おんせんたまごの温泉日記

東北の温泉・山・お蕎麦を中心に、お気楽主婦の日常をつづったブログです。

泥湯温泉 小椋旅館

2020年09月16日 | 秋田県の温泉
泥湯温泉には現在2軒の宿しかない。
一つは火事で全焼し、高級宿にリニューアルした奥山旅館。
もう一軒はすぐお隣の小椋旅館。
こちらは現在、自炊の宿となっている。

今回はその小椋旅館に素泊まりで1泊。
湯沢市のキャンペーンでビール付き0円というお得プラン。
本館で受付して向かいの「山の湯」と書かれた建物で宿泊。



優しさが顔に出ている女将さんがビールとタオルを持ってご挨拶。
湯沢市のキャンペーン利用に当たっての住所氏名等を記入するだけ。



2人だけなのに6畳の2間続きのお部屋。
テーブルとくずかご以外に何もない。
テレビが無いのが何より。



この日の宿泊は私達だけ。
お風呂も台所もトイレも自分たちだけ。
男女別トイレも水洗だし安心。
我が家感覚で過ごせる。


先ずはお風呂へ。
数年前に一度だけ日帰りで訪れてお湯の良さは確認済み。

カランやシャワーなど一切ない。
ホースから出る水は「止めないでください」と書かれ、終始出しっぱなし。
奥に打たせ湯が1本あるだけのシンプル浴室。





白濁ぽい茶褐色のにごり湯。
お湯の投入量は多い。
湯口だけほんのり硫黄の香りがする。
底にうっすら沈殿している湯の花が舞うと白濁度が増す。
泥湯とはここから来ているのか。。。



この日は雨。
散步に出るわけにもいかずお風呂に入るのみ。
だから早めに夕食を用意。
自宅から持ってきた物と途中に買ったもので簡単ディナー。



台所にはガスコンロが2つあるがお湯を沸かしただけ。
食器類も大小あるし包丁まな板もきれいだ。
洗剤やスポンジ、ふきんなども用意されている。



自炊の宿に泊まった事はあるが外食ばかり。
宿のキッチンで料理した事は一度もない。
持参した料理は本館台所の電子レンジを借りてチン。
そうして並べただけの夕食。


キャンペーンで頂いたビールは350が4本。
たぶん足りないとレンジを借りに行った時に買ってきた。

2人でダラダラと飲んで食べてまったりすごす。
深夜でも早朝でもいつでもすぐに入れるお風呂。
これは病みつきになりそうだ。

この宿には離れた所に露天風呂がある。
しかし、この雨だから入れないとの事。
明日、晴れたら案内するからねと女将さん。
残念ながら翌朝も雨だった・・・

10時になってチェックアウトの挨拶するために本館へ。
「雨だからもっとゆっくりしていったらいいのに」
と、やさしいお言葉。


しかし、次の予定がある。
小雨が降ってるのに表に出てお見送りしていただいた。
私はこの宿がすっかり気に入り、紅葉シーズンの予約を入れてきた。



コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 秋の宮温泉 新五郎湯 | トップ | 小安峡 大噴湯 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (デビャ)
2020-09-17 19:38:57
おんせんたまごさん,いいですね!小椋旅館。
古いけど,手入れはされている感じですね。
布団はどうでしたか?どうしても,湯治宿布団がへたっていたり,湿っていたりすると,ちょっと・・・。
あ,あともちろんエアコンって無いですよね?
残暑も落ち着いたころに泊まってみようかしら。
¥0で泊れるなんて,夢のよう!。
露天も入ってみたいです。
Unknown (おんせんたまご)
2020-09-18 09:32:41
デビャさん、おはようございます。
ここのお風呂は気に入りましたよ。
布団は特別に快適でもなく普通としか言えません。
エアコンも扇風機も無いです。
本当に何もない部屋です(笑)
露天に入りたかった~~~~

コメントを投稿