日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

超巨大SNS会社、とリアルワールドで言えば現状、フェイスブック。

この映画では「ザ・サークル」という設定。

 

ザッカーバーグではなく、創始者でリーダーはトム・ハンクス。

スラスラと説得力持って聴衆を魅了する様子は、スティーブ・ジョブズにも似ている?

久々に喋りで魅せる、トム・ハンクス!

(なので、写真も主演女優ではなく彼 笑) 

 

一方主人公(エマ・ワトスン)は新入社員。

だがあるきっかけから才能を見出され、彼女はのし上がっていく。

父母にも医療サービスを提供できる身分になり、大満足の日々!

 

だが彼女が新プロジェクトのモデルケースに立候補したあたりから怪しくなってくる。

完全にプライバシーを捨て(トイレ休憩5分笑)、結果さらに大人気者に!

 

 

ここで違うSFを思い出した。

ジム・キャリー主演の「トゥルーマンショー」のような展開だなと。

こっちはSNS上ではなく、テレビに全てのプライバシーを公開する、という設定だったが。

テレビ → SNSとは!

時代の変遷をおおいに感じさせますなあ...

 

 

どちらの主人公も初めのうちはこの現象を楽しむ。

が、徐々に「プライバシー・ゼロ」の問題点に気づかされる。

そして

 

 

脇を固める俳優陣もなかなか豪華で魅せてくれる。

彼女のサポートに徹するジョン・ボヤーガ(SW 7)

6才のボクが、大人になるまで。」の彼エラー・コルトレーン

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のネビュラ役、カレン・ギラン

個人的には大好きな個性派脇役、パットン・オズワルト

etc... 

 

結論:超巨大SNS会社の暴走に、機知で切り返そうとする女。

   SFというには イマに近すぎる感もありつつも、だからこそ SNSユーザーにはオススメ

 

追記:本日の日経朝刊記事「米でSNS企業規制論」 

    角度が全く違うハナシとはいえ実はこの映画、タイムリーなのかも?!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 6 )



«  「アクセスさ... 祝! 映画「イ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
[映画『ザ・サークル』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・かなり多くのテーマを孕んでいるので、うまく語れないのだが、備忘録として書いておく。 先ず、エマ・ワトソンは作品を選んで出演しているなぁと感じた。 かなり特殊な......
 
 
 
ザ・サークル (ネタバレ映画館)
インスタ映えする背景で・・・
 
 
 
ザ・サークル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(F) 日本の国旗とそっくりなんですけど。。。^^;
 
 
 
ザ・サークル (映画と本の『たんぽぽ館』)
危険に無自覚すぎ * * * * * * * * * * ユーザーのあらゆるデータを蓄積する世界ナンバーワンのシェアを誇るSNS企業「サークル」。 メイ(エマ・ワトソン)......
 
 
 
みんな無責任。『ザ・サークル』 (水曜日のシネマ日記)
巨大なソーシャル・ネットワーキング・サービスがもたらす脅威を描いたサスペンスドラマです。
 
 
 
映画「ザ・サークル」 (FREE TIME)
映画「ザ・サークル」を鑑賞しました。
 
 


 
編集 編集