日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

「ムーンライト」でアカデミー3部門獲得のバリー・ジェンキンスが監督。

 

 

NYハーレム。

若い黒人カップルが苦しみの真っ只中にいることが進行につれ、ジワジワとわかってくる。

無実の罪で刑務所にいる彼と、戸惑いつつ彼を支えようとする恋人そして周囲の人々。

その冤罪を何とか晴らそうと調べ始めるが、どうも警察ぐるみで決めつけようとしているらしい…


と予想通り、バリー・ジェンキンスらしい、とても真面目な映画。

まだ観ていないが、ヒネリが聴きまくってそうな スパイク・リーの新作とは対極か?!

 

 

そしてその生真面目さにおいて、2019年の映画のように感じない…

見せ方が正統派すぎて、その表現に面白みがないのだ!

文句のつけようはないんだけれど、いかにも優等生っぽい(笑)

(実は「ムーンライト」でもそう思った)

 

テーマがテーマだし、原作ものだから仕方ない、という意見もあるけど…

 

 

 

レジーナ・キングは今作でアカデミー賞 助演女優賞。

彼女は確かにいい演技を披露している。

役どころが、おいしいのでそれで得をしてる気もしたが。

 

結論:原作ものに真面目に向き合った、いかにも バリー・ジェンキンス監督っぽい「若い黒人カップル」の闘い。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 東京オリンピ... スタートレッ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集