日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

観とかなくちゃという、仕方ない理由が2つもあって、公開日にさっさと鑑賞。

 

~仕方ない理由その1~

先日ブログアップした記事「観てから読むか 読んでから観るか M-I 4/ゴースト・プロトコル Ghost Protokol がもつ「問題」とは?」(2011-12-12

 

巡回している某評論家のブログで、間もなく公開の「M-I/ゴースト・プロトコル」に問題があると記してあり、気になっていた。

前作・前々作のようにブーイングではなく(笑)なかなか評判が良い今作のようなので、なおさら。

で、

「映画を観て、自分で判断してあとでつきあわせてブログを読む」を判断し、今日さっそく。

 

 

 

さて感想は....

「脚本」が弱すぎる!(多分、これが問題点かな?)

 

マッドサイエンティストが1人で、世界を混乱に巻き込み、米ソの世界大戦を引き起こさせる、というプロット。

あまりに古くさいし、現実味があまりに、ない!

冷戦という言葉が死語になって○十年、007でさえ現在の世界情勢にあわせるべく工夫している中、これはあまりに安直ではないか?!

これで「映画に引き込まれる度」が一気に低下。。。。

 

さらに、イーサンハントが立てる計画が緻密にはとてもみえない上、そして結果的に次々と失敗する様を見せつけられる。

とっさに瞬間的な判断をして、体勢を立て直すところが「カッコいい」と思えるのはトム本人だけではないか(笑)

 

<まあ~予想するに、トム・クルーズに異様に肥大しきった「自己意識」に関連するものなのだろうが!

 

このへんは前のアップの予想が当たってしまった感じ。

これで、2時間13分はキツい。

ドバイのタワーのアクション、カーアクションはそれなりにみせるものの、それだけが浮いてしまう。

 

 

さらに、帰りに読んだ日経の文化面で、監督がピクサー「Mr.インクレディブル」のブラッド・バードだと知り、さらに不満足の理由を納得。

自分のピクサー映画の個人的歴代Pixerレーティングでいうと、こんな感じ


<トイ・ストーリー Toy Story 1995年)        95点
<バグズ・ライフ A Bug's Life 1998年)       74点
<トイ・ストーリー2 Toy Story 2 1999年)      97点
<モンスターズ・インク Monsters, Inc. 2001年)   81点
<ファインディング・ニモ Finding Nemo 2003年)   77点  
Mr.インクレディブル The Incredibles 2004年)    68点
<カーズ Cars 2006年)                  92点
<レミーのおいしいレストランRatatouille 2007年)     70点
<ウォーリー WALL-E2008年)               68点
<カールじいさんの空飛ぶ家 Up2009年)            91点


彼が監督した2作品がなんとワースト1~3位に入っていたのだった!

その彼のアニメのようにマンガチックな演出が、この傾向を加速させていたことを理解した。

 

 

さっ、これで自分の見解をアップしたから、早々に「某評論家のブログ」に行ってみよっと(笑)

あっ忘れてた。

~仕方ない理由その2~ については明日のアップで。

 



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )



« ライブ ビュー... 2011年末... »
 
コメント
 
 
 
日本インターネット映画大賞募集中 (日本インターネット映画大賞)
2011-12-26 22:52:01
突然で申しわけありません。
現在2011年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。
投票は1/19(木)締切です。
ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集