日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



前回時の最大の感想は、

<ロバート・ダウニーJr.の怪演(快演)に尽きる
<肝心のはずの終盤のバトル・シーンもどうでも良くなる(笑)


ということで、個人的に前作から継続して欲しかったことは以下の1.、2.

1.(ロバート・ダウニーJr.そのまんまで)はしゃぐトニースタークがまたまたおかしいこと

2.「正義」に目覚めたトニースタークが、さらに「アンチ軍用兵器」を押し進めていく


そして、今回のお楽しみというか?期待は、

3.トニーとペッパー(グウィネス・パルトロー)が、どうやってドラマチックに結ばれるか

4.スカーレット・ヨハンソンが、セクシーは当然のこと、アクションでいかに「かっこ良く」活躍するか

5.ミッキー・ロークの悪役ぶりに、どれだけ惚れ惚れできるか

これらの要素がばっちりはまることを期待していた。



結果は。。。

1.オープニング直後の議会のシーンの大ボラには爆笑したが、その後失速。
全体を通して、サム・ロックウェルの怪演が目立ってしまう(No!!!)

2.その変なライバル君が登場することで、「アンチ軍用兵器」のはずが「軍用兵器」化が加速。
収拾がつかなくなってくる展開(No!!!)

3.トニーとペッパー(グウィネス・パルトロー)の関係は今作で深まるが、そこに感動性がなぜか薄い(演出の問題?)

4.スカーレット・ヨハンソンの見せ場はある、が個人的には違和感が残る。
(運動神経のなさそうな)ドリューバリモアがチャーリーズ・エンジェルで大活躍するのをみた時 同様に(笑)

5.ミッキー・ロークの悪役ぶり、登場時は最高にかっこ良いのだけれど.....
その後ロバート・ダウニーJr.同様、サム・ロックウェルの怪演に埋もれてしまう(No!!!)


この2作めの感想は、大変残念ながら以上の1~5に象徴されるように、一言でいうと「大味感」満載。
アメリカでの興収成績が2週めで一気にダウンしているのも、よく理解できてしまう。
フツーに入場料分は楽しめる「大作」ではある、けれども期待が大きかっただけに。。。。
ん~残念。。。。
(でも既に、次での挽回に期待するワタクシ)


コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )



« 「ブログでワ... 読後評:ユニ... »
 
コメント
 
 
 
こんばんは (michi)
2010-06-06 01:34:02
本作、楽しく観てきました~。
楽しかったんですが、結果的に前作は満足度★8つに対し、今回は★7つ 笑。
待望の続編だっただけに、過剰な期待をしていたのかもしれません。
それでも次回作に、既に期待感が高まってしまっています~。
 
 
 
そうですね! (onscreen)
2010-06-06 06:30:26
確かに私も期待しすぎていたのかも....

ただ、そうしたくなるくらい面白かったんですよ、1作目は!
次は多少割り引いて、待つことにします(笑)
 
 
 
Unknown (ベガ)
2010-07-20 12:39:09
はじめまして!
TBさせていただきました&遅ればせながらコメントに参上いたしました。

シリーズ物で前作への思い入れが強いと、新作のハードルが高くなっちゃいますよね。
僕もサム・ロックウェルの目立ちっぷりはどーなのよ、と思ったクチです(笑)。

それでも総じて楽しい映画ではあったので、次回作にこっそりひっそり期待します。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集