日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

当ブログは前作を激賞し、何度となく映画館に通った。

 

この第2作では、大きな変化が!

まず早い段階から、製作が中国資本のレジェンダリー(中国だけでヒットした「グレートウォール」とか)に。

ここだけで既にイヤな予感が走る。

 

さらにカイジュー愛に満ちていた企画立案者であるギレルモ・デル・トロ。

最初の構想(Pacific Rim: Maelstrom)に対し、レジェンダリーとかなり意見対立が発生、撮影が中止に。

そうしているうちに、ギレルモは シェイプ・オブ・ウォーター の製作・広報を優先し監督を降板。

その判断はあとで非常に正しかったことになる。

アカデミー賞 作品賞、監督賞 etc… キャリアの最高峰を飾る、輝かしい実績!

 

 

さて本編。

前作から10年、カイジューから解放された世界は、平和を享受していた。

とはいえ備えは重要なので、次世代のメンバーが万一に向け準備している。

そのメンバーの中心は、前作のリーダーペントコストの息子で演じるは何とジョン・ボイエガ!

彼の相棒も顔は似ているのもの、お父さんの七光りっぽい大根役者?スコット・イーストウッド(汗)

 

このへんだけでヤバいと思い始めた(笑)

だがさらに主演女優でその悪寒は決定的となる…(汗)

その女優は、中国人女優 ジン・ティエン。

やはりレジェンダリーの「グレートウォール」での主演女優。

まあかわいらしいお嬢さんなのだが、物語の核に据えるにはチト弱くないか?

例えていうと、SW前作の ケリー・マリー・トラン級の外し具合…

 

 

さらに物語が進むにつれ、心底感じてしまうのが、あまりの カイジュー愛不足(涙)

前作ではギレルモ・デル・トロ がひたすら愛情を注ぎ込んでいたが、その愛情はここには「ない」

大味感が満載…

壮絶なバトルは一応は楽しめるのだが、そこには魂が、ない(涙)

 

 

結論:あまりのカイジュー愛不足の結果、大味感が満載(涙) とてもザンネンな第2作。

   次での ギレルモ・デル・トロ 復帰に期待したい!



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« David Byrne ... 「アクセスさ... »
 
コメント
 
 
 
こんばんわ (にゃむばなな)
2018-04-18 01:10:02
カイジュウへの愛不足は凄く分かります。
肌の質感とか、もう前作とは比べものにならないほどに酷い。
そして意味があるのかどうかも分からない合体。
カイジュウが合体したなら、イェーガーも合体しろよ!と思いつつ、それは『パワーレンジャー』だなぁ~とも思ってしまいました。
 
 
 
合体 (onscreen)
2018-04-18 06:35:20
愛のない合体、はカンベンですよね(笑)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集