日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 


元々は NHKスペシャル「あなたの家電が狙われている」

それを本にしたもの。

 

テレビ番組同様、まずは家に置いたウェブカメラが勝手に動き出し、覗かれていることが発覚した件から。

IoT機器は決して安全じゃない=盗み見、乗っ取り、遠隔操作をされる可能性が大!

2016年時点で日本で観測されたサイバー攻撃の60%以上が、IoT機器を対象にしたもの。

 

さらに今流行りの AIスピーカー も危ないという。

Google に情報ダダ漏れ、だけじゃなく、そのデータが外部へ? で乗っ取られる?!?

 

そして十二分にそのヤバさがわかったところで、第2章。

こういうIoT機器をハックし世界的に展開することで、過去にない大規模攻撃が可能に。

2016年10月21日、アメリカで史上最大のサイバー攻撃が発生、過去の8倍ものサイズの攻撃!

ひとつひとつはちょっとしたIoT機器なのだが、一斉に束になって襲いかかることでそんなサイズが実現してしまった。

 

しかもその攻撃を可能にしたマルウェアの名は、Mirai(未来?)

でバラまいたのは「アンナ先輩」Anna-senpai

 

日本人かと思わされてしまうネーミング!(汗)

番組では アンナ先輩、は ふれてなかったような…

 

続き番組で登場していた「ダークウェブ」≒ 闇のインターネット

 

 

 

当ブログがやはり注目してしまうのが、オリンピックでのサイバー攻撃。

 

・ロンドンオリンピック2012

 開会式当日、メインスタジアムの電源供給システムへのサイバー攻撃を感知。

 直ぐに準備してきた対策を実施し、ことなきを得た。

 

・リオオリンピック2016

 開会式数日前からDDoS攻撃が仕掛けられ、期間中も続く(アメリカのと同規模レベルの攻撃)

 何と街中に設置されていた多数の安価な防犯カメラがハックされ、発信源になっていたという!

・平昌オリンピック2018

 こちらも開会式。サイバー攻撃が原因で入場券発行やプレスセンターの通信に支障。

 攻撃したマルウエアの名は、Olympic Destroyer(汗)

 

   東京オリンピック2020でのこの対策はどうなるのだろう。

 日々進化していくこの世界、2020の敵は「暑さ」だけじゃないことを改めて実感…



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« DVD:ヴァレリ... 名作SF 2001年... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集