日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

  

 

当ブログ「上半期」極私的 映画 ベスト10!にトライしたところ、以下の2作品がランクイン。

バトル・オブ・ザ・セクシーズ Battle of the sexes 世紀のテニスマッチ 男 vs 女 に至る スポーツ国家アメリカ の転換点を描く今作は、ポイント高し!  

アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル I, Tonya スケート界最大の事件を描き切った今作は、今年前半を代表するブラック・コメディ!  


スポーツ映画が2作も入るとは、我ながら 意外!


いわゆる「スポ根」映画は、どちらかというと観る前から敬遠ぎみ。

「ロッキー」シリーズは第1作でお腹いっぱいで、残りは見向きもしていない私なので(笑)

 

もしかすると、スポーツ映画も変化の時期を迎えているのかもしれない、とも考えた。

上記2作品も、一筋縄でいかないクセ者映画(笑)

かたや ウーマンリブ + WTA誕生、あるいは史上最大のスキャンダルもの。

 

 

 

 

そんな中、スポーツ映画トップ100なんていう企画が登場。

読むしかない!(笑)

 

著者は30年も週刊文春で、映画評を連載している、芝山 幹郎 氏。

さすが週刊誌レギュラーを抱えているヒトだけに、独特の「味」があって面白い。

 

それはランキング1 位~100位の分け方からだけでもわかる。

100位内を4つに分割しているが、それぞれのタイトルは、


1 位~10位:   何度もリピートしたくなる 

11位~50位: 見てないなんてもったいない 

31位~60位: ダークホースを探せ 

61位~100位:捨てがたい味、出してます 

 

面白い!

 

 

どのスポーツ映画が多くランキングされているかというと、

 

1 位 野球(MLB他)  ×19

2位 ボクシング(意外? とも思えるし、そうだよね!という気も)  ×17

3位 アメリカン・フットボール   ×10

4位 サッカー   ×8

5位 バスケットモール  ×6

6位 自転車!  ×4

7位 ゴルフ  ×3

8位 アイスホッケー、プロレス、フィギュア、ラクビー etc…  ×2

 

やはり野球強し!

 

 

当ブログは先のも申し上げたように、

<「ロッキー」シリーズは第1作でお腹いっぱいで、残りは見向きもしていない

な状態なので 戦績は非常に悪く、

 

1 位~10位:   何度もリピートしたくなる      =  6 / 10   残  4

11位~30位: 見てないなんてもったいない     =  7 / 20   残 14!

31位~60位: ダークホースを探せ         =  8 / 30   残  22!

61位~100位:捨てがたい味、出してます     = 17 / 40   残  23! 

 

結果、全体100作のうち 38作(%)しか観ていない…

 

ただし逆に考えると、あと62作 も今後楽しめる!(笑)

 

 

結論:映画ファンにはたまらない、スポーツ映画愛に満ちた一冊!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« DVD:フロリダ... 映画:インク... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集