日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 


ウディ・アレン(写真:右)の新作。

 

時代は1930年代。

親戚のツテをたどり、NYから憧れのハリウッドに挑戦する主人公(ジェシー・アイゼンバーグ 写真:左)

キラキラしている生活を送れる映画界にスッカリ夢中に。

そんな日々の中、運命の女性(クリステン・スチュワート 写真:右)に出会う…

 

 

 

(当ブログが考える)いつものウディ・アレン映画と違っているポイントが二つ。

 

ひとつめは、セットの豪華さ。

いつになく派手なセットで、ハリウッドも、NYも、キラキラと輝いている!

 

これは普段より厚めの予算が実現したと予想する。

 = 資本は、ライオンゲート(中国資本)+ 何と!の amazon studios

 

(写真はセントラル・パークの名所で、ここは金はかかってない 笑)

 

 

ふたつめは終わり方。

いつものウディ・アレンは、こういう結論だ!とくっきりしたエンディングを好む。

今回はちょっと趣が違う。

珍しい!

 

 

クリステン・スチュワートの美しさに目が釘付けになってしまうのは主人公だけではないだろう。

彼女の変化が、キラキラ輝く一方のハリウッドの空虚さを表現しているのも興味深い。

 

ところが最近知ったのだが、どうも彼女は男性に興味はなく、レズビアンらしいとのこと。

ショック!(笑)

 

 

結論:キラキラと輝く930年代 ハリウッド & NY を舞台に、一味違うアレン節を楽しむ。

 

公開は明日5日(金)から。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 12 )



« おかげさまで... Bob Dylan Tr... »
 
コメント
 
 
 
おとぼけ感 (オカピー)
2018-07-07 23:19:25
主人公が自分が三角関係の当事者であることに暫く気づかない辺りおとぼけ感が鮮やかに発揮されていますが、最後は真面目すぎるでしょうか。

>中国資本
1930年代を舞台にしたアレン映画は多いですが、そう言えば豪華な再現でしたね。

ところで、映画では良好な関係を続けているアメリカと中国との貿易摩擦は、僕の懐具合に影響を与えそうなので懸念しております。
 
 
 
コメントありがとうございます! ( onscreen)
2018-07-08 07:08:16
<アメリカと中国との貿易摩擦は、僕の懐具合に影響を与えそう

そうですね、どうなるのでしょうか...

ワールドカップをみても、中国企業は漢字ロゴを出すのに躊躇なく、
映画界では、パシフィック・リム2は見事に中国寄りの内容でグダグダ、

日本が世界に進出していた1970年代とは明らかに違います。
その流れに一定の影響を与えるのであればそれはそれでいいような気も?
一体どうなるんでしょうね?
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
カフェ・ソサエティ / Cafe Society (勝手に映画評)
ウディ・アレンによる、1930年代の社交界の人々によるロマンティック・コメディ。ウディ・アレン自身が、ナレーションを務めている。 タイトルの『カフェ・ソサエティ』とは、社交......
 
 
 
カフェ・ソサエティ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(11) ウディ・アレンにしてはシニカル要素が影を潜め
 
 
 
カフェ・ソサエティ (だらだら無気力ブログ!)
個人的にはブレイク・ライヴリーの方が好み。
 
 
 
カフェ・ソサエティ (♪HAVE A NICE DAY♪)
ウディ・アレンの最新作ですが今回も楽しめた 面白かった~ 今回の女優さんはクリステン・スチュワートかー・・・と失礼ながら思ってましたが 綺麗なんだけど・・・なんか違う・......
 
 
 
カフェ・ソサエティ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Cafe Society。ウディ・アレン監督。ジェシー・アイゼンバーグ、クリステン・スチュワート、スティーヴ・カレル、ブレイク・ライヴリー、コリー・ストール、ケン・......
 
 
 
『カフェ・ソサエティ(Cafe Society)』ウディ・アレン監督、ジェシー・アイゼンバーグ、クリ...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『カフェ・ソサエティ』CAFE SOCIETY 監督 : ウディ・アレン出演 : ジェシー・アイゼンバーグクリステン・スチュワートスティーヴ・カレルブレイク・ラ......
 
 
 
『カフェ・ソサエティ』 (beatitude)
1930年代。もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい……。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)は、ハリウッドを訪れる。...
 
 
 
カフェ・ソサエティ (試写会) (風に吹かれて)
大人になると... 公式サイト http://movie-cafesociety.com5月5日公開 監督: ウディ・アレン 1930年代。ニューヨークに暮らす青年ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)は
 
 
 
映画『カフェ・ソサエティ』★恋する青年with隣人トラブル(>_ (yutake☆イヴの《映画★一期一会》)
作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/170736/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 監督:ウディ・アレン  というだけで見ました(^^♪ 1930年代。 ハリウッドで、......
 
 
 
「カフェ・ソサエティ」:腹八分目の伝統芸能 (大江戸時夫の東京温度)
映画『カフェ・ソサエティ』は、ウディ・アレン印全開の佳品。アレン節たっぷりのスト
 
 
 
カフェ・ソサエティ (映画的・絵画的・音楽的)
 『カフェ・ソサエティ』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)ウディ・アレン監督の最新作ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、プール付きの豪邸にお......
 
 
 
カフェ・ソサエティ (とりあえず、コメントです)
ウディ・アレン監督がニューヨークとハリウッドを舞台に描いたロマンティックコメディです。 ジェシー・アイゼンバーグがクリステン・スチュワートとブレイク・ライブリーの間で......
 
 


 
編集 編集