日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

2003年 1月。

USA ブッシュ政権が強引に始めようとしていたイラク戦争。

諜報機関NSA(国家安全保障局)は、違法工作への加担を要求するメールをイギリスに発信する。

 

GCHQの職員キャサリン・ガン(キーラ・ナイトレイ)はいち早く、このNSAの指示を読み葛藤。

違法工作を英国政府に指示する内容を見過ごしていいのか、と…

 

「大義」なき戦争を認めさせてしまえば、多くのイングランド兵士の命が失われる、という事実…

 

実話の映画化だけに、がっつり 盛り上がる!

 

 

 

自らの職および家族に負荷がかかることを悟り、おおいに迷い迷う姿が辛そう…

 

が遂に、マスコミへのリークに動く。

リーク後も可能ならば差し戻そうとする迷いが描かれておりリアル!

 

そして彼女はブレア政権によって逮捕され、ついには裁判に(汗)

 

 

 

 

主人公を演じる キーラ・ナイトレイ  はスッピン?で奮闘。

さらに、クライマックスに向け「某大物俳優」が登場、おおいに盛り上げる!

 

 

クライマックスを超え映画終了直前のラストに「本人」が登場、痺れる一言を発する。

 

それが何かは、ご自分で確認いただきければと思う!

 

 

結論:アメリカに最も近いイギリスならではの、イラク戦争直前に実際に発生したリーク事件は見る価値あり。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 本日の 聖火リ... 本日の 聖火リ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集