日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

全米公開で、評価が割れていた今作。

なので、実はあまり興味が湧かなかった。

 

が、予告編で以下の 2つを知って、俄然行かねば!に。

 

 

 

それらは、

 

1. メインテーマが「銃規制」

 

であり、かつ、

 

2.主人公は所属していた会社に反旗を翻し、闘いに挑む物語

 

ということ。

 

 

1. でいうと、ラスベガスで50人以上の犠牲者の銃乱射事件の直後で、このテーマはタイムリー!

 

ついでに 2 .は実は、自分の境遇に似ている設定、なのだ!

(誤解がないように申し上げておくが、相手は「会社」ではなく 全然 低次元 笑)

 

 

 

勝利のためなら、どんな犠牲をも厭わない、女性 PRロビイスト、ワシントン在住。

その容赦のなさで、業界でも有名人、を演じるのは、ジェシカ・チャステイン (ぜロ・ダーク・サーティ、アメリカン・ドリーマー 理想の代償、他多数!)

 

実は今作で彼女は、ゴールデングローブ賞で主演女優賞にノミネート!

 

 

 

映画冒頭の法廷で 彼女と対峙するのは、ジョン・リスゴー 

 

となると、当ブログでは必殺的に評価の高い「インターステラー」のコンビではないか!!!

ここだけで更に評点がグッとアップ(笑)

 

 

だけでなく、ほかの出演陣も、よく集めたなと言いたいほどの「癖モノ」揃い(笑)

 

彼女の元ボスは、サム・ウォーターストン(TVシリーズ ロー&オーダー、ニュースルーム)

 

彼女を裏切る同僚に、アリソン・ピル(やはりニュースルーム!)

 

彼女を引き抜くライバル社の社長は、マーク・ストロング(言うまでもなく、超・強力!)

 

彼女の元同僚で、敵にまわる、マイケル・スタールバーグ(Men in Black III での演技が印象的)

 

物語上で重要な役で登場するのは、ググ・バサ=ロー(コンカッション)

 

etc…

 

 

映画「ファウンダー」でもそうだったが、主人公のあまりのえげつなさを批判する向きも多いだろう。

ただビジネスはビジネスなので、映画として観る分には当ブログ的にはアリ(笑)

 

そこで心折れてしまうよりも、「この仕事は先を読むことが何より大事」と行動する主人公に惚れ惚れしてしまった!

実在のイギリスの女性弁護士の経験をベースに脚本を書かれているので、ハナシが面白い。

この闘いのスリリングさに、今年有数に楽しんだ一本になった。

(通常、2時間越えの映画に厳しい当ブログの基準を、あっさりクリアー)

 

 

結論:ビジネスの究極のせめぎ合いの闘い、を 強力なメンツで料理した、今年有数に楽しめる一本。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 8 )



« 「アクセスさ... 読後評:スタ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
女神の見えざる手 (風情☭の不安多事な冒険 Part.5)
 フランス&アメリカ  ドラマ&サスペンス  監督:ジョン・マッデン  出演:ジ
 
 
 
女神の見えざる手 (風に吹かれて)
常に敵の先手を 公式サイト http://miss-sloane.jp 監督: ジョン・マッデン  「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」 「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」 「恋におちたシェイク......
 
 
 
「女神の見えざる手」:過剰な主人公、緻密な娯楽作 (大江戸時夫の東京温度)
映画『女神の見えざる手』は、めっぽう面白かったです! ロビイストを主人公にした、
 
 
 
女神の見えざる手 (セレンディピティ ダイアリー)
ジェシカ・チャステイン主演、政治の世界を影で動かすロビイストの知られざる実態を描いた社会派サスペンスです。監督は「ペイド・バック」(The Debt・2010)「マリーゴールド・ホテル......
 
 
 
女神の見えざる手 Miss Sloane (映画!That' s Entertainment)
●「女神の見えざる手 Miss Sloane」2016 アメリカ Transfilm,Archery Pictures and more.132min.監督:ジョン・マッデン  脚本:ジョナサン・ペレラ出演:ジェシカ・チャスティン、マーク・ス......
 
 
 
「女神の見えざる手」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Miss Sloane」2016 フランス/USAアメリカ合衆国、ワシントン。エリザベス・スローンは大手ロビー会社“コール=クラヴィッツ&W”で働く超やり手の剛腕ロビイストで、目的のためな......
 
 
 
女神の見えざる手 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(F) アメリカの銃規制新法案をめぐり肯定派と否定派との真向対決!
 
 
 
「女神の見えざる手」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:MISS SLOANE )面白い映画だ。骨太の演出は最後まで揺るがない。主人公の造型はもとより、題材はタイムリーで、社会の欺瞞を追求するジャーナリスティックなテイストも満......
 
 


 
編集 編集