日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

昨晩、リーグ初めてのトーナメント開始。

カードは、 

       ドイツ vs フランス!

       チェコ vs ウクライナ 

       ウエールズ vs アイルランド

       ノルウェー vs キプロス

       スロバキア vs ブルガリア

       カザフスタン vs ジョージア(旧:グルジア)

       カザフスタン vs リヒテンシュタイン

       ラトビア vs アンドラ

       ジブラルタル vs マケドニア

 

ヨーロッパ各国代表がトーナメント戦を戦い(計6回 ホーム & アウェー)準々、準決勝ときて、ファイナルは6月8日(チャンピオンズは6月1日)

つまり、これまでのインターナショナル・ウィーク(国際親善試合枠)を、UEFAつまりヨーロッパについては、ほぼこの中で回してしまおうという試み。

UEFAチャンピオンズ・リーグに続き、目玉シリーズを開発しようというUEFAの野望なるか?!?

 

 

当ブログとしては、申し上げたいのは2つ。

 

1, インターナショナル・ウィーク(国際親善試合枠)を、UEFAつまりヨーロッパについては、ほぼこの中で回してしまおう、ということは、一種の鎖国。

例えば日本代表が今後、ワールドカップに向けてヨーロッパ勢と競るのが厳しくなる。

それは他のアジア勢、南米勢、アフリカ勢などにとっても同じ。

そういうことでいいのか?

 

2, そもそも「国の代表」のチカラ、が揺らぎ始めているのが2018年。

先日のワールドカップで優勝したフランスは多民族国家。

移民が多い国の多様性、ダイバーシティが国家を強くするという面白さ(矛盾?)

そして昨日の試合で冒頭に置いたドイツ vs フランス は目玉カードのようで、そうでない

かたや優勝国、かたや予選トーナメント脱落国。

そのドイツはエジルが移民問題でモチベーションを失い、チームはガタガタになった…

 


そんな中で立ち上がったこの UEFA ネーションズ・リーグ。

元々4年に一回の EURO 2020 は開催国がなくなり、ヨーロッパ12カ国で試合、と何と「分散」開催。

となると、 UEFA ネーションズ・リーグ、なんとも微妙な存在、では?(笑)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 「アクセスさ... OK, google の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集