日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 






11年もの間(1979~1990年)イギリス初の女性首相を務めた マギー・サッチャーを描く。
まずユニークなのが、あくまでも「現在」を中心に、彼女を描いていること。
認知症に苦しむ日々がベースになっており、「回想」という形で彼女の栄光・挫折が挟み込まれる。
生存中の元首相をこういう形で描いているのは、非常にめずらしい気が。

メリル・ストリープは今作で、3つめのオスカーを獲得。
ただ3度目の受賞と言っても、「クレイマー、クレイマー」(79年)、「ソフィーの選択」(82年)以来。
だから2度から既に30年近くが経過しており「またか」感は全くない。

だいたい2年前の「ジュリー&ジュリア」でもやはりオスカー候補で 料理研究家ジュリア・チャイルドへの成りきりぶりもすごいものがあった。
特に「声」で。
そして今回も、サッチャーの地声と、政治家として訓練した結果得たしゃべりの両方を披露し、唸らせる。

そういう点で、全く前評判通り。
成り行きで想像もしていなかった首相に上りつめ、不況の1980年代、フォークランド紛争他を乗り越えていく「鉄の女」はお見事。
彼女の、この「成りきり」ぶりが最大の見物、と言えよう!
(助演の夫役 ジム・ブロードベントもいいけどネ)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« DVD:ナイブズ... 本日、NHK BS-... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集