日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



まずカミングアウトすると、実は監督としてのクリント・イーストウッドはあまり好きではなかった。
もちろん、対で戦争を冷酷に描写した「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」は傑作だと思っていたが。

ところが、最近の「チェンジリング」でフまずァースト・ダウン(2009-03-15 チェンジリングCHANGELING 間違いなく今年有数の傑作)
続いてヤバイかもと身構えたにもかかわらず、「多民族国家」の意味が変質しつつあるアメリカ自身を描き、ぶっ飛ばされた超魔球「グラントリノ」(2009-05-03グラン・トリノ Gran Torino 「名作」と呼ぶにふさわしい傑作」)
駄目押しは、昨年のベスト10にも入れた「インビクタス」(2010-01-28 インビクタス Invictus 開始5分で既に号泣(笑) これまた強烈な1発にノックアウト!)

一方で、この3連作ではほとんど感じなかったが、積極的にハマれない部分がある。
それは音楽。
監督だけでなく、イーストウッドは常に音楽も担当しているが、どうもこの相性が良くないのだ。
いくつかのシーンで、ここまでメロディアスな音をバックに配するセンスはないだろう、と思ってしまうことが多かった。
彼は自分の映画のみならず他の映画に曲を提供したりの経験もある(さよなら いつかわかること)
またジャズ・ピアノの腕前も「ピアノ・ブルース」などで拝見しても上手なのは認識している。
あくまでも個人的意見だが、音楽についてはぐっとこらえて他人にまかせた方がいいのではないかと感じることがある。


そして今回のヒアアフター。
ショッキングなオープニングに続き、「生」と「死」をメインテーマに物語が多重に深まっていく。
「死別」に苦しむ登場人物たちに、クリントの「眼差し」が映画全体を通して降り注がれ続けることを感じる(って凄いことだよね)
微妙なライティングやカット割り、そしてやはり「甘めの旋律」が映画を通して流れることで、それが実現される。

物語の進行でもふれられるが、「死後の世界」をあからさまに語ることは、そのコンテンツが直ちに「キワモノ」扱いされかねない「タブー」。
この映画はそれと正面から向き合っており、正に「キワモノ」扱いになりかねない内容。
なのだけれど、クリントの「眼差し」が降り注がれ続け、微妙にコントロールされることで、その扱いから逃れることが出来ている。
こうなってしまうと、気になってきた音楽も、彼の一部として受け入れざる得ないし、この映画の監督が、彼以外ではありえなかったことを理解した。

この映画を「恋愛もの」と強引にカテゴライズする方がいるようだが、とんでもないと思う。
異色作ではあるが、これも名匠(と言わざる得ない)イーストウッドが達した「境地」のひとつなのだ!
そういう点で、見逃せない1作。
公開は、2月19日(土)から。



コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )



« Google's Art ... めずらしくう... »
 
コメント
 
 
 
眼差し (AKIRA)
2011-02-09 17:24:35
イーストウッド監督の優しい眼差しが,
映画全体に行き届いていましたね。

彼らへのエールのようで嬉しかった。

共感ポイントも多く,
お気に入り作品となりました。
 
 
 
コメントどうもです! (onscreen)
2011-02-11 20:29:26
「眼差し」に共感いただき、ありがとうございます。
ホント、なにか不思議だけど、あとに残るところが実に素敵な映画でした。
 
 
 
TBありがとうございました。 (鉄平ちゃん)
2011-02-12 14:19:10
様々な方のブログでこの映画の感想を読むと
ほとんど壊滅的なこの映画、
これは、イーストウッド作品に対する期待と
この映画があまりにも乖離していたからなんだろうなと思います。

でも、80歳のイーストウッド監督が「死」というテーマに
真っ正面から向かい合い、
そしてスピリチュアル的なものに傾くこともなく、
さらっと描ききったことはやはりすごいと思うんですけど。
イーストウッド監督の達した一つの境地、という考え方、
すっごく共感できますね。
 
 
 
ありがとうございます! (onscreen)
2011-02-12 20:49:46
もしかしてこの映画、一定の人生経験が実は、
鑑賞条件なのかもですね?
 
 
 
こちらのblogから (rose_chocolat)
2011-02-20 12:49:29
TBはじかれてしまっているようです。
「不正なURL・・ 」とか出てきます(不正じゃないのに!)。 名前にリンクが貼れません。
King's Speechも通らないので、gooさん全体もTBダメかも。
あしからずです~。
 
 
 
すいませんね.... (onscreen)
2011-02-21 00:46:16
ワタクシ技術屋じゃないんでわからないんですが、そういうの、イライラしますよね。。。。
ごめんなさい。

仕方ないので、ここで感想のやり取りしてもいいですよ。
例えば、監督のインタビューを読んだんですけど、彼は死後の世界
うんぬんには興味がない、とか(あくまでもプロとして、この映画
を制作している)とか、
 
 
 
つきました。 (rose_chocolat)
2011-02-22 06:21:46
goo事務局さんにメールしまして。
どうもお騒がせしました。

音楽なんですけど、ラスト近くで、「あ、またこれはカイル?」とか何とか浮かんできちゃうんですよね。
それはそれでいいんだけど。。。
このパターンは定着してしまいそうですので、これからの作品は、「クリントのメッセージ」なんだよというのが主流になってくるのかなーとも感じます。 
いいこと言ってくれてるし私は好きですけど、これはだめな方にはほんとだめかもしれませんね。
 
 
 
TB有難うございました (シムウナ)
2011-03-13 14:33:03
相変わらずクリント・イーストウッド監督は
良質な作品を提供してくれます。
死後の世界はどうなるか?
生きている我々にとってこの先の命題かも
しれませんね。自分は無の世界だと
思ってます。ただ、死んだ人はこの世に
戻らないので精いっぱい、誰かを愛したいと
願う今日この頃です。
 
 
 
おっしゃる通りです。 (onscreen)
2011-03-13 15:45:56
<ただ、死んだ人はこの世に
<戻らないので精いっぱい、誰かを愛したい

そうですね。
自分が授かった「生」を思い切り生きることが、その「生」への
感謝を表現することだと思います、つくづく。
(自殺なんてどんな理由があろうと、全く論外!ですよね)

 
 
 
Unknown (cochi)
2011-03-13 18:51:03
TBありがとうございます。
スマトラ沖の津波が題材になっていますが、この恐怖が実際に起きてしまって茫然としています。遠く離れた地に住んでいますが相当のショックで落ち着きません。映画はフィクションですが、この作品のように今はただただ希望をもって生きるしかないと念じています。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集