日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 




来年のアカデミー賞レースに向け、是非に今回観ておきたかった1本。
日本公開のタイトルは「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」とな?
NYに着いた翌朝ー番に早速チェック!


はじまった瞬間に気付く。
「何か違うわ、これ 」
タイトルのロゴの出方といい、リズムを刻むドラムスのサウンドといい...
オフ・ビート感が満載なのだ。
それは全く予想外のこと。

そしてその感覚は継続し続け、ラストまで…



メイン・プロットは、主人公(写真:右 マイケル・キートン)に沁みる「中年の悲哀」
昔はヒーロー役(写真:左)で一世を風靡した彼の、現在の苦闘。

彼に絡むのは、これまで「いい奴」イメージの強かったエドワード・ノートン。
エゴ丸出しでとんでもなく自己中な奴ぶりで、これは賞も狙えそうな感触なのだ!

さらに!!!
今、人気出まくってるエマ・ストーンも登場。
毒は吐くわオトコに手を出すわ、かなりトレンデモぶりが、こちらも凄い。


全く物語がどっちに向うのもわからないまま、2時間近くが組過。
ここまでもたせる力量に、既に 泊手!

結論:インターステラー、6才の、と三つ巴。
どの作品に、どの賞を置くか、それが各賞の腕の見せどころ!!!


更に余談が…
しかもダブルで、不思議な体験が。
どちらもNY ならでは?!かも...

その1
観たのはタイムズスクエア内の映画館。
全く偶然にも、この物語の舞台はその真裏のストリート!
(ネタバレを避けるため多くは語らない)
観賞直後に登場した扉や バーをチェックしに行かないわけがない(笑)

その2
映画館を出ようとすると、まだ4Fなのに警官が数人待機中。
「何があったの?」と聞いても、「それは答えられない」

外に出ると、ブロックの道路は完全閉査されており、消防車が数台。
何人にも質問し、やっとわかった発生事件の内容は「飛び込み自殺」
映画のプロットに、それを示唆するシーンが多かっただけに、絶句...

ハドソンの奇跡を立合わせたり、こんな余談を生む NY やっぱりヤパいい!
この感覚は、TOKYOではそうないし、LONDON?! NO WAY!!!


コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )



« NY 2014.12. ... NY 2014.12. ... »
 
コメント
 
 
 
難解?不思議? (atts1964)
2015-04-20 15:38:47
初めの違和感を最後まで引きづる作品でしたね。途中入ってくるバードマン絡みの特撮がなんか新鮮に感じる手法は見事でした。
アメリカの賞レースにはぴったりはまる作品と見ました。
TBお願いします。
 
 
 
そうですね! (onscreen)
2015-04-21 07:35:02
最後までもってかれる引力がある映画でしたね。こんな映画が賞を取るなんて、世の中捨てたものでもないっすね(笑)
 
 
 
記憶に残る映画 (iina)
2015-05-02 09:19:21
どこでロケしたか気になるタイプでしたか。生々しい体験もできて、快?怪作! な出来として記憶に残ることなった作品でしたね。

 
 
 
そりゃ (onscreen)
2015-05-03 16:47:30
そんな趣味はないつもりでしたが...(笑)
鑑賞した映画館の真裏のストリートに、

アムステルダム・シアター

評論家にからまれるバー

パンツいっちょうで飛び出した扉

タイムズスクエアを右折し劇場に戻る

etc...

では行かざるえないですう!


 
 
 
現実と妄想 (すぷーきー)
2015-05-03 20:10:14
TBありがとうございます。
NYで観たというのもすごいですし、ロケ地が近くて見に行ったというのもすごいですね。(笑)
『バードマン』がどんな映画なのか、気になりました。
 
 
 
たまたまでしたが (onscreen)
2015-05-06 00:34:11
衝撃の体験でした!

こういうのも映画の(アメリカの?)醍醐味でしょうか...
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集