日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 






公開時に評判を聞き、気になっていたが、行き損なった...
後悔していたが、ようやくBlu-Rayで。


まずは血なまぐさい事件で、オープニング。

この背景を追う雑誌記者。
そして明かされれば明かされるほどに、ドス黒くなる展開。
いろいろな思惑が絡み合い...



まず今作で評価したいのが、設定の「日本ならでは」感。

ドス黒い犯罪の背景にあるのは、どの事件でも「長生きお爺さん」たち。
その「長生きお爺さん」たちが、それぞれの事情を抱えている。
ここに漬け込むことで、金儲け!

また、この設定がこれを追いつめる主人公の家でも。
主人公の母親はボケ始めており、妻とのトラブルが耐えない。


このように、長寿社会に突入しつつある日本ならではの設定。
ここは原作がノンフィクションならではの「ちょっと先の現代感」がヨロシイ。

初の長編作品となった白石 和彌監督の手腕も見事。
撮影のダークなトーンもマル。
もちろん、ピエール瀧、リリー・フランキー(写真)、そして山田孝之の出演陣もマル。


というわけで、タイトル通りのダークな展開を求める向きにはポイント高し!
昨年観てたら、ベスト10入りしてたな...









コメント ( 2 ) | Trackback ( 2 )



« 東京オリンピ... 「ブログでサ... »
 
コメント
 
 
 
あー、そうなんですねー (momorex)
2014-05-11 11:02:47
こんにちはー。

日本の高齢化社会・・
仰る通り全てそこにつけ込んだ犯罪なんですね。
あれだけ話題になっている「オレオレ詐欺」さえ減らないですものね..
さらに暗澹たる気持ちになりました。
 
 
 
ズルさで生き延びる奴ら (onscreen)
2014-05-16 20:59:57
これをテーマに、映画の1本もできそうですね 笑
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
『凶悪』(2013/映画) (momoな毎日)
サイコものは結構好きで、邦画なら『冷たい熱帯魚』『悪の教典』も観たことがあるけれど、これほど酷くて二度と観たくないと思わせる映画はない。もちろん実在する人物の“凶悪”さに辟易したからだ。どうして邦画が苦手なのか最近忘れてた。あまりにリアルで、ホラーな...
 
 
 
『凶悪』 (2013) (相木悟の映画評)
観る者を闇にとり込む、戦慄のクライム・ムービー! 実録犯罪モノの歴史に名を残す傑作の登場である。 死刑判決をうけた囚人が雑誌記者とコンタクトをとり、別に関わった殺人事件について告白。記者が雑誌で発表して話題となり、警察が捜査を開始。娑婆でのうのうと暮....
 
 


 
編集 編集