おんせんたまごの温泉日記

東北の温泉・山・お蕎麦を中心に、お気楽主婦の日常をつづったブログです。


蔵王温泉 川原湯共同浴場

2018年07月08日 | 山形県の温泉
蔵王温泉でお気に入りの川原湯共同浴場。
ここも200円也の入浴料。

先客なし。
独泉がつづくラッキーな日。



オッ、久々に熱い湯だ!!!
ここ数年は誰もが入れる温度になってガッカリしていたのだ。
昔は45、6度あってジンジンするのを楽しんでいた。
川原湯の香りは独特で好きだ。



今回は44,5度くらいありそうだ。
久々の感覚。
昔と比べたら加水量は倍以上だ。



足元湧出の新鮮なお湯はこちらに流れ出す。
そこは硫黄成分でクリーム色に変色。



透明だったお湯が出る時には微白濁。
細かい湯の花が舞っているのだ。


蔵王温泉で一番好きなお湯!!!

川原湯共同浴場源泉
酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉
48・1℃ PH1・45
『山形県』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 蔵王温泉 下湯共同浴場 | トップ | 蔵王温泉 堺屋森のホテル ヴ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (この辺の湯トラベラー)
2018-07-08 11:15:13
私も一昨日入ったところです。
男湯ではホースで水を注ぎ口から湯船の外に流すことができるようになっていて、以前のようなピリピリ感を楽しむことができました。
蔵王温泉で一番好きな湯です。
Unknown (おんせんたまご)
2018-07-08 16:40:48
この辺の湯トラベラーさん、こんにちは。
久々に昔の熱いお湯になっていました。
女性風呂はこの写真の通り、水を外に流せません。
私も蔵王ではここが一番好きですよ!
Unknown (yousien)
2018-07-08 21:07:55
こんばんは
最近気づいたことですが、ここの泉質が変わっていました。つい最近までの酸性・含鉄・硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉から鉄が抜けたようです。
同じ源泉でも時間の経過により変化するのも興味深いです。
入浴する方からすればあくまでも川原湯共同浴場のお気に入りの湯には変わりはないですが。
Unknown (おんせんたまご)
2018-07-09 07:58:30
yousienさん、おはようございます。
自分のブログでも少しは含鉄となっていました。
今は含硫黄ですね。
その違いもわからずに湯に浸かっている私です。

コメントを投稿

山形県の温泉」カテゴリの最新記事