日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

 

新年早々「反省」を求められる読書?になるかと思いつつ読み出したが、実は 真逆!

 

「悪態」がいかに人類にとって重要な意味をもつのかを、貴重な実験・研究結果から解き明かそうとする(笑)

(神経科学、言語学、行動心理学 etc...)

 

 

著者のエマ・バーンさんは、AIの開発に携わりBBCラジオで番組のキャスター。

日本生活経験もある彼女が、イギリスに戻り男性社会で生き抜くテクとして「悪態」を身につけた(汗)

そこから仮説が生まれ、この本が誕生!

 

確かに第6章は「女には向かない言葉ジェンダーと罵倒語」と女性視点。

そして仕上げは

第7章で次々と登場するのは、さまざまな言語の汚い言葉や罵倒語の集大成(汗)

 

 


と少々揶揄させていただきつつ、面白い表記は多い。

当ブログのテーマのひとつとも考えている「右脳」「左脳」理論が展開され、最も刺さった。

 

 「右脳」あるいは「左脳」を事故などで失った方々が示した感情は…

「右脳」を失うとー無気力。「悪態」はつかない

「左脳」を失うとー「悪態」は継続。ただしコントロールがきかない場合あり

 

そこから導かれる結論は、

「右脳」ー感情

「左脳」ー言葉

そして「右脳」と「左脳」協調し最終的な判断に至る。

 

また人が向き合った時に、

右目は相手の左側の顔

左目は相手の右側の顔

をみていることになる。

 

顔の写真を撮影し、右側だけ、左側だけ、をコピーして擬似の顔を作ると、

「左側だけ」がより感情を汲み取りやすい?!?

 

 

その他にも、興味深い実験が次々と登場。

・「悪態」をつくことで、ストレス・恐怖・不安などにもっと耐えられる

・「悪態」をつきあえる職場の方が、双方のコミニュケーションがとれている→業績アップ?

・「悪態」のひとつである排泄のタブーは強力。

 「きたない」のチカラ!というキーワードにまで(笑)

 

これで「うんちくん」ドリル人気の秘密の一端を知ったような

 

 

 

結論:人類にとっての「悪態」の意味を探求、は著者のユニークな視点が利いている点で興味深い。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« スタートレッ... 本日から放送... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集