日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 







流石、イーストウッド。
2時間12分が、あっという間に過ぎてしまう...

生日、ゴダールの84オにも驚いたが,こちらも同い年(笑)
去年は「ジャージー・ボーイズ」、で今年はこんなに強力な一発かよ~
その前もヤバ過ぎの「グラン・トリノ」、超変化球「ヒア・アフター」etc…
まいりました,脱帽!



これまでのイーストウッドで唯一、止めて~と叫びたい不満があった。
過去のアップでも言及してるが、彼がいつも「作曲」まで手を出すこと。
あまりにメロディアスな楽曲群なので、その過剰感に少なからず閉口してきたのだ。


ところが今作ではその欠点を完全にクリアー。
だけでなく、エンドクレジツトの部分で、深い余韻を導く「無音」までを演出!
更に成長してるじゃん!(笑)



これで、アカデミー賞に絡みそうな作品は、ほぼ制覇したかと考えている。
この作品のエントリーしている分野でいうと...

主演男優賞:ブラッドリー・クーパーの可能性もあり。
      が、狂気演技でいうとカレルの方がインパクトがあるように感じた…
      一方で当ブログは、マイケル・キートン押し、ではある。

作品賞・脚色賞・録音賞・編集賞・音響編集賞:十分可能性あり。ただライバル多し!


賞を取る取らないは置いといて、今作は今年のベスト10に確実に絡む力作・傑作!




コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )



« 「ブログでサ... 映画:フォッ... »
 
コメント
 
 
 
無音のエンドロール (ミス・マープル)
2015-03-01 16:41:00
TBありがとうございます。
無音のエンドロールが本当によかった。
あれでいろいろな思いを整頓できました。
御年84歳にしてなお成長されていますね。
 
 
 
ですよねえ~ (onssreen)
2015-03-01 19:01:31
恐るべし84才!
100才くらいまで生きるんじゃね?
すると年に0.5本としても、8本くらいは今後見える(笑)
 
 
 
前作とうって変わった (atts1964)
2015-03-02 10:32:21
これも実録物の作品でしたが、前作の音楽をベースにした作品から、中東が舞台のしんどい話でした。
でもいまのIS問題に繋がる、アメリカの暗部を監督なりの視線で描いていましたね。
でもやっぱりアメリカ人ですね。9割アメリカ寄りの作品でした。
面白く凄い作品ですが、イスラム寄りの作品も見てみたくなりました。
こちらからもTBお願いします。
 
 
 
もしかして (onscreen)
2015-03-03 13:16:44
硫黄島の映画でも、両側から描いて合計2本になってましたから、今回もあるかも?! 笑
 
 
 
勘違いだったらごめんなさい (すぷーきー)
2015-03-14 20:26:34
今回は「タヤのテーマ」を作曲してませんでした?
気のせいですかね?

TBありがとうございます。
無音と聞いていたエンドロール、静かにいろんなことを考える時間となりました。
クリスがアメリカに帰ってきてからのことがもうちょっと欲しかったです。
 
 
 
作曲はしてたでしょう (onscreen)
2015-03-14 22:47:28
が、ポイントは=メロディアスかつ、目立ちすぎる、はナシってこと?!
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集