日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

SWシリーズの最近のあまりのダメダメさゆえに、遂に最新作(ハンソロ)を見送った当ブログ。

 

ここのところの、脚本の弱さ・演出力の弱さ、に辟易としていたのだ!

かつSFにあるまじき、イマジネーションの欠如、は致命的(涙)

 

 

この映画も冒頭はおっ!という始まりの割にその後SWのコピーぽいな、とか思いつつ観ていた。

物語の進行につれ、奇異さが次々と連発され、SFものとしてアリだなと唸る。

 

美男美女コンビの恋愛感情の絡み具合も、適度なワサビとして効いていてマル。

主人公のお嬢の美しさ、は見惚れるほどではないが、十分に楽しめるレベル(笑)

 

 

製作総指揮のリュック・ベンソンは、若い頃から原作ヴァレリアンシリーズを愛読していたとのこと。

で、何と『フィフス・エレメント』製作中に始めて映画化を思いついたという。


20年後、最新技術を駆使する事で、その思い入れが実現したわけだ!

 

 

 

というわけで、その思い入れの凄まじさが、この映画の最大の見所。

過激にさえ感じさせる、えっ!こんな映像?!が連発されそれだけでSF満足度が急上昇。

 

かつその思い入れの結果、無駄に有名俳優がチョイ役で登場するのもマル(誰々が出てるかは、観てのお楽しみ!)

 
 

結論:リュック・ベンソンの思入れが実現した渾身の映画化は、最近の表層化した SWシリーズ よりはSFとして十二分に立派!(笑)



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 映画:ミッシ... 読後評:Io... »
 
コメント
 
 
 
全く同意見なので (オカピー)
2019-06-30 22:59:00
何も言うことがございません。

特に近年の「スター・ウォーズ」関係作品がSFから離れていくのとは対照的に非常にSF的で、満足しました。
IMDbでは「スター・ウォーズ」関連の方が評価が高いですが、彼らはきっとSF好きではないのでしょう。退屈千万だった「ハン・ソロ」より評価が高いなんて、僕には全く考えられません。
 
 
 
御意! (onscreen)
2019-07-01 19:55:47
もうラスト作なんてDVDレンタルでいいかも?状態に陥っております(笑)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集