コングレス未来学会議/わたしとわたしの理想の国 (映画感想 * FRAGILE)
コングレス未来学会議The Congress/כנס העתידנים/監督:アリ・フォルマン/2013年/イスラエル・ドイツ・ポーランド・ルクセンブルク・フランス・ベ...
 
 
 
「コングレス未来学会議」:アニメがもっと革命的だったらなあ (大江戸時夫の東京温度)
映画『コングレス未来学会議』は、かなり異色のSFでした。原作はあの『ソラリスの陽
 
 
 
コングレス未来学会議 (佐藤秀の徒然幻視録)
ひょっとして脳内会議? 公式サイト。イスラエル=ドイツ=ポーランド=ルクセンブルク=フランス=ベルギー。英題:The Congress。スタニスワフ・レム原作、アリ・フォルマン監督。ロビ ...
 
 
 
永遠のロビン・ライト スタニスワフ・レム アリ・フォルマン 『コングレス 未来学会議』 (SGA屋物語紹介所)
第81回アカデミー外国語賞を『おくりびと』と争ったアニメ映画『戦場でワルツを』。
 
 
 
アニメ的快楽は夢の中 (笑う社会人の生活)
29日のことですが、映画「コングレス未来学会議」を鑑賞しました。 40歳を超え旬を過ぎた女優ロビン・ライトは絶頂期の姿をスキャンしデジタルデータを映画会社が好きなように使える契約を結ぶ。 このためロビンは演技は禁止され表舞台から退いてから20年後、映画会社が....
 
 
 
ショートレビュー「コングレス未来学会議・・・・・評価額1700円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
幻想の未来を求めて。 「戦場でワルツを」の異才アリ・フォルマン監督による、異色の近未来SF。 スタニスワフ・レムの原作「泰平ヨンの未来学会議」は未読だが、監督によると大幅に脚色されているそうな。 果たしてこれはディストピアなのか、それともユートピアなの...
 
 
 
コングレス未来学会議 ★★★ (パピとママ映画のblog)
『戦場でワルツを』などのイスラエルの鬼才アリ・フォルマン監督がメガホンを取り、スタニスワフ・レムのSF小説「泰平ヨンの未来学会議」を基に描いた異色作。実写とアニメーションを見事に織り交ぜ、欲望にまみれた人類がたどる驚異の未来を活写する。本人役で主演を務め...