おんせんたまごの温泉日記

東北の温泉・山・お蕎麦を中心に、お気楽主婦の日常をつづったブログです。


利久の牛タン 極(きわみ)

2018年08月08日 | グルメ
遠くからの友人、親戚が来た時は牛タンを食べる事が多い。
みんなもそれを楽しみに来る。

以前、埼玉の友人が来た時に牛タンは好きじゃないと断られた。
それでも無理やり連れて行ったら、今まで食べた牛タンと全然違うと言って絶賛。

妹たちとは前回、伊達の牛タンに行ったが今回は利久へ。
人数が多いので席を予約しておいた。

みんな、分厚くて柔らかいという「極」を食べると言う。
牛タン自体高いのに「極」なんてとんでもない。
しかし、自分だけ普通のを食べるのも損した気分だ。
全員「極」を注文。

夜の定食には小鉢が付いてくる。
こんな物要らないからその分安くして欲しい。。。


生ビールは390円也。
お通しは要らないと断る。


極3枚定食登場。
麦ごはん、テールスープと先ほどの小鉢が付いて2310円也。



「極」の牛タンは本当に分厚くてジューシー。
美味しい!!!
何度「美味しい」を連発した事だろうか。



因みにこちらが普通の牛タン。
660円の違い。



孫は牛タンだけでいいと言うのでご飯、スープは無し。
彼女が残すのを期待して待っていたのに全部食べた。


極を食べたら普通の牛タンが食べられなくなるのではないか・・・



『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 蔵王のお釜 | トップ | 会津鶴ヶ城 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがたみが薄れてくる・・ (山形しみん)
2018-08-09 20:09:21
自分も遠方から来る友人には決まって牛タン連れていきます。そしてまずみんなに喜ばれます。

が、利休ですと大阪や東京に何店舗か構えているので、この前地元で食べたわー、など聞こえてくる今日この頃。。

地元企業が事業拡大はうれしい事ですが、反面、地元ならではの感覚が薄れてさみしい感じもします。

まー今のご時世、大概のものがネットで手に入るので牛タンに限らないのですが。。

あと気が付けば、かなりお値段も上がっているので二人で行くと軽く5千円コースもザラだとそう気軽に行けなくなったのも重ねて寂しいところです。
同感です (おんせんたまご)
2018-08-09 21:03:25
山形しみんさん、牛タンはみんなに喜ばれます!
私も来客がある時しか食べません。

高くて普段はとても口にできません。
仙台に来た頃は1000円以下でしたよ~
今や高級品です。

コメントを投稿

グルメ」カテゴリの最新記事