具現化するかどうかは、解りませんですが、むさしには、完全なる古の青写真が、ありますので、細胞が覚えているので、一歩一歩近づいていけることを誓えます。
ジャンル:
スポーツ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« あれで良い | トップ | 妻の退院 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様 (吉田純造)
2018-05-29 11:34:23
残念です
自分を追い込んで理想に向かう姿に
びっくりしながら感動していました

次の世界でも頑張って下さい
奥さまをお大事になさって下さい

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事