おんせんたまごの温泉日記

東北の温泉・山・お蕎麦を中心に、お気楽主婦の日常をつづったブログです。

紅葉の泥湯温泉 小椋旅館へ 

2020年10月30日 | 秋田県の温泉
泥湯温泉のこの宿に泊まるのは2回目。
先月「ゆざわに泊まろうキャンペーン!」で1人5000円の補助。
ここは自炊の宿で5000円以下の宿泊料のため、ビール2本付いてタダ!

9月に泊まった時にとても気に入って、帰りに今月分を予約。
キャンペーンは9月いっぱいだから今度は有料だな。。。
それでもお湯は良いし、何しろ落ち着く。
我が家気分で滞在できて何度も温泉に入れる。


1ヶ月ぶりの小椋旅館。
周りはすっかり紅葉。



本館向かいの「山の湯」が私達の宿。
お風呂もこちらにあり、日帰りの人が訪れる。


女将さんがビールを持ってこちらにいらした。
この日の宿泊は私達だけだとおっしゃる。
そして、何と何とそのキャンペーンが延長になっていて今回もタダ。
ラッキー!!!


お部屋も前回と同じ。
「寒いから布団をたくさん出しておきました」



ストーブも登場。



紅葉が見たくてこの日を選んだ。
まさに紅葉ドンピシャの泥湯温泉。








土鍋持参で夜は鍋料理。
途中の岩出山で買ってきたお刺身と家から持参のナス漬けや枝豆など。

朝はパンやフルーツ、ヨーグルト、珈琲などで簡単に。
女将さんが朝に届けてくださった黒たまごもいただく。


通常、宿泊は2組までだそうだ。
やはり、他にお客さんがいたら気を使うだろうから私達だけで良かった。
お風呂もトイレも我が家気分だ。

テレビもWiFiも無い、なんにも無い。
ただ、ひたすらお湯に浸かってまったり。
やさしい女将さんの人柄にも惚れてまた行きたいと思う宿である。

      お風呂編につづく   

コメント   この記事についてブログを書く
« ほほえみの郷 観音湯 | トップ | 泥湯温泉 小椋旅館 お風呂編 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿