日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 






スポーツで食っていくのは大変。
それが例え、オリンピックのメダリストだろうと…


レスラーで、ロスオリンピック1984でメダルを獲得した主人公(写真:左)は、超リッチな富豪からの招待を受ける。
申し出は、自分の広大な土地内の、昔は狐狩りをしていた施設を改造しここで強化に励み、またメダルを取ろうというもの。
そんないい条件を出されたら、断るわけにはいかないだろう、との予想通り、ペンシルベニアに引っ越す主人公。
ところが…

富豪デュポン(写真:右)と生活を共にするうち、彼の中にある「狂気」が少しずつ顔を出してくる。
母親へのコンプレックスを中心とするそれはドス黒く、このプロジェクトで彼は何としても「名誉」が欲しかったのだ。
人間、お金さえあれば幸せ、てわけじゃないのね~(そりゃそうだ!)
スポーツ物でお金も入り、ポジティブな方向にいく話だったはずが、どんどんダークな方向になっていく…
この落ち込んでいく感覚にゾクゾクさせられる!


その富豪デュポンを演じる、スティーヴ・カレルの成り切りぶりが凄い。
バカなジョークかましつつ、「ナハハハハー」と笑う、いつもの彼とはとても思えない不気味さ!
アカデミー主演男優賞候補になるのも、文句なし。


ただし、それで受賞できるかというと、そこはちょっと話が違うような気がする…
去年の主要部門を全て的中させた 当ブログが、そのへんを以下予想してみる!

確かにカレルの演技は凄く、ブラッドリー・クーパーを凌駕しているように思う。
ただ今回のカレルは登場した瞬間から狂気感満載で、だんだん行動に表れてくる展開。
最初から狂気ではなく、通常っぽく演技を抑えつつアクセル踏んでいれば、その演技力がさらに評価されたかも、と。
その点でちょっと惜しい。
実はブラッドリー・クーパーにも通常⇄狂気の差異を演じるチャンスがあったのだが、それを表現しきれていないような…
当ブログは、マイケル・キートン押し、なので上記のように言い切ってしまうのだけれど…
(通常⇄狂気、という点では、キートンは魔術師のようにここを行ったり来たりするので)

ついでに他の部門での予想もアップしておきたい。
助演男優賞:マーク・ラファロ 悪くないが、彼のレベルでいうと今回は「標準」の出来で厳しいか。
監督賞:こちらもそろそろ、と言いたいところだが、強敵が多過ぎる...
オリジナル脚本賞も同様。

無冠を避け、狙いとしてありそうなのは、メイキャップ&ヘアスタイリング賞。
スティーヴ・カレルの成り切りぶりを支えたメイクアップが評価されるか?
グランド・ブダペスト・ホテルは強敵だけど、ね…


コメント ( 2 ) | Trackback ( 39 )



« 映画:アメリ... 民放は直ちに... »
 
コメント
 
 
 
金メダリストって (atts1964)
2015-03-02 10:38:11
受賞云々は別として、この作品も辛い事実を描いた作品でしたね。
デュポン社の御曹司の道楽、母に対する報われない思慕から起きた唐突な殺人、努力もせずに?頂点に立ったボンボンの殺人に憤りますね。
でもなんて金メダリストが報われないのか?アメリカって不思議な国ですね。
TBお願いします。
 
 
 
アメリカはもちろん (onscreen)
2015-03-27 09:48:05
日本でも、オリンピック金メダル取ってもバラ色の人生とは限らないですよねー
そういう瞬間だけ、共産圏が羨ましく思ったりします(笑)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
フォックスキャッチャー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【FOXCATCHER】 2015/02/14公開 アメリカ 135分監督:ベネット・ミラー出演:スティーヴ・カレル、チャニング・テイタム、マーク・ラファロ、シエナ・ミラー、ヴァネッサ・レッドグレーヴ Story:大学のレスリングコーチを務めていたオリンピックメダリストのマークは、....
 
 
 
『フォックスキャッチャー』 (時間の無駄と言わないで)
スティーブ・カレルがアカデミー主演男優賞、マーク・ラファロが助演男優賞にそれぞれノミネート。 そこに惹かれて観に行ったけど、そういう箔がついてなかったら普段は観に行っ ...
 
 
 
『フォックスキャッチャー』 (2014) (相木悟の映画評)
突き刺すように冷たい戦慄の実録ドラマ! 震えるほど恐ろしい、人間の底知れぬ闇を覗き込む一級品であった。 本作のメガホンをとったのは、『カポーティ』(05)、『マネーボール』(11)と通好みな高品質作をハズレなしで生み出しているベネット・ミラー監督。第....
 
 
 
フォックスキャッチャー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 異様な空間には緊張感が張りつめて息苦しいのだ(笑)
 
 
 
フォックスキャッチャー (心のままに映画の風景)
1984年のロサンジェルス・オリンピックで、金メダルを獲得したレスリング選手のマーク・シュルツ(チャニング・テイタム)は、同じ金メダリストの兄デイヴ(マーク・ラファロ)を頼りにするも、マイナー競技ゆえ、次のソウル・オリンピックを目指すどころか、競技を続け...
 
 
 
「フォックスキャッチャー」 母の呪縛 (はらやんの映画徒然草)
大財閥の御曹司が、元オリンピックの金メダリストを射殺してしまう。 かなりセンセー
 
 
 
フォックスキャッチャー (ハリウッド映画 LOVE)
暗かった、、、
 
 
 
フォックスキャッチャー ★★★ (パピとママ映画のblog)
デュポン財閥の御曹司ジョン・デュポンが起こした殺人事件を映画化した実録ドラマ。ジョン・デュポンが結成したレスリングチームに引き抜かれた五輪メダリストの兄弟が、彼の知られざる姿を知った果てに悲劇に見舞われる。監督は『カポーティ』などのベネット・ミラー。『...
 
 
 
『フォックスキャッチャー』 (こねたみっくす)
嫉妬と孤独が愛を憎しみに変えてしまうのか。 スティーヴ・カレルが不気味で怖い。とてもカリフォルニアを激走した40歳の童貞男とは思えないほど、あの半開きの口が怖い。 そして ...
 
 
 
『フォックスキャッチャー』 2015年1月29日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『フォックスキャッチャー』 を試写会で鑑賞しました。 今週はクタクタで。。。よく寝れる映画ですよ(笑) ところでアンミカって誰なんだか 【ストーリー】  大学のレスリングコーチを務めていたオリンピックメダリストのマーク(チャニング・テイタム)は、給料が払...
 
 
 
フォックスキャッチャー/欲しいものは、何でも手に入れた (映画感想 * FRAGILE)
フォックスキャッチャーFoxcatcher/監督:ベネット・ミラー/2014年/アメリカ そういう生き方しか、知らなかった。 角川シネマ有楽町、H8で鑑賞。F列くらいでも良かったです。 あらすじ:富豪にスカウトされたら大変でした。 レスリングの金メダリスト、マー...
 
 
 
フォックスキャッチャー  監督/ベネット・ミラー (西京極 紫の館)
【出演】  チャニング・テイタム  スティーヴ・カレル  マーク・ラファロ 【ストーリー】 大学のレスリングコーチを務めていたオリンピックメダリストのマークは、給料が払えないと告げられて学校を解雇される。失意に暮れる中、デュポン財閥の御曹司である大富豪ジョ...
 
 
 
フォックスキャッチャー (映画の話でコーヒーブレイク)
何を隠そう(以前から公言していますが)、私はスティーヴ・カレルのファンです。 と言っても、日本での知名度は低いので「だれ?」っとお思いの方も多いでしょう。      ダンディでしょ?ポスターの中央が同一人物とは思えない。 「ブルース・オールマイティ」スピ...
 
 
 
フォックスキャッチャー (映画の話でコーヒーブレイク)
何を隠そう(以前から公言していますが)、私はスティーヴ・カレルのファンです。 と言っても、日本での知名度は低いので「だれ?」っとお思いの方も多いでしょう。      ダンディでしょ?ポスターの中央が同一人物とは思えない。 「ブルース・オールマイティ」スピ...
 
 
 
フォックスキャッチャー~富豪の孤独 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Foxcatcher。ベネット・ミラー監督。スティーヴ・カレル、チャニング・テイタム、マーク・ラファロ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、シエナ・ミラー、アンソニー・マ ...
 
 
 
『フォックスキャッチャー』 静謐の裏側 (Days of Books, Films )
Foxcatcher(viewing film) 『フォックスキャッチャー(原題
 
 
 
フォックスキャッチャー (そーれりぽーと)
アカデミー賞5部門ノミネートと言う情報だけで『フォックスキャッチャー』を観てきました。 ★★★★ 全くどんな映画か知らずに観始めて、除々に不気味さを増していく怪物ジョン・デュポンの闇の方がこの映画の核なのだと言う事に気付くまでは、主演のチャニング・テイタ...
 
 
 
『フォックスキャッチャー(FOXCATCHER)』ベネット・ミラー監督、マーク・ラファロ、チャニング・テイタム、スティーヴ・カレル (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『フォックスキャッチャー』FOXCATCHER監督 : ベネット・ミラー物語・大学のレスリングコーチを務めていたオリンピックメダリストのマーク(チャニング・テイタム)は給
 
 
 
フォックスキャッチャー (atts1964の映像雑記)
2014年作品、ベネット・ミラー監督、チャニング・テイタム、スティーヴ・カレル、マーク・ラファロ出演。 マーク(チャニング・テイタム)はロサンゼルスオリンピックのレスリング金メダリスト、次の世界大会、ソウルオリンピックでの再度の頂点を目指している。 ...
 
 
 
フォックスキャッチャー (Foxcatcher) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ベネット・ミラー 主演 スティーヴ・カレル 2014年 アメリカ映画 129分 ドラマ 採点★★★★ 「ないものはしょうがない!」って考える方なので、“ないものねだり”って性質ではないと自負している私。でも、女房なんかに言わせると「あるものねだりがすごい...
 
 
 
「フォックスキャッチャー」 (ここなつ映画レビュー)
あまりにも息を詰めて観ていたため、肩がこりっこりになってしまった。凄かった。本当に息詰まる、緊張感に溢れる作品。レスリングというスポーツのハードさや、とある貴族の異常性だけが凄かったのではない。勝ちたい、とか、栄誉を得たい、とかいう、人間の欲望だけが凄...
 
 
 
フォックスキャッチャー (映画的・絵画的・音楽的)
 『フォックスキャッチャー』を渋谷シネマライズで見ました。 (1)昨年のカンヌ国際映画祭で監督のベネット・ミラー(注1)が監督賞を受賞した作品だというので、映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、多数の猟犬を従えて馬に乗ってキツネ狩りをするシーンが描か...
 
 
 
映画『フォックスキャッチャー』★金持ち坊ちゃんの“支援”から“支配“の果て (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/166624/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   レスリングの金メダリストが、後援の富豪に殺された実話―― というのが辛くて、躊躇しましたが、 ...
 
 
 
フォックスキャッチャー (♪HAVE A NICE DAY♪)
ちょっと前に今頃だけど「カポーティ」を観て 衝撃を受けまして マネーボールも面白かったし なので、この作品も観たいなあ~と思って観ました。 こちらも実話なんですね。事件があったのは知りませんでした。 うわあ~怖い~~!とは違って 静か~に怖い~~~ でも静...
 
 
 
『フォックスキャッチャー』 大富豪はなぜ金メダリストを殺したのか? (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 アメリカの大富豪が犯した殺人事件という実話をもとにした映画。  監督は『カポーティ』『マネーボール』のベネット・ミラーで、アカデミー賞の監督賞にもノミネートされているし、カンヌ国際映画祭では見事監督賞を受賞した。  キャストにはスティーヴ・カレル、チ...
 
 
 
キツネ狩り~『フォックスキャッチャー』 (真紅のthinkingdays)
 FOXCATCHER  1987年。3年前のロス五輪で金メダルを獲得したマーク・シュルツ(チャニ ング・テイタム)は、レスリングというマイナー競技ゆえの辛酸をなめていた。 生活は苦しく、同じく金メダリストで練習パートナーの兄デイヴ(マーク・ラファ ロ...
 
 
 
フォックスキャッチャー (映画と本の『たんぽぽ館』)
結末を知っていながらもどんどん強まっていく“嫌な予感” * * * * * * * * * * 1996年、デュポン財閥の御曹司ジョン・デュポンによる、 レスリング五輪金メダリスト射殺事件を映画化したものです。 ロス五輪でレスリングの金メダリストである...
 
 
 
「フォックスキャッチャー」:静謐で暗鬱な心理劇 (大江戸時夫の東京温度)
映画『フォックスキャッチャー』は、実話をもとにした暗鬱な心理劇。静謐で低温な画面
 
 
 
フォックスキャッチャー (映画好きパパの鑑賞日記)
 アメリカ有数の大富豪が、オリンピックの金メダリストを射殺した衝撃の事件を映画化。ベネット・ミラー監督の底意地の悪さを感じさせる、暗く重い作品でした。  作品情報 2014年アメリカ映画 監督:ベネット・ミラー 出演:スティーヴ・カレル、チャニング・テイタ...
 
 
 
フォックスキャッチャー (はるみのひとり言)
スポ根ものなの?って思ってたら、人の心理に迫る怖~いお話でした。デュポン財閥の御曹司が起こした実話です。大学のレスリングコーチを務めていたマークは給料が払えないため解雇されるが、大富豪のデュポンからソウルオリンピックに優勝するためのプロジェクトチームに...
 
 
 
フォックスキャッチャー (シネマ日記)
アカデミー賞に絡んだ作品で高評価だったので見に行きました。アメリカのデュポン財閥の御曹司ジョンデュポンスティーヴカレルが全米レスリングチームのコーチデイヴシュルツマークラファロを殺害した事件を追うドラマ。デイヴシュルツとマークシュルツチャニングテイタム...
 
 
 
フォックスキャッチャー (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2014年 米国 上映時間:135分 監督:ベネット・ミラー  この作品は実話であり、登場人物もすべて実名である。それも超有名人ばかりなのだ。その一人がジョン・デュポンで、アメリカではロックフェラー、メロンに並ぶ三大財であるデュポン財閥の御
 
 
 
フォックスキャッチャー 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
スティーヴ・カレルやチャニング・テイタム、マーク・ ラファロら実力派が共演する実際にあった出来事を基に したレスリングにまつわるドラマで、監督は『カポーティ』 などのベネット・ミラーが務める映画『フォックス キャッチャー』が公開されましたので観に行ってきま...
 
 
 
『フォックスキャッチャー』 (ラムの大通り)
(原題:FOXCATCHER) ----『フォックスキャッチャー』って“キツネ狩り”のことだよね。 そんな歌、なかったけ? 「中島みゆきだね。 しかし、変なこと知っているなあ。 この映画のそれは、レスリングチームの名前」 ----レスリング・チーム? 「うん。 野球で言えば球団...
 
 
 
人間の闇 (笑う社会人の生活)
24日のことですが、映画「フォックスキャッチャー」を鑑賞しました。 オリンピックで金メダルを獲得したマーク・シュルツはデュポン財閥の御曹司ジョンからレスリングチーム「フォックスキャッチャー」に誘われる 同じく金メダリストの兄へのコンプレックスから抜けだす....
 
 
 
映画「アメリカン・スナイパー」レビュー(俺、国に帰ったらこの指輪を恋人に渡すんだ) (翼のインサイト競馬予想)
映画「アメリカン・スナイパー」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 映画『アメリカン・スナイパー ...
 
 
 
フォックスキャッチャー (いやいやえん)
【概略】 レスリング界で起こった実話を元に描くサスペンス。大財閥の御曹司、ジョン・デュポン率いるチーム“フォックスキャッチャー”と契約した金メダリストのマーク・シュルツ。だが、ふたりの主従関係は次第に崩壊していく。 サスペンス なぜ大財閥の御曹...
 
 
 
フォックスキャッチャー (いやいやえん)
【概略】 レスリング界で起こった実話を元に描くサスペンス。大財閥の御曹司、ジョン・デュポン率いるチーム“フォックスキャッチャー”と契約した金メダリストのマーク・シュルツ。だが、ふたりの主従関係は次第に崩壊していく。 サスペンス なぜ大財閥の御曹...
 
 
 
フォックスキャッチャー (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:サスペンス映画全般 「フォックスキャッチャー」 原題「Foxcatcher」 監督:ベネット・ミラー 2014年 アメリカ映画 135分 キャスト:スティーヴ・カレル      チャニング・テイタム      マーク・ラファロ      バネッサ・レ...
 
 


 
編集 編集