岐阜県立大垣北高9回生の物語

昭和33年卒業 男子162名 女子185名 
 稀有の足跡を残す同期生の記録
  昭和21年国民学校一年入学

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

立川敬二君

2018-06-29 06:56:34 | 同期消息



2017年開催、大垣北高9回生関東地区同期会でのスナップ。
榊原武雄先生と立川君・旭日重光章、受章の勲章胸に輝く。
2017年4月に受章、受章間もなく同期会を開催。
同期会は立川君の受章記念祝賀会に様変わり。
ドコモ社長時の業績顕著が理由のようである。
東大合格は9回生では1人。
東大に入学するには天才か天才的努力型のタイプがある。
当然天才型、蛇足であるが天才的努力型は社会では活躍していない。
榊原先生によれば、立川君は高校時代に岩波文庫の全部を読破、
その上個々の著作内容を記憶していたという・・・・
MIT留学・東大より工学博士・2004~2013JAXA理事長。
高校時代の素顔は「天才が動き廻る」感じ・・・
ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
« 山内しず子君 | トップ | 私たちが幹事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

同期消息」カテゴリの最新記事