大沼法竜師に学ぶ

故大沼法竜師の御著書を拝読させていただく

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大沼法龍師略歴

2008-01-16 11:29:34 | Weblog
手元にある資料に基づいてわかる範囲で大沼法龍師の略歴を記したいと思う。

○『歓喜の余滴 上巻』p.23 に大正13年(1924)1月の時点で
「満28歳」という記述があることから
誕生日を迎えたばかりであれば1896年生まれ、そうでなければ1895年生となる。
インターネット上には
*1895年生(明治28年) 北九州に生まれる
の記述が見える。

○同『歓喜の余滴 上巻』p.23 に「予科が2年、本科が3年、研究科が3年」とあり
さらに「いよいよ懐しい大学を去らねばならない時がきた」とあるから
研究科卒業が1924年となる。
ここから逆算して、予科時代が1916-1918年、本科時代が1918-1921年、
研究科時代が1921-1924年となる。
インターネット上には
*大正10年3月仏教大学本科卒業
の記述が見える。

○中学は広島の第四仏教中学

○母の名は村岡美和。山口県岩国市の生。
昭和23年8月14日没77歳
大沼法龍師は「母は善知識であった」とくり返し著書の中で述べている。
また「光に向って進む者は栄え、闇に向って走る者は滅ぶ」は母の言葉だったようだ。

○敬行寺へは養子で入ったようだ。結婚前の名は村岡法龍だろう。

○妻の名前は芳子。『歓喜の余滴 中巻』p.1 に昭和2年10月の時点で
亡くなって10ヶ月とある。

○昭和51年4月17日午前5時ごろ還浄される

○南本願寺事件が有名か。
インターネット上には
宗教法人「親鸞会館」を設立、代表役員として活動。
の記述が見える。

○著書は30点

1. おやごころ
2. 思ひの侭
3. 入信の道程
4. 他力信仰録
5. 魂のささやき
6. 歓喜の余滴(三巻)
7. 歓喜の泉
8. 随想録
9. 原稿集
10. 光輪
11. 本派本願寺の危機 どちらが異安心か
12. 聖典
13. 法界
14. 明闇
15. 信仰に悩める人々へ
16. 親鸞聖人に聴く
17. 昭和の歎異鈔
18. 末代の灯明台
19. 遺訓
20. 聖訓
21. 慈訓
22. 教訓
23. 宗訓
24. 方便より真実へ 浄土真宗
25. 心の転換
26. 広大難思の大慶喜
27. 六方礼経の講話
28. 八万の法蔵は聞の一字に摂まる
29. 分陀利華
30. 宝典
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 南本願寺事件 | トップ | 真田増丸と大沼法竜 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
敬行寺花園幼稚園出身です (川添英一)
2010-03-15 23:25:56
私は花園幼稚園出身です。桃組。大沼法龍さんが園長先生でした。彼のことはかすかに覚えています。優しそうな笑顔のいい園長先生でした。祖父や祖母が彼の講話をよく田舎から聞きに来ていたようです。こんなに有名な人だとは後で聞きました。ちなみに私は昭和二十六年生まれです。
なつかしいです (酒井)
2010-12-15 10:10:14
なつかしいお名前を見つけました。
先生は毎年2回福井県に来られました。毎回、約1週間滞在され、県下各地の在家のお宅で布教されました。
どこのお座敷でも廊下にまで人があふれ、100名以上の方々が真剣に聴聞されていたのを思い出します。
現在は、何もかも困難な時代ですが、先生のお言葉は光となって行く道を照らしてくれています。
Wikipediahに大沼法龍の項目がないので、加筆しました。 (Tennjinnbosatu)
2012-03-11 17:12:05
大沼法龍 Wikipediah
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B2%BC%E6%B3%95%E9%BE%8D

Wikipediahに大沼法龍の項目がないので、
加筆しました。
間違いがあれば、編集等よろしくおねがいします。
同士連絡したい (黄金バット)
2018-08-20 16:08:24
同じ心で学ぶ会発足あいたいです。ある団体の妨害予防に連絡厳重にしています。なんらかの方法であいたいです。。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事