温泉逍遥

思いつきで巡った各地の温泉(主に日帰り温泉)を写真と共に紹介します。取り上げるのは原則的に源泉掛け流しの温泉です。

草津温泉 極楽館 2021年8月再訪(その2・3つの貸切風呂)

2022年05月25日 | 群馬県
前回記事の続編です。


さて、お部屋に荷物を置いたら、浴衣に着替えて1階に下り、渡り廊下を歩いてお風呂へ向かいましょう。
前回記事でも述べましたが、こちらのお宿にはお風呂が3室あり、全て貸切で利用します。なお貸切に当たって予約は不要。空いているお好みのお風呂を使うことになります。


3つ並ぶお風呂のうち「極」は右側に位置しています。以前こちらを取り上げた際の記事でも「極」に入っていますので、拙ブログで紹介するのは2度目です。


後述する「楽」や「一坪」に比べ、格子の窓が2方向に設けられている「極」は明るく、実際の床面積以上に広く感じられます。お風呂は2人がゆったり入れるサイズ。大きな○玉をぶら下げたオスの狸の石像が置かれている湯口より、お湯が滔々と注がれており、私が湯船に入ると洗い場へ勢いよくお湯が溢れ出ていきました。絶妙な湯加減のお蔭でじっくり名湯を堪能できます。


直角に位置する格子窓の角に洗い場が設けられ、その角には大日如来が祀られています。仏様に見守られながら湯浴みするのもなかなか良いものですね。


続いて「楽」と、その奥にある「一坪の湯」にも入ってみましょう。


「楽」のお風呂は「極」とシンメトリーに近い構造で、湯船の大きさもおそらく同じかと思います。相違点として「楽」は窓が1ヶ所であることと・・・


湯口の上に置かれた狸がおかめ姿のお嬢さんである点です。
このおかめ狸さんは大きな茸を抱えていて、なんとも意味深ですね。もしかしたら子宝に恵まれるのかも。


一方、「一坪の湯」は本当に1坪(2畳)、つまり約3.3㎡程度しかないコンパクトなもので、親密さを楽しみたいカップルにはもってこいかもしれませんね。狭いながらもちゃんとシャワーがあり、使い勝手に問題はありません。もちろん他の2室と同じお湯が注がれており、湯船が小さい分、オーバーフロー時のあふれ出しが豪快なので、お湯が溢れる贅沢な感覚を味わいたい方にもおすすめです。

お湯はちょっとぬるい自家源泉「大日の湯」と、町有で熱い「西の河原源泉」をブレンドさせることにより、加水することなく入浴に適した温度にしています。共同浴場も旅館も、草津のお風呂はちょっと熱めである場合が多いのですが、こちらは40~41℃ほどなので、じっくりと長く浸かっていられます。また基本成分が硫酸である草津のお湯はえてして体への刺激が強く、源泉によっては湯船へ入った瞬間からピリピリとした刺激を受けますが、「大日の湯」源泉を主体とするこちらのお湯は刺激がさほど強くなく、湯中では優しいフィーリングに包まれます。それでいて、湯船に浸かっていると心臓が激しく拍動しはじめ、全身が力強く温まります。大日様の霊験あらたかな名湯は、優しくてパワフルなのです。

私は宿泊中に3つのお風呂を何度も入って、この名湯を存分に楽しみました。
リーズナブルで且つ利便性が高く、お湯も素晴らしい。みなさんにおすすめしたいお宿です。


大日の湯・西の河原源泉 混合泉
酸性-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉 42.1℃ pH2.1 蒸発残留物1.34g/kg 成分総計1.49g/kg
H+:7.95mg, Na+:53.8mg, Ca++:67.8mg, Mg++:30.9mg, Al+++:42.3mg, Fe++:11.9mg,
F-:12.3mg, Cl-:311mg, Br-:1.4mg, SO4--:539mg, HSO4-:144mg,
H2SiO3:202mg, H2SO4:2.9mg, CO2:20.5mg, H2S:0.5mg,
(平成23年8月4日)
加温加水循環消毒なし

群馬県吾妻郡草津町草津507 
0279-88-2142
ホームページ

日帰り入浴については施設へお問い合わせください。
シャンプー類・ドライヤーあり

私の好み:★★★

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 草津温泉 極楽館 2021年8月... | トップ | 上増田温泉 砦乃湯 »

コメントを投稿