日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

 

NYの音楽発信地といえば、カーネギーホール か MET。

 

57丁目に鎮座する老舗のカーネギーホールは単館。

一方 MET は オペラ・クラシック・バレエ そして ジュリアード が広大なエリアに一挙に(62〜66丁目)

 

どうやってこんなセントラルパークの隣にこれだけの土地を確保したんだろう? と誰でも思う(違う?)

そのギモンに答えるのが、このドキュメンタリー!

 

 

 

冒頭、ドナルド・キーンが登場し、MET(メトロポリタン歌劇場)への想いを語る。

(この部分は日本製作だと思われる)

聞いているとわかるのだが、METは1964年までは、39丁目にあったのだ!

 この39丁目 → 62〜66丁目 への移転が実現するまでの苦労を追ったドキュメントがコレ。

 

 


MET総裁のルドルフ・ビングも就任直後から「移転は不可欠」と語るが、計画は何度も頓挫した。

 

旧劇場の問題点はざっと、

・劇場内には「柱」が何箇所があり、その背後の約700席!は何も見えない

・舞台裏が狭く、稽古場は食堂やトイレ?で

・掃けたセットは、雨だろうが嵐だろうが、裏通りにまず出され、そこから移送。

 

 

ところが神風が吹く。

登場するのが、NY市の豪腕 権力者、ロバート・モーゼズ。

NY市の都市計画の思惑も絡み、スラム街の人たちを立ち退かせ(汗)、事態は急進する。

 

さらに立役者として、個性的な建築家たちをまとめる役割を担った、W・ハリソン

 

巨額の資金が必要だとわかり抜擢された人物は、大富豪ロックフェラー!

 

 

 

当ブログ的に刺さった秘話あるいは秘蔵映像は例えば、

 

・旧劇場のお別れ公演での「蛍の光」合唱!

 

・劇場左右に展示されているシャガールの壁画がそこにあるワケ

 

・METの象徴のひとつとも言える、昇降式のシャンデリア の誕生秘話、に驚愕!

 

・そしてオープニング直前に発生する、ステージ上のクライマックスでのトラブル(汗)

 名演出家ゼフィレッリ の奮闘が映像で残っているとは!

 

 

結論:MET を語ろうとするなら、まずは必見のドキュメンタリー!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 「ブログでサ... 映画:ブエナ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集