おんせんたまごの温泉日記

東北の温泉・山・お蕎麦を中心に、お気楽主婦の日常をつづったブログです。


青根温泉 じゃっぽの湯

2018年02月16日 | 宮城県・その他の温泉

久々の青根温泉。
仙台の自宅から1時間以内で行ける温泉。
標高が500m、さすがに雪景色だ。



当初の目的はお気に入り「名号館」
しかし、公衆浴場・じゃっぽの湯の駐車場がガラガラなのを見て変更。
車が4台しか止まっていないのだ。



こんな雪の中、あまり人は来ないだろう。
独泉かもしれないとワクワク。
券売機で入湯券購入して受付に渡す310円也。
ここの受付はいつ来ても感じがよい。

独泉だと思って入ったが先客さんが2人いた。
そのお2人が出た後はしばし独泉。
1人もつかの間、その後は入れ代わり立ち代わり常に3〜4人。

最初とても熱く感じたお湯も慣れれば熱めの適温。
43~44度とみた。
ツルツルスベスベした無色透明のきれいなお湯。
久々に来て良い湯を実感した。
いつも人が多くて敬遠していた。





窓の外は青空と雪景色。
折しも強風で着雪していた雪が飛ばされていく。
誰もいなければ大きなガラス窓を開け放したい。



約1時間後に出てくると駐車場にはたくさんの車。
やはり道路が除雪されているから来られるのだ。


2時間かけて相馬市から来ている人が、遠くから来るから休憩室があればいいとおっしゃる。
休憩室がある事を教えたらビックリされた。
この写真の左側が休憩所となっている。


アルカリ性単純泉
大湯・新湯・山の湯・蔵王の湯・不忘の湯・花房の湯・新名号の湯 混合泉
52℃ pH7・5

『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ありがとう バレンタインチ... | トップ | 川音亭の寒ざらしそば »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

宮城県・その他の温泉」カテゴリの最新記事