日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

本日から放送開始NHK「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」

 

オリンピック、じゃなくてオリムピック、というところが面白い!

 

 

 

東京オリムピック1964 がゴールになるドラマなので、興味津々。


過去NHKはこんな放送もあって、当ブログ的には永久保存版になっている(笑)

NHK 1964東京オリンピック(2)  俺たちの“夢”がかなった ~五輪招致にかけた男たち~  

 

<冒頭に登場するのは、水泳界の指導者「田畑 政治」

<戦後間もない昭和24年ロサンゼルスで行われた全米水上選手権。

<参加を拒否された前年のオリンピックの悔しさを武器に説得、参加OKを勝ち取る。

 

<そしてこの大会を通じて縁が動く。

<この全米選手権に渡米した日本選手が、なんとホテルの宿泊拒否を受けてしまう。

<困ったところを救い、選手団の面倒を自宅でみた「日系2世 フレッド・イサム・和田」

<これが縁となってその後招致に協力し、ポイントと予想された中南米の評を、

<無料奉仕で各国行脚し獲得した。


<ミュンヘンでの最終プレゼンテーションを託される「元外交官 平沢 和重」
<オリンピックに無縁だったはずの彼だったが、実はオリンピック招致には縁があった。
<彼は外交官時代に帰国途中、氷川丸の上で 嘉納治五郎 の最後を看取っていたのだ。
<このエピソードそして本人から聞いた話が、彼の演説に力を与える。

 


テレビだけでなく、本も。

読後評:祖国へ、熱き心を 東京にオリンピックを呼んだ男 日本水泳陣 大活躍が起点で、東京1964に至る。  

 

 

 

 

さて今回のドラマで 田畑 政治 を演じるのは、阿部 サダヲ。

これは 熱そう(笑)

 

先のロス全米水上選手権での フレッド和田 との出会いはもちろん描かれると期待している。

その縁で、東京オリンピック1964の招致活動に 田畑 政治 が協力要請し、招致成功に至る。

  

 

 

最後に、今日オープンの ウェブサイト&展示 をご紹介したい。

 

「水泳ニッポンの父 田畑政治」

https://hamamatsu-daisuki.net/tabatamasaji/

浜松市役所が、地元出身の田畑政治特設サイトを開設したのだ!

 

 

さらに「ザ・ゲート・ハママツ」で 田畑 政治いだてんの展示が。

浜名湖で水泳を始め、競技の断念後も指導者として活躍した足跡や、戦後、

日本水泳連盟会長や五輪日本代表選手団長として活躍した様子を紹介。

 

機会をみつけて、是非 行ってみたいものだ! 



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 読後評:悪態... 映画:ROMA/ロ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown ()
2019-01-09 19:13:07
東京オリンピック、当時は、戦後で最大のイベントで、そこに夢を懸けた人達が居たと思いますが、韋駄天の名の如く、マラソンのようなもので、短期で結果が出るのではなく、長期戦だったと思います。

そのタイトルが意味する処は、政治的な仕事や、日本の大業を、韋駄天の如くアスリートが代表している、という事ではないでしょうか。アスリートが、国家のブランドや、フットボールなどでも、国との代理戦争、とされている事からも、スポーツは、国際イベントの花形で、その英雄には寄せられているものが大きいのではないか、と思いました。

彼ら一流のプロを観て、運動のモチベ―ションを高め、自分も身体を動かしたい、と思いました。
 
 
 
臥薪嘗胆 (onscreen)
2019-01-10 08:54:27
ドラマではキラキラと美しく描かれると思いますが、
実際の田畑さんはやっかみだと思いますが批判も多く
東京オリンピックの開会式も出席したもの、関係者席
ではなく一般の席だったそうです。
選手に陽が当たるのも大事ですが、こういう陰で貢献
した人物に注目するのも重要だと思います。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集